« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月31日 (水)

良いお年をお迎え下さい

Hebiitigosimo今朝もうっすらと霜が降りましたが、そう寒い朝ではなく、晴天の大晦日になりました。
今年最後の写真は田んぼ脇のうっすら霜をかぶったヘビイチゴです。
朝日が当たりはじめ紅葉がきれいでした。

今年一年、見て頂いている皆さんのおかげでなんとかBlogを続けられました。有り難うございました。
どうぞ良いお年をお迎え下さい。

ホームページに今年のお気に入り写真「お気に入り(5)」「今月の花1月」をアップしました。お正月休みにでも覗いて頂ければうれしいです。
お正月は3日までお休みします。

| | コメント (6)
|

2008年12月30日 (火)

静かな年の暮れ

朝6時半前,散歩に家を出ました。気温は0℃、風もなくそう寒く感じません。日の出は6時49分、真っ赤な大きな太陽が昇ってきました。
何とも静かな年の暮れです。
Hinode302
(久慈川河口の日の出 '08.12.30.6:55分)
うっすらと降りた霜も日に当たり融けていきます。
エノコログサに朝日が当たり赤っぽく光っています。
Enokorohuyu_2
(朝日を浴びたエノコログサ 7:05分)
happy01
今まで画像をクリックして大きくして見た時.画像を閉じるとBlogも閉じられてしまっていましたが、クリックすると新しい窓が出るように直しました。これでポップアップした画像を閉じてもBlogは閉じられません。
(アライグマさん、キタさん有り難うございました)

| | コメント (6)
|

2008年12月29日 (月)

ナガバノコウヤボウキの実

コウヤボウキの実はまだ残っており、山道で沢山見かけます。この辺の山で見かけるのはほとんどがコウヤボウキですが、たまにナガバノコウヤボウキを見かけます。
昨日の山でも見たのはほとんどがコウヤボウキでしたが、最後にナガバノコウヤボウキが2株だけ並んでありました。
花はそっくりですが、葉の毛の有無や付き方で見分けが付きます。またコウヤボウキの花は1年枝の先につきますが、ナガバノコウヤボウキは写真のように2年枝に並んで付きます。
来年はここでナガバノコウヤボウキを花を撮りましょう。
(ナガバノコウヤボウキの実 '08.12.28)Nagabakoya_2

| | コメント (8)
|

2008年12月28日 (日)

ようやくキジョランの実

今日は今年最後の山歩きをしてきました。家から一番近い山です。
朝は冷え込みましたが,良いお天気で歩くと汗ばむハイキング日和でした。
    sunfootsunfootsunfootsunfoot
Kijyoran1毎年この時期にキジョランの長い白毛を持つ種子が袋果からはじけるのを見たくて通っていますが見つかりませんでした。
写真右のような落ちた種子は見るのですが、袋果が見つかりませんでした。
今年も長い白い毛の種は沢山落ちておるのですが、見上げても袋果が見つかりません。
もうあきらめて帰る途中、ちょっと崖をおり見上げると真っ白な丸いものが見えました。
←(キジョランの果実 '08.12.28)
Kijyoran2双眼鏡で覗くとキジョランのはじけた実でした。
高いところです。400mmの望遠で覗くとなんとか撮れそうです。
三脚を立て、3、40分ほどねばり、ピントは今一ですがなんとか撮りました。
近くを探すともう一個ありましたが,こちらは遠くて無理でした。
(はじけて落ちた種子 '08.12.28)→
花は昨年8月に見ています。

| | コメント (8)
|

2008年12月27日 (土)

オランダミミナグサ

今年もあとわずかですね。ようやく冬らしくなってきました。
北風が吹き,昼間も気温があがりません。
OrandamimisimoOrandamimi2
(オランダミミナグサ '08.12.27)
今日も霜の写真です。田んぼ道の霜をかぶったオランダミミナグサです。
葉や茎に毛が多いものは霜の写真には最適です。
12月〜2月頃にかけて緑の葉が見られるのは2年草か越年草のロゼットですね。
オランダミミナグサも2年草ですから今年芽が出て来年咲く株です。
昨日のヒメオドリコソウも2年草です。
マツムシソウも2年草ですが、栄養状態が悪いと(?)3、4年目に花が咲きます。

| | コメント (4)
|

2008年12月26日 (金)

霜をかぶったヒメオドリコソウ

一昨日はこの冬初めて,真っ白に霜が降りました。昨日,今日は気温は下がりましたが、霜は降りませんでした。
霜が降りる条件は地面の温度が0℃以下、風がない事、快晴であることのようですが、微妙ですね。
HimeodorikosimoHimeodo2_2
(霜をかぶったヒメオドリコソウ '08.12.24)
(右の写真の左の小さい葉はオオイヌノフグリです)
ヒメオドリコソウは春の花ですが、とても逞しい植物で霜でこんな状態でも
日が当たってくると葉は元気になり、花も開いてきます。
この時期になると葉が赤ワインのような色に紅葉してきて、朝日に当たった葉を逆光でっこうで見るととてもきれいです。
花の最盛期の群生したものは、けして可愛い花の感じはしませんが、これから春先のにかけてのヒメオドリコソウはなかなか可愛い姿を見せてくれます。

| | コメント (7)
|

2008年12月25日 (木)

マメグンバイナズナ

Mamegunbai今朝も霜が見られるかと日の出前に散歩に出ましたが、今日はあまり冷え込まなかったせいか霜が降りていませんでした。

昨日、田んぼの縁で霜が解け始め、花の先に氷のような玉が付いたマメグンバイナズナです。
在来種のナズナは田んぼの縁で今の時期にも花を咲かせていますが、帰化植物のマメグンバイナズナは田んぼではあまり見かけません。
今の時期に花を咲かせるものは寒さにはかなり強いですね。葉は霜がいくら降りても昼間になるとまた元気になります。
すぐ霜枯れてしまうものとは葉の構造が違うのでしょうね。
(マメグンバイナズナ '08.12.24)

| | コメント (4)
|

2008年12月24日 (水)

センダンの実

Sendanmi08昨日、霜が降りないと書いたら,今朝は冷え込み一面真っ白な霜が降りました。寝坊の癖がついてしまい、散歩に出遅れ、カチカチの霜の写真は撮れませんでした。

ヒヨドリが鈴なりのセンダンの実をついばんでいました。青空に映え、淡いクリーム色の実がきれいに輝いていました。
センダンというとすぐ「栴檀は双葉より芳ばし」という言葉が浮かびますが、こちら栴檀はインドネシア原産の香木のビャクダン(白檀)のことだそうで、センダンとは違います。
センダンは暖地に生える樹ですので,この辺のものは植栽されたものです。
(センダンの実 '08.12.24)

| | コメント (4)
|

2008年12月23日 (火)

今日の散歩道

例年だともう毎日霜が降り、霜の写真を撮りに出かける時期ですが、一昨年あたりから暖冬で,12月なってもなかなか霜が降りません。
今年は昨年よりさらに暖かいようで霜も降りません。
今日から寒くなる予報でしたが,昼はあまり寒くなりませんでした。
午後から散歩しましたが、日差しが秋のような感じでした。

Murasakitumehuyuムラサキツメクサは春から夏に咲く花ですが、何時まで咲いているんでしょうか?シロツメクサもそうですが、葉はいつまでも緑色ですね,葉は紅葉はしないようです。
←←←←
Gennosyokohuyu
ゲンノショウコの御神輿のような裂開した実の後がまだ残り,葉がきれいに紅葉していました。
つぼみが一つだけ付いていましたが、花は見つかりませんでした。
→→→→
Tanpopohuyu
セイヨウタンポポは一年中咲いていますが冬は葉が赤く紅葉します。
でも今年はまだ葉が赤く紅葉しているものが少ないです。
日だまりで沢山咲いていました。
←←←←

(日立市南部の田園地帯 '08.12.23)

| | コメント (6)
|

2008年12月22日 (月)

オケラの実

Okeramiセピア色のオケラです。画像修正でセピア色にした訳では在りません。
葉はもう少し、赤茶ぽいかもしれません。
花付きが良かったようで、かなりの頭花が固まってついていました。
花の時期も見事だったでしょう。花は白っぽく,他の草の陰などにあるとなかなか見つけられません。
・・・・・・・・・・
Okerami2羽毛状の冠毛がきれいです。右の花で細い茶色の突き出たものは花柱の残骸のようです。
冠毛の下に種が付いています。飛ぶところをみたいですね。
(オケラ '08.12.21)

| | コメント (4)
|

2008年12月21日 (日)

冬のチカラシバ

Tikarasiba08近くの川のふちを散歩していると、オギの絹毛やヨシの銀白色の毛が風に吹かれ飛んでいきます。
道ばたのエノコログサなども種はすっかり飛ばされ、かさかさの小穂の元の毛だけ残っています。
チカラシバの穂はまだまだ残っています。
夏のチカラシバは試験管ブラシのような小穂の剛毛はいかにも丈夫そうですが、今の時期になるとがちょっとやさしい姿になります。
まもなく、木枯らしが吹き種も飛ばされるでしょう。
イネの仲間は逆光がきれいですね。
それにしても暖かい冬です。

(チカラシバ 力芝 '08.12.19)

| | コメント (4)
|

2008年12月20日 (土)

チチコグサモドキ

Titikogusamodoki1Titikomodoki2(チチコグサモドキ '08.12.19)
こんな地味な花は皆さん目に止まる機会は少ないでしょう。
しかも名前もあまり良い名前ではありません。
本来の花期は春〜秋ですが、まだあちこちで咲いています。
名前の通り、チチコグサと同じ仲間ですが、熱帯アメリカ原産の帰化植物です。
チチコグサモドキの名前は付いていますが、在来種のチチコグサにはあまり似ていません。
同じ帰化植物のタチチコグサやウラジロチチコグサによく似ています。
これは、公園の脇で撮ったものですが、我が家の庭にもよくでてきます。

| | コメント (6)
|

2008年12月19日 (金)

オニヤブソテツ

Oniyabusotetu08シダのヤブソテツの仲間も種類が多く,シダが苦手な私は見て見ぬふりをして通り過ぎることが多いものの一つです。
ただ,海岸や家の近くで多く見られるこのオニヤブソテツだけは葉が厚く,濃緑色なので見分けが付きます。
家の近くの崖に沢山生えています。
常緑のシダなので園芸用にも売り出されているようです。
大分前に植物仲間と筑波実験植物園でヤブソテツの研究をしている先生の話を聞いた事があります。
話の内容はもうすっかり忘れてしまいましたが、ヤブシテツの仲間を見るたび、その先生の事を思い出します。
(オニヤブソテツ '08.12.19)

| | コメント (6)
|

2008年12月17日 (水)

アザミが花盛り

Taiazami1812図書館の帰りに海岸を歩いてみると,アザミが花盛りでした。
岸壁の下で日当りが良く,風があまり当たらないせいでしょうか?
それにしても今年はこんな現象が多いように感じます。
タイアザミでしょうか?(ナンブアザミかもしれません。ナンブアザミとの違いが良くわかりません。)
地元の本ではタイアザミになっているようですので一応タイアザミにしておきます。
アザミの図鑑がでないかな〜
(花盛りのタイアザミ '08.12.17)

ガソリンが安くなりましたね。私は出かけた時は行きと帰りは原則として別な道を通る事にしているので遠回りする事が多いので助かります。
happy01明日は出かけますのでお休みです。

| | コメント (10)
|

2008年12月16日 (火)

ノボロギクの冠毛

Noborogiku08一年中咲いているので、昔から日本に在ったような気がする花ですが、明治のはじめにヨーロッパからはるばるやって来たお客様です
何故かこの花は気に入っています。
舌状花が無く、咲いているのか咲いていないのか良く分らない花ですが、花が終わるとパッと真っ白な冠毛が飛び出し、先に花の黄色い管状花が少し残っています。
名前も「野襤褸菊」といかにも控えめなところが良いですね。
今日は朝は冷え込みましたが昼間はぽかぽか陽気になりました。
散歩中に見かけたノボロギクです。
(ノボロギク '08.12.16)

| | コメント (6)
|

2008年12月15日 (月)

サネカズラ紅葉

Sanekazurakoyo今朝は人間ドック受診の日で、久しぶりで早起きしたら霜が真っ白でした。先月19日に初霜が降りてからあまり霜の日はなかったので、これでようやく寒い冬に突入のようです。

ドックの帰りに、林をちょっと散歩、前に実を紹介したサネカズラの葉が真っ赤に色づいていました。

これも紅葉と呼ぶのでしょうが、常緑樹の紅葉は落葉樹の紅葉とは雰囲気が違います。 何かメカニズムも違うのかもしれません。(サネカズラ紅葉 '08.12.15)

人間ドックの結果は年相応でした。 happy02

| | コメント (4)
|

2008年12月14日 (日)

シロダモ

Sirodamo08
花の咲く時期と前年の実が熟す時期が同じものはあまり多くないと思いますが、シロダモは花と実が同時に見られます。
シロダモは10月〜11月に黄褐色の花を咲かせ、その時期になると実が赤く熟します。12月に入ると花はかなり散ってしまいますが,赤い実は色鮮やかになります。
我が家の近くではこのシロダモの赤い実があちこちで見られます。鳥が運んで生えるのか、家の近くの薮などでも多く見られます。
雌雄異株ですので、雌の木もかなり多いということですね。

(シロダモ '08.12.13)

| | コメント (6)
|

2008年12月13日 (土)

マルバノホロシ

Marubahorosi0812月入ると実も段々完熟し、色が濃くなったり、実に皺がよったりしてきます。
先日,見たマルバノホロシの赤い実にも皺がよって来ていました。葉が残っておりマルバノホロシと分りました。
赤い実と言ってもツルリンドウやヤブコウジのような濃い赤色もありますし、ヒヨドリジョウゴ、ヤマホロシ、マルバノホロシのようにちょとオレンジぽい赤(朱色?)もあり色の表現は難しいですね。

良く似た花や実を撮る時には、出来るだけ写真から植物名が分るように葉や茎など特徴を入れて撮るように心がけていますが,背の高いものなどは難しい事も多いです。
(マルバノホロシ '08.12.11)

| | コメント (4)
|

2008年12月12日 (金)

仙人の髭

Senninsomi08センニンソウの実は熟すと赤っぽくなり、花柱の白い羽毛状の毛とのバランスがとてもきれいです。
でもなかなか赤っぽくきれいに色づいた実に出会えません。実がきれいだと思うと花柱の毛がとれてしまっていたりで今年はあきらめていました。
昨日、山を下りて来た道の薮できれいな実を見つけました。
三脚でも届かない場所なので、コンパクトデジカメで思いっきり手を伸ばして撮りました。
こうして見ると花柱の毛は長いですね、なにしろ仙人の髭ですからね。

(センニンソウ '08.12.11)

| | コメント (10)
|

2008年12月11日 (木)

残り花 ノコンギク

Nokonnokori今日は昨日よりさらに暖かく、まさに小春日和、山道を歩いていても冬を感じません
山道にはまだ、ツルガネニンジン,リンドウなどの花が残っています。
ピンクの花が見えたので近寄ると、ノコンギクです。
蕾も何個か付いており、花は新鮮です。葉が赤く紅葉し花の色もピンクがかったきれいな花です。
今の時期に季節はずれに咲く花を「帰り花」とか「狂い花」と呼びますが,「残り花」という名前をつけたくなりました。
(「残り花」という言葉があるかどうか?です)

(ノコンギク '08.12.11)

| | コメント (9)
|

2008年12月10日 (水)

ヒイラギ

Hiiragi08散歩中に良い香りにがしたので見上げると農家の広い屋敷の大きなヒイラギに真っ白な花が沢山ついていました。
かなりの古い樹のようで葉は尖った葉牙がなく全縁でした。
モクセイ仲間ですので、香りは強いですがキンモクセイほどではないです。
自生のものは茨城県北部が北限のようです。木は山で見かけるのですが花が咲いているのを見た事がありません。
是非、自生の花を撮って見たいです。
(ヒイラギ 柊 '08.12.9)
happy01
画像をクリックして大きく見る時の画像の出方が変わったようです。
試して見て下さい。

| | コメント (13)
|

2008年12月 9日 (火)

トベラの実

Toberami海岸に生えるトベラの実がはじけ始めました。
果実が黄色く色づき始めると、実がついた枝の葉も黄色に変わってきます。
この黄色が遠くからも結構目立ちます。
まだ,鞘がはじけ赤い実が見えるものは少ないですが、開き始めると次々と開いてきます。
青空か海をバックに撮りたかったのですが、そう思い通りにはいきません。
どんよりとした曇り空でしたが、昨日よりは暖かく,海岸にはサーファーの車が沢山止まっていました。
(トベラ 扉 '08.12.9)

| | コメント (7)
|

2008年12月 8日 (月)

鉢の中にニオイタチツボスミレ

Nioitatitubo山道などでは返り咲きの花が見られますが、我が家の鉢でニオイタチツボスミレが咲いていました。他の花を植えた鉢に種が飛び込んだようです。家主の方は消えてしまったようです。
我が家の庭にはスミレが何種か出てきます。ニオイタチツボスミレも蟻が運んだのか?なん株か出てくるのですが、その種が鉢に入り込んだようです。
ヒメスミレは盆栽の鉢の中に沢山入り込んで毎年花を咲かせるのですが、ニオイタチツボスミレが鉢に入り込んだのは初めてです。
かわいそうなので抜かずにそのままにしておこうと思います。
(鉢に咲いたニオイタチツボスミレ '08.12.8)

| | コメント (4)
|

2008年12月 7日 (日)

コナラ・クヌギの落ち葉拾い

一昨日の風雨で木の葉が大分落ちました。家の近くの林に落ち葉拾いに行きました。ほとんどがコナラですがクヌギが数本あります。
畑と花壇用に昨年もここで拾いました。
他にも色々な落ち葉があるので、拾って来て葉っぱ図鑑で確認してみました。
葉っぱで植物を調べる図鑑は何冊か持っていますが、枯れ葉は「落ち葉図鑑」が便利です。
線画の白黒ですが、葉が原寸イラストで書かれていますので比較しやすいです。
Konara08Kunugi08
   (コナラ)                (クヌギ '08.12.7)
sun
葉の形がコナラと良く似たものにはミズナラとナラガシワがあります。
クヌギの葉はアベマキの葉とそっくりです。

| | コメント (4)
|

2008年12月 6日 (土)

花を思い浮かべながら

枯れた果実から花を思い浮かべながらの山歩きです。
夕べの風と雨でコナラの葉が道に重なっていました。そろそろ花壇や畑に使う腐葉土用の落ち葉拾いのシーズンです。時間はかかりますが、自分で拾った落ち葉の腐葉土は最高級品です。

SirayamagikumiSiraymahana
(シラヤマギク 実 '08.12.3)    (シラヤマギク 花 '08.8.31)

良く似たキク科の果実2種です。幸い、花の時期に写真を撮った株と、枯れた葉が残っていたので判別できました。
同じ仲間(キク科シオン属)で花も良く似ている、シラヤマギクとシロヨメナです。
良く見ると花の付き方が少し違いますね。

SiroyomenamiSiroymenahana
(シロヨメナ 実 '08.12.3)    (シロヨメナ 花 '08.10.12)

| | コメント (4)
|

2008年12月 5日 (金)

マメヅタ

Mamezuta樹の幹にびっしりと張り付いているのを良く見かけます。葉だけ見るとつる性の草か木に見えますがこれはシダです。マメヅタという名前からもシダとは思いませんね。
今の時期には胞子が付いた胞子葉がありますのでシダである事が良くわかります。胞子を付ける葉(胞子葉)はへら状で立ち上がります。
(へらといっても若い人は分らない人が多いようですね)

そくりな葉をしてやはり岩や樹幹に着生するものにマメヅタランという着生ランがあります。絶滅危惧種ですのでなかなか見られません。残念ながら私もまだ写真は撮っていません。
(マメヅタ '08.12.4)

| | コメント (6)
|

2008年12月 4日 (木)

フユイチゴ

Huyuitigo081
(フユイチゴ '08.12.4)
ちょっと前からあちこちのBlogできれいなフユイチゴが紹介されていました。こちらの山でもそろそろ実が見られるかと,昨年沢山見られた山に行ってみました。車で4、50分の静かな山です。

Huyuitigo083歩き初めるとすぐ道の脇の木陰にフユイチゴが真っ赤に輝いていました。実も多く,鳥さんもまだ食べていないようで、早速カメラを向けました。
昨年はここは見ていない場所です。この分だと、昨年見た場所でも沢山見られるかと楽しみにぶらぶらと山道を進みました。途中で良く似たミヤマフユイチゴも何株か実を付けていました。
お目当ての場所に付いてみると、それなりに沢山実を付けていましたが、残念ながら写真におさめるようなものはありませんでした。
⇐⇐⇐(フユイチゴ )
Huyuitigo082最近フユイチゴとミヤマフユイチゴの雑種が見られ,今日もはっきりしないものがありました。
フユイチゴは葉が丸く、ミヤマフユイチゴは葉の先が尖っています。
他に茎の毛や葉の裏の毛の生え方もかなり違っています。
ところが両方の特徴が入り交じっているものが見られます。明らかに雑種とおもわれます。

(フユイチゴとミヤマフユイチゴとの雑種?)⇒⇒⇒

| | コメント (10)
|

2008年12月 3日 (水)

マユミの実

Mayumimi08マユミは紅葉や果実がきれいなので公園などに植えられており、鈴なりの実を見かけます。
今日、山で見かけたマユミは日影にあるせいか実も数が少なく,葉も紅葉していませんでした。
木漏れ日の中、いかにも野生らしいマユミに思わず立ち止まりました。
こういう発見が山歩きの楽しみの一つです。

この植物の名前には色々思い出があります。若い頃「まゆみクラブ」というユースホステル仲間のサークルに入っており、あちこちのユースホステルを泊まり歩きました。
その頃はまだ植物にはあまり関心がなく、あちこち歩き回るだけでした。
(マユミ '08.12.3)

| | コメント (6)
|

2008年12月 2日 (火)

山道の草紅葉

紅葉もようやく里まで降りてきました。山裾の木々が黄色や茶色や赤に染まりとてもきれいです。
今日は雨模様ですのでいっそう鮮やかに見えます。明日晴れ上がったらきれいに輝くでしょう。
昨日、山道で見つけた草紅葉を紹介します。

Okatotranoha⇦⇦⇦
オカトラノオは紅葉がきれいです。花が咲けなかった株なのか,花期を過ぎて出て来たものなのか、今年花を咲かせた株より紅葉はきれいです。
さらに霜が当たると真っ赤になってきます。
(オカトラノオ '08.12.1)

Arinotogusa     ⇨⇨⇨
アリノトウグサ(蟻の塔草)は山では良く見かける草ですが,一般の人にはあまりおなじみのない草の一つでしょう。地を這っており、夏に小さな花を付けます。何度か写真を撮っていますが,紹介できるようなものが、まだ撮れていません。この草も紅葉がきれいな草です。
(アリノトウグサ '08.12.1)

| | コメント (4)
|

2008年12月 1日 (月)

アマチャヅル

Amatyaduru葉や茎に朝鮮人参と同じ成分が含むとかで一時ブームになったアマチャヅルですが,その後あまり話を聞きません。
アカネの実と一緒に絡まって黒い実がぶら下がっていました。
そんなにきれいな実ではありませんが、実に鉢巻きのように丸い輪があり、そのなかに3つぽちぽちと点があり、可愛いです。(クリックして大きくして見ると分るかな?)
生の葉を噛むと,かすかな甘みがあるそうですが、私には青臭い味しかしませんでした。
薮などで良く見かけますが、雌雄異株ですので雌株でないと実は見られません。
花は黄緑色で小さいのでまったく目立ちません。
(アマチャヅル 甘茶蔓 '08.12.1)

| | コメント (4)
|

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »