« ヤマハハコ | トップページ | ガガイモ »

2008年8月19日 (火)

ナンバンギセル

Nanbangiseruオオナンバンギセルは紹介しましたが、ナンバンギセルはまだ紹介していませんでした。
ガガイモが見頃だと言う電話をもらい、見に行った帰りに以前から見に行っているナンバンギセルの生育地に寄って見ました。
10年以上前に分譲された宅地でまだ住宅が建てられていない区画が数カ所あり、ススキが生えておりその根元に沢山出ています。
家が建てば消えてしまうでしょうが、今の所,草ぼうぼうです。
花がキセル(パイプ)に似ているのでこの名がついていますが、別名「思草」という風情のある名前もつけられています。物思いにふけっているように下をむいているからとか。
(ナンバンギセル '08.8.19)

|
|

« ヤマハハコ | トップページ | ガガイモ »

野の花」カテゴリの記事

コメント

yuukoさん

ススキがあってもほとんどの場所では見られません。
ここは昔から色々な花があった、丘陵地でそこが宅地に開発された場所です。
家を建てず、空いている敷地に沢山出てきます。
家が建つたびに。別の近くの空き地を探しています。
今の所、まだ沢山見られます。

投稿: やまそだち | 2008年8月20日 (水) 21:57

信徳さん

左の小さいの見つけましたね。
これは今年は開かず,枯れてしまうようです。
ここのナンバンギセルはごそっと出ているものが多く、これは少ない株です。
10本以上がまとまって生えているのですが、ちょっと遅かったようで大株はほとんど終わっていました。
ここはシランの自生のものなどもあった場所です。宅地になり,今は庭に移植されています。

投稿: やまそだち | 2008年8月20日 (水) 21:53

こんばんは

こういう植物が空き地に生えているのですか・・・
ススキのあるところにはけっこう見られるものなのですか?

蕾がとっても面白いですね☆

投稿: yuuko | 2008年8月20日 (水) 20:02

園芸センターでは見た事があるのですが自生しているものにはまだ会った事がありません。多くの茎が一緒になって生え上がっているのですね。まだまだ周りには予備軍が待っていますし。

投稿: 信徳 | 2008年8月20日 (水) 10:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヤマハハコ | トップページ | ガガイモ »