« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月30日 (日)

カラスウリとキカラスウリの実

Karasuurimi08Kikarasu08
(左 カラスウリ 右 キカラスウリ '08.11.30)
真っ赤なカラスウリの実はあちこちで見られますが、キカラスウリの実はこの辺では少なくあまり見かけませんです。
見つけても今の時期はほとんどが黒く枯れてしまっています。数個だけまだ黄色い実を見つけているのを見つけました。
実の大きさの比較のため、すぐ近くにあったカラスウリを撮りました。
長さはあまり変わりませんが、キカラスウリの方はかなりメタボですね。
種の大きさもかなり違います。
Karasuurihikaku
(左 キカラスウリ 右 カラスウリ '08.11.30)

| | コメント (6)
|

2008年11月29日 (土)

アキノキリンソウの実

Akinokirinmi2日間、雨模様の天気でしたが,今日は秋晴れの暖かい日になりました。近くの山を散歩がてら歩いてみました。花はほとんど無くなりましたが、リンドウがまだまだ元気に咲いています。
紅葉もまだきれいで,雨上がりなので一段と鮮やかに見えます。

アキノキリンソウの実が綿毛を付け光っていました。
キク科の実はみな同じようですが、花の時期からずっと見ていますので分ります。
Akinokirinmi2
アップで見ると絹糸のような綿毛は、白い花のように見えます。キク科の果実はそう果とよばれます。
白の色も,これぞ白というような純白です。
(クリックしてアップで見て下さい。)
キク科の実,良く観察するとそれぞれ違います,実の図鑑でも作ると面白そうです。
(アキノキリンソウの実 '08.11.29)

| | コメント (4)
|

2008年11月28日 (金)

アオツヅラフジ

Aotuzurahuji08ここ2、3日所用や雨模様でフィールドには出ていません。
今日も雨風の1日で家に足止めです。そこで。先日見たものの紹介です。

ようやく実なりの良い、きれいな色のアオツヅラフジの実が見られました。
大きさはヤマブドウとほぼ同じ大きさです。
ヤマブドウは実の大きさが不揃いなものが多いですが、アオツヅラフジの実は同じ大きさのみがきれいに付いています。
粉白をおびた黒瑠璃色(?)はとてもきれいでした。蔓植物のたれ下がった実は風情があり見ていて飽きません。

(アオツヅラフジ '08.11.19)

| | コメント (4)
|

2008年11月27日 (木)

コシアブラとタカノツメ

Kosiaburaコシアブラは春になると山菜として店先に並びますので,良く知られています。テンプラにするとおいしいですね。
タカノツメも同じウコギ科の仲間で天ぷらにすると、ほろ苦く大人の味がしますので、こちらを好む人も多いようです。
秋になるとどちらも黄色く紅葉し,この色が林の中でひときわ目立ちます。
特にコシアブラは白く抜けたようになることが多く,暗い林などでは特に目立ちます。
写真は幼木で暗い林に混在して生えていました。
葉が3枚のがタカノツメ、5枚のがコシアブラです。
(コシアブラとタカノツメ '08.11.19)

| | コメント (4)
|

2008年11月26日 (水)

返り咲きの不明のスミレ

Sumiresiro先日,山に行った帰りに,休耕田脇の日当りのよい草むらに白いスミレが何株か咲いていました。
11月、12月には、返り咲きのスミレの花は良く見かけますが、大抵1、2個ぽつんと咲いている事が多いです。
今回見たものは花数も多く、シーズン中と変わりないしっかりした咲き方でした。
ところが名前が分りません。スミレの会の掲示板で問い合わせ中ですが、まだ判明していません。
(メールで知り合いに方に見てもらったら「ノジスミレ」の白花ではとの事でしたが)

(返り咲きの不明のスミレ '08.11.19)

| | コメント (8)
|

2008年11月25日 (火)

先日のアキグミは

15日に黄色いアキグミの実を紹介しました。
その時「もうしばらくすると葉も落ち、実は真っ赤に熟します」と書いたのですが、赤くはならない黄色の実のものではと気になり,今日また見てきました。
やはり,黄色のままでした。どうやら黄色の実のアキグミのようです。
近くに真っ赤に熟したアキグミの株が沢山ありました。黄色の実のものはこの一株だけでした。
図鑑を調べたら、ある図鑑に「果実が白色や黄色に熟す品種も知られている」とありました。黄色の実のアキグミは初めて見ました。

AkigumikiiroAkigumimi
(左:黄色い実のアキグミ 右:何時も見ている赤い実のアキグミ '08.11.24)

本日HPに「雲南省の花(2)」「今月の花12月」をアップしました。

| | コメント (6)
|

2008年11月24日 (月)

アカシデ

Akaside今日は午後から久しぶりの雨が降っています。しばらく降っていないので恵みの雨です。

毎年きれいに紅葉するアカシデです。この色合いが好きで、毎年、見ています。
今年は黄色が強く赤みが少ないようです。実が付いていたので下から撮って見ました。
ちょと遠くて傘のようにぶら下がった実がはっきりしませんが、実を包んでいる苞の下の方が3裂します。
良く似たイヌシデは3裂しません。葉の形も少し違います。

(アカシデ '08.11.18)

| | コメント (4)
|

2008年11月23日 (日)

サネカズラの実

Binan08111月の初めにサネカズラの実が沢山付いているのを見かけました。
そろそろ色づいているのではと行ってみました。
畑の脇のこんもりとした薮の木に絡まりまっかな実を沢山付けていました。
高い所に沢山あるが,遠くて望遠がないと届かない、なんとか届くところのものを探し,撮りました。
赤くなりかけの実の色合いもなかなか良いです。
和名の「実葛」は美しい実のなるつる性の植物という意味だそうです。
常緑の木なのですが、冬になると葉の裏が赤紫色に色づき。これもきれいです。
(サネカズラ 実葛 2006.11.22)

| | コメント (8)
|

2008年11月22日 (土)

休耕田脇の晩秋

Hinatainoko今週はじめには霜がおり,暦の上ではもう冬ですが,家の周りは木々が紅葉し晩秋といった陽気です。
お天気が良いと歩いていてもぽかぽか陽気です。そんな日、休耕田脇の土手で雑草と呼ばれる草がきれいに紅葉しています。
ヒナタイノコズチ、実は動物や衣服などにくっつくひっつきむしです。
花は咲きますが、小さくて地味です。
紅葉したヒナタイノコヅチの葉です
(ヒナタイノコズチ '08.11.19)

Seitakakoyoこちらは皆さん良く知っているセイタカアワダチソウの紅葉です。
地味な紅葉ですが、優しい紅葉です。

花粉症の元凶であるなどの濡れ衣を着せられた嫌われましたが、セイタカカアワダチソウは蜜源植物で、虫媒花です。風媒花ではないので、花粉アレルギーにはあまり関係と考えられています。
(セイタカアワダチソウ '08.11.19)

| | コメント (4)
|

2008年11月21日 (金)

渓谷の紅葉

Takikawa2昨日は渓谷の紅葉を見てきました。家から1時間くらいの福島県の渓谷です。水の音ががするだけで、清々しい気分になります。
肌寒い気温ですが、歩くと丁度いい加減です。
渓谷の紅葉はまた違った雰囲気があり良いものです。
色とりどりの紅葉を見ていると童話「はっぱのフレディ」を思い出します。

Hautiwa08
「生まれた時は同じ色でも いる場所が違えば 太陽に向く角度がちがう。月の光 星明かり 一日の気温 なにひとつ同じ経験はないんだ。だから紅葉するときは みんなちがう色に変わってしまうのさ。」

ハウチワカエデやオオイタヤメイゲツは切れ込みも多く端正な大きな葉なので紅葉するととてもきれいで良く目立ちます。
葉柄が長く、毛がないのでオオイタヤメイゲツだろうか??
(福島県滝川渓谷 '08.11.21)

| | コメント (2)
|

2008年11月20日 (木)

地元の紅葉

今まで皆さんの Blogで紅葉を楽しませてもらっていましたが、昨日、今日と近くの山の紅葉を楽しんできました。
帰りには地元の新そばを食べてきました。

Nabeasi
昨日は隣町の常陸太田市の鍋足山(529m)に登りました。頂上付近はちょっと遅めでしたが、周りの山の紅葉は楽しめました。
(鍋足山 頂上からの眺め '08.11.19)

Aburatutujiアブラツツジはドウダンツツジに花も葉も紅葉の色ももよく似ています。
しかし、花の付き方が違い、ドウダンツツジは散形状(花軸の先端から傘のように)にアブラツツジは総状(長い花序に互い違いにつく)に付きます。またドウダンツツジは実が上向きに付きますが、アブラツツジは垂れ下がります。こちらの山ではあちこちで見られます。
(アブラツツジ '08.11.19)
下山してから麓の農家の蕎麦屋さんで新そばを食べてきました。
「常陸秋そば」という地元の蕎麦です。自家製の蕎麦粉を石臼で挽いた新蕎麦はおいしかったです。
マイタケの天ぷらもおいしく、暦の上では初冬ですが、まだまだ味覚の秋です。

Soba

| | コメント (10)
|

2008年11月19日 (水)

サルトリイバラの実

Sarutori木の実はどちらかと言うと赤い実が多いような気がします。
枯れかけた葉を付けたサルトリイバラに真っ赤な実がつき垂れ下がっていました。こうして見るとなんともきれいです。
葉は黄色に紅葉します。黄色の葉と赤い実が絶妙な色のバランスです。
よく「葉は見るのに実が見られない」という声を聞きます。
実はサルトリイバラは雌雄別株なんです。雄株の方が多いのかも知れません。
サンキライとも呼ばれていますが、本来のサンキライは中国産の別種の地下茎のことですので別物です。俳句でも「山帰来」と呼んでいますね。
(サルトリイバラ '08.11.18)

今朝は予報通り冷え込み、初霜が降りました。

| | コメント (2)
|

2008年11月18日 (火)

ハマゴウの実

Hamagomi08海岸でハマゴウの実が沢山付いていました。葉も微妙に紅葉しています。
夏、花を撮っていたら通りかかったおじさんに「マンケイシの花だよ、木の実を風呂に入れると良い香りがするよ」と声をかけられました。
確かに実は良い香りがしました。

調べて見ると乾燥させた果実をマンケイシ(蔓荊子)と呼び、滋養強壮、解熱、消炎に使われるようです。
薬草園などでもで栽培されている事があるようです。
紫色の花はきれいですが、もっぱら薬用として重んじられてきた植物のようです。
(ハマゴウ '08.11.15)

| | コメント (6)
|

2008年11月17日 (月)

銀白色にオギが

Ogi08今日も暖かい穏やかな秋の一日になりました。真っ白なオギが輝いていました。暖かい日の雰囲気が伝わりますか?
里山の木が色付いて来たのでバックに入れてみましたが紅葉はあまりはっきりしませんね。
オギの穂はススキに良く似ていますが、ススキよりふわっとして白いので遠くからでもだいたい分ります。良くオギで作ったフクロウの飾り物を見かけます。
ススキは山野のあちこちに生えていますが、オギは水辺に生えています。
紛らわしい時は小穂をみて芒(ノギ)が無いのがオギです。
( オギ '08.11.17)

| | コメント (6)
|

2008年11月16日 (日)

クサギの実

Kusagi01クサギの実を撮ろうと探しているうちに実が落ちてしまっていて、なかなか見つかりませんでした。
今年はもう無理とあきらめていたら、先日まだ実が沢山残っている木を見つけました。
川の縁で風もあまり当たらない、大きな木の下だったので残っていたのでしょう。
実が濃い紺色に色付き、萼の赤紅色の萼とのコントラストがとてもきれいでした。
花の香りは良く、実もきれいなのに葉が臭いのでこんな名前を付けられました。花もきれいです。

(クサギの実 '08.11.14)

| | コメント (4)
|

2008年11月15日 (土)

アキグミ

Akigumi01秋に熟すのでアキグミです。
夏に実がなるグミにはナツグミの他色々ありますし、春に実のなるのはナワシログミ、マルバグミですが、秋に熟すグミはこれしかありません。
フユグミというのも有るようですが、絶滅危惧種で図鑑にも載っていません。
アキグミは実なりが良く、真っ赤に熟すととてもきれいです。
昨日、熟し初めのものが海岸の松林にあるのが目に入りました。もうしばらくすると葉も落ち、実は真っ赤に熟します。
グミの花はみな地味で目立ちませんが、赤い実はよく目立ちます。
(アキグミ '08.11.14)

| | コメント (6)
|

2008年11月14日 (金)

イヌホオズキもありました

Inuh0zuki08昨日、「在来種のイヌホオズキの方はあまり見なくなり、目に入るのはほとんどがアメリカイヌホオズキです」と書いたのですが、今日も良いお天気だったのでイヌホオズキを探して見ました。
いつもの散歩道はアメリカイヌホオズキばかりでした。そこでちょっと離れた畑道に行ってみました。ありましたイヌホオズキが沢山。
見かける事が多いのはアメリカイヌホオズキですが、こちらではイヌホオズキも結構あるようです。
イヌホオズキの花の色は白です。アメリカイヌホオズキの花の色は薄紫と白色がありますので、花が白の場合は花の色だけではどちらなのか同定できまでん。
(イヌホオズキ '08.11.14)

| | コメント (9)
|

2008年11月13日 (木)

アメリカイヌホオズキ

Amerikainu08今日は一週間ぶりで良いお天気になりました。気温も上がり昼間はぽかぽか陽気でした。
残念ながら用事があり山には行けませんでしたが、里山も少しずつ色づいてきました。

アメリカイヌホオズキがまだ,可愛い紫色の花を咲かせていました。
今の時期はもう実が熟し黒くなる時期なのですが、最近は11月になってもまだ花を咲かせています。
喜んでいいのか・・
それに在来種のイヌホオズキの方はあまり見なくなり、目に入るのはほとんどがアメリカイヌホオズキです。
(アメリカイヌホオズキ '08.11.13)

| | コメント (4)
|

2008年11月12日 (水)

キブシ

Kibusi08写真はやはり光線が良くないと,きれいなものか撮れませんね。
キブシの実を撮ってみましたが、あまりきれいな実とは言えません。黄褐色のうちの方が実はきれいですね。
葉も紅葉するときれいなのですが、紅葉もいまいちですね。
左に見える白っぽいものは来年咲く花の蕾です。春、早々と咲きますのでもう蕾が出来でいます。
北海道から九州までと小笠原諸島に分布している日本固有の落葉低木ですが、地域的な変異が多いようです。
ハチジョウキブシ。ナンバンキブソ。エノシマキブシなどがあります。
(キブシ '08.11.12)

| | コメント (2)
|

2008年11月11日 (火)

ツタウルシ

Tutairusi関東北部は今日もはっきりしないお天気です。
昨日,近くを散歩したらツタウルシが紅葉していました。子供の事,ウルシにかぶれ良く学校を休んだのを思えていますが、かぶれたのはこのツタウルシではなくヤマウルシだったと思います。
ウルシの仲間にはヤマウルシ、ヤマハゼ、ウルシ、ハゼノキ、ヌルデなどがありますが、一番かぶれるのがツタウルシだそうです。
ウルシの仲間はいち早く紅葉し色が鮮やかです。写真は人里であまり赤くなっていませんが、他の木の先駆けて紅葉します。
葉は幼い頃は粗い鋸歯は有りますが,大きくなると鋸歯は無くなります。
(ツタウルシ '08.11.10)

| | コメント (6)
|

2008年11月10日 (月)

センダングサの仲間

今の時期、草むらなどに入るといろんな「ひっつきむし」がびっしりと付いてきます。今日も薮に入ったらアメリカセンダングサの実がびっしり付いて落とすのに大変でした。

AmesemhanaKosendanhana
(左 アメリカセンダングサ 右 コセンダングサ)
センダングサの仲間も色々ありますが、この辺では在来種のセンダングサはほとんど見られません。(センダングサには舌状花があります)
見られるのはアメリカセンダングサかコセンダングサです。
似たような感じですが、良く見ると葉、花の様子、種も違います。
アメリカセンダングサは北アメリカ原産ですがコセンダングサは原産地がはっきりしないそうです。
左がアメリカセンダングサ、右がコセンダングサです。
衣服に付くと嫌ですが、種を観察してみるのも楽しいものです。

AmesentaneKosendanmi
(左 アメリカセンダングサ 右 コセンダングサ)

| | コメント (2)
|

2008年11月 9日 (日)

ヤブミョウガの実

昨日から急に寒くなり、そろそろストーブを出さなくては。
今日もお天気が悪く、所用もかさなり2日間散歩ができませんでした。

Yabumyouga今日の植物は先日、山道の陰で見かけたヤブミョウガの実です。
植物の名前はややこしいものが色々あります。
このヤブミョウガもミョウガの名前が付いていますが、ショウガ科のミョウガの仲間ではありません。ツユクサの仲間です。
葉がミョウガに似ているので付けられ名前です。夏に白い花を咲かせます(昨年8月に紹介済み)
実の色は図鑑では青藍色、藍紫色と表現されていますが、濃い藍色でしょうか。花の色や実の色の表現も難しいですね。
光が当たるととてもきれいです。
(ヤブミョウガ '08.11.4)

| | コメント (2)
|

2008年11月 8日 (土)

トキリマメ

Tokirimame08miオオバタンキリマメとも言われ,日当りの良い道ばたなどで赤い鞘が見られます。
中から黒い光沢のある種が顔を出した所です。
12月になると葉が落ち赤い鞘と黒い実だけが良く目立つようになります。
後ろは薮でしたが、薮をさけバックが抜けるアングルで撮りました。
隣に紫色のノササゲの実もはじけていました。
もう少しはじけると2つの実が左右の鞘に一個づつ分かれてぶら下がります。
花が少なくなってきましたが,こうし見ると木の実もきれいです。自然の芸術品を見ているようです。
(トキリマメ '08.11.6)

| | コメント (8)
|

2008年11月 7日 (金)

アカネの実

Akanemi_2アカネは何処でも見られる植物です。「茜さす」の枕詞で知られますので、名前は聞いた事があると思います。
根が赤いの付いた名前です。根は黄赤色で、乾くと赤紫色になり、これをうすでつき熱湯を加え煮出し染料にしました。茜染めです。
茎の刺があり他の草などにひっかかりよく繁ります。夏から秋にかけて黄緑色の小さな花を咲かせます。
実は黒く熟しますが、最初赤色です、今の時期こんな色です。
朝は雨が降っておりちょっと肌寒かったのですが、午後には晴れ暖かくなり、散歩したら汗をかきました。
(アカネの実 茜 '08.11.7)
ホトケノザやオオイヌノフグリが咲き出していました。

| | コメント (4)
|

2008年11月 6日 (木)

ウメモドキの実

Umemodoki08ウメモドキも花より実の方が目立ち、実を見るために庭や公園に植えられています。
あちこちの公園などにもびっしりと赤い実をつけたものを見かけるようになりましたが、やはり自然のものが見たくて山に行ってみました。
ウメモドキは雌雄別株ですので、山では実の付いた雌株は案外少ないです。
斜面に1本だけ生えていました。庭や公園のように選定をしてないので垂れ下がるように実をつけていました。
葉が落ちる頃には鳥達がきれいに食べてしまうでしょう。
中部地方の南部には花や実が白いシロウメモドキも有るようですが,見た事がありません。
(ウメモドキ '08.11.6)

| | コメント (4)
|

2008年11月 5日 (水)

ツルリンドウの実

Tururinndo082昨日、山で沢山見られたツルリンドウの実です。
先月までは花が咲いていましたが,さすが11月に入り花は有りませんでした。
花は薄紫で小さく葉に陰に隠れていたりして、見過ごしてしまう事も多いのですが、実は色が鮮やかななのでよく目立ちます。
赤というより紅色でしょうか。
つる性なので他の植物に絡み付いていますが、絡むものがないと地面を這っていることもあります。
リンドウの中ではツルリンドウだけがブドウやトマトのような実(液果)を付けます。
(ツルリンドウの実 '08.11.4)

| | コメント (10)
|

2008年11月 4日 (火)

ガマズミの実

Gamazumi今日は秋晴れ、我が家から一番近い山を4時間ほどかけて歩いてきました。
山道で透き通ったガマズミの赤い実が鈴なりになっていました。
ガマズミの赤い実は北海道から九州まで、里山で見られる秋の一番ポピュラーな木の実でしょうか。
地元の人は「ヨツズミ」と呼んでいます。
熟すと甘酸っぱく、果実酒としても人気があるようです。鳥達もまだ他に食べ物が有るのかあまり食べられていません。
山道ではシロヨメナ、ヤクシソウ、リュウノウギク、キッコウハグマの花が、木の実ではムラサシキブ、ツルリンドウ、ヤブコウジ、ヤブミョウガなどが見られました。
(ガマズミの実 '08.11.4)

| | コメント (2)
|

2008年11月 3日 (月)

ノゲシとオニノゲシ

今日は朝から、今にも降り出しそうな日でしたが結局一日もちました。
こういう日は家で溜まった写真整理や、観察記録の整理、読書の日に当てます。(花の多い時期は別ですが)
午後から散歩に出て、今日のBlogは何を紹介しようかなと思っていたら、ノゲシとオニノゲシが並んで咲いていました。
ノゲシは紹介済みですがオニノゲシはまだでしたので、花の時期は遅めですがオニノゲシとノゲシを比較してみます。
Nogesi08Oniazami08
(左 ノゲシ 右 オニノゲシ ’08.11.3)
ノゲシはヨーロッッパから世界中に広がり、日本には古い時代に中国から入ったようです。
オニノゲシは明治時代に渡来したと言います。
ノゲシ属は舌状花(花びら)が80個以上あります。花が小さいのでタンポポのようには目立ちません。
左がノゲシ、右がオニノゲシですが違いが分かりますか?花は全く同じですね。
葉の刺の違いが分りますか?ノゲシの方が葉が柔らかそうの見えますか?
実物が二つ並んでいると簡単に見分けられます。葉を触って見て下さい。
ノゲシは柔らかく触っても痛くありませんが、オニノゲシは刺が鋭く、葉をさわると痛いです。

| | コメント (8)
|

2008年11月 2日 (日)

ナツハゼの実

Natuhaze今日は地元のサークルの今年最後の観察会で福島県寄りの山に行ってきました。紅葉が見頃かと期待していましたが、まだ,始まったばかりでした。
以前は11月初めが紅葉の見頃だったのですが、暖冬の影響か紅葉の時季がどんどん遅くなってしまっているようです。
ツツジ類が多くヤマツツジ、バイカツツジ、アブラツツジ、トウゴクミツバツツジ、シロヤシオなどが沢山見られ花の時期に行ってみたい場所でした。
同じツツジ科のナツハゼの実が彼方此方で見られました。
実付きはあまり良くありませんでしたが、果実の先きの桜の花のような形(萼片の落ちた跡)を撮って見ました。
ブルーベリーの一種ですから実は食べられます。甘酸っぱい味がします。
(ナツハゼの実 '08.11.2)

| | コメント (4)
|

2008年11月 1日 (土)

ハキダメギク

Hakidamegiku08別な名前を付けてやりたい植物の一つです。掃溜菊はちょっとかわいそうな名前です。
春先から冬まで咲いている花ですが、こちらでは霜が降りるまではきれいな花が見られます。
花が多い時期はなかなかカメラを向ける機会がありませんが、花が少なくなってくると今まで見過ごしてした花達が目に入ってきます。
花の時期は終わりに近づいていますが、里ではまだ,結構花が咲いています。この時期からホトケノザなどの花もまた見られるようになります。
(ハキダメギク '08.11.1)
happy01
ホームページに「花アルバム34」「今月の花11月」をアップしました

| | コメント (6)
|

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »