« コナギ | トップページ | ハイメドハギ »

2008年9月 4日 (木)

タカサゴユリ

Takasagoyuri_3Takasago2_2
昨日、海岸の松林の中で咲いているのを見つけました。
この花は高速道路の脇に群生していたり、住宅地近くの荒れ地などでも良く見られます。
台湾原産の帰化植物で、観賞用として大正時代に導入されたといいます。テッポウユリによく似たきれいな花を咲かせるので、よく目立ちます。
花は白色で外面の特に中肋に沿って赤紫色を帯びるのが特徴ですが、左のように赤紫色を帯びないものもあります。
この白色のものはテッポウユリとの自然雑種のシンテッポウユリという人もいますが、右のものは隣に咲いていたもので赤紫色を帯びています。
どちらもタカサゴユリではと思っています。
(タカサゴユリ '08.9.3)

|
|

« コナギ | トップページ | ハイメドハギ »

野の花」カテゴリの記事

コメント

タカさん

最近は何処でも見かけますね。
しかし、同じ所に何年も生えてい無いようです。
種が飛んで増えるのでしょうが、繁殖力は強いようです。
フランスギクもスカイラインの脇などでもみかけますし、ナガミヒナゲシも畑にまで入ってきています。

在来種が減って行くのが心配ですね。
広く考えると人間による原因が大部分のような気がします。

投稿: やまそだち | 2008年9月 5日 (金) 22:17

 15年位前、岐阜の郷里で、はじめて見かけたときは、名前もわかりませんでした。 今では、何処にでも咲いているのでしょうか
この前、八ヶ岳の標高の高い国道沿いにフランスギクみたいなのが、いっぱい咲いていたし 家の前にある、小さな公園は、ナガミヒナゲシ だらけです。
きれいな花ですが、ちょっと心配ですね

投稿: タカ | 2008年9月 5日 (金) 20:37

yuukさん

右の花の外側には赤紫色のうすい筋が入っています。
一般的なタカサゴユリの特徴です。

投稿: やまそだち | 2008年9月 4日 (木) 21:34

清楚で品のいいユリですね

右と左では 花粉の色が違うだけでしょうか?
花粉も白っぽいほうが好きです♪

投稿: yuuko | 2008年9月 4日 (木) 20:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コナギ | トップページ | ハイメドハギ »