« センブリ | トップページ | クロホシクサ »

2008年10月24日 (金)

フユノハナワラビ

Huyunohanawarabiシダは苦手のせいもあり滅多に登場しません。フユノハナワラビは園芸店などでも売られていますので,目にした事はあると思います。
今頃から冬にかけて人里などで良く見られます。
シダは葉の裏に胞子がつくものが多いのですが、フユノハナワラビは胞子が別に付きます。真ん中の金色に輝いている、花のような穂のようなものが胞子を付けている胞子葉と言われるものです。
ゼンマイやシシガシラも胞子が別に付くタイプです。
良く似たものにオオハナワラビというのもあります。またナツノフユワラビというのもあります。
シダも奥が深いです。
(フユノハナワラビ '08.10.16)

shoe25、26日は出かけますのでお休みです。

|
|

« センブリ | トップページ | クロホシクサ »

野の花」カテゴリの記事

コメント

aoikseさん

フユノハナワラビもオオハナワラビも東北地方まで見られるようです。
オオハナワラビは葉の先きが尖りますが、フユノハナワラビと良く似ています。

投稿: やまそだち | 2008年10月26日 (日) 21:24

あらまあ、私も今日フユノハナワラビを撮ってきました。
何十本もの群生でした。
オオハナワラビもあるようですが、そこまで確かめずに撮ってきました。

投稿: aoikesi | 2008年10月25日 (土) 15:18

信徳さん

園芸店に出てるので,野山で見つけると掘って行く人がいます。
困ったものです。
そちらでも身近で見られると思います。
胞子を持って来てばらまくと増えると思います?

投稿: やまそだち | 2008年10月24日 (金) 21:47

このワラビは最近園芸店に多く出ていますし高尾山で見ました。冬の何もない時期に良い雰囲気を醸し出してくれています。

投稿: 信徳 | 2008年10月24日 (金) 20:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« センブリ | トップページ | クロホシクサ »