« ハチジョウナ | トップページ | クルマバナ »

2008年10月15日 (水)

シラタマノキの実

Siratamanoki先日,那須岳に行った時,岩場で見られたシラタマノキの実です。
中部地方以北の亜高山から高山帯に生えています。
一見草のように見えますが、ツツジ科の常緑矮生の低木です。
6、7月にドウダンツツジに似た形の小さな薄緑色の花を咲かせます。
果実や葉はサロメチールのすっきりした香りがします。
山でハチやブユなどに刺されたとき、葉を刺傷につけると、優れた効き目があります。
葉がそっくりな同じ仲間にアカモノがありますが、迷った時は葉の匂いで簡単に見分けられます。
「白玉の木」とは上手い名前を付けましたね。
(シラタマノキ '08.10.13)

|
|

« ハチジョウナ | トップページ | クルマバナ »

野の花」カテゴリの記事

コメント

信徳さん

那須ではシラタマノキの実のほかガンコウラン、コケモモ、クロマメノキの実があるのですが、みんなおいしい(人間がたべると)せいか残っている実は少ないです。

シラタマノキの実だけは目立つせいもありますが、残っているように見えます。

投稿: やまそだち | 2008年10月16日 (木) 07:51

綺麗な白い実の白玉の木ですね。目立つので鳥が食べられるのであれば直ぐに見つかってしまうでしょう。

投稿: 信徳 | 2008年10月15日 (水) 21:04

ocean childさん

ツツジの仲間は固い実ですので食べられないのでは。
シラタマノキの実は柔らかい液果(トマトなどの実)に見えますが、白いのは偽果と言われるもので萼が肥大化したものなんです。中に本物の固い乾果が入っています。

投稿: やまそだち | 2008年10月15日 (水) 20:22

その名前のとおり白玉団子のような、とって食べちゃいたくなるようなかわいい実ですね。食べられるんでしょうか?

投稿: ocean child | 2008年10月15日 (水) 19:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハチジョウナ | トップページ | クルマバナ »