« ヤブミョウガの実 | トップページ | ツタウルシ »

2008年11月10日 (月)

センダングサの仲間

今の時期、草むらなどに入るといろんな「ひっつきむし」がびっしりと付いてきます。今日も薮に入ったらアメリカセンダングサの実がびっしり付いて落とすのに大変でした。

AmesemhanaKosendanhana
(左 アメリカセンダングサ 右 コセンダングサ)
センダングサの仲間も色々ありますが、この辺では在来種のセンダングサはほとんど見られません。(センダングサには舌状花があります)
見られるのはアメリカセンダングサかコセンダングサです。
似たような感じですが、良く見ると葉、花の様子、種も違います。
アメリカセンダングサは北アメリカ原産ですがコセンダングサは原産地がはっきりしないそうです。
左がアメリカセンダングサ、右がコセンダングサです。
衣服に付くと嫌ですが、種を観察してみるのも楽しいものです。

AmesentaneKosendanmi
(左 アメリカセンダングサ 右 コセンダングサ)

|
|

« ヤブミョウガの実 | トップページ | ツタウルシ »

野の花」カテゴリの記事

コメント

信徳さん

私も嫌ですので,よほどの事が無いとあまり入りません。
真っ赤なヒヨドリジョウゴの実がきれいだったので入り込みました。

投稿: やまそだち | 2008年11月10日 (月) 22:07

この時期藪、雑草の中に入ると色々な種子がひっついてきますので余程の事がない限り入るのを拒みます。これでは草花覚えられませんね。

投稿: 信徳 | 2008年11月10日 (月) 20:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヤブミョウガの実 | トップページ | ツタウルシ »