« センダンの実 | トップページ | 霜をかぶったヒメオドリコソウ »

2008年12月25日 (木)

マメグンバイナズナ

Mamegunbai今朝も霜が見られるかと日の出前に散歩に出ましたが、今日はあまり冷え込まなかったせいか霜が降りていませんでした。

昨日、田んぼの縁で霜が解け始め、花の先に氷のような玉が付いたマメグンバイナズナです。
在来種のナズナは田んぼの縁で今の時期にも花を咲かせていますが、帰化植物のマメグンバイナズナは田んぼではあまり見かけません。
今の時期に花を咲かせるものは寒さにはかなり強いですね。葉は霜がいくら降りても昼間になるとまた元気になります。
すぐ霜枯れてしまうものとは葉の構造が違うのでしょうね。
(マメグンバイナズナ '08.12.24)

|
|

« センダンの実 | トップページ | 霜をかぶったヒメオドリコソウ »

野の花」カテゴリの記事

コメント

オリーブさん

ようこそ!
冬の時期は花も少なく、木の実やロゼットや冬芽や霜をかぶった植物などを観察しています。
春が来るまでは植物達の冬の様子をお楽しみ下さい。

投稿: やまそだち | 2008年12月26日 (金) 16:47

アッキーさんのところからお邪魔しました。
優しい写真が多くて和みました。
子どもの頃、よく遊んだ冬の雑木林の日だまりや、冬枯れた田んぼの刈り後を踏んで歩いた記憶がよみがえります。

投稿: オリーブ | 2008年12月26日 (金) 09:13

信徳さん

帰化植物でも弱いものは消えてしまっているので、残っているのはみなそれぞれ強く生き残ったものばかりですね。

投稿: やまそだち | 2008年12月26日 (金) 08:23

春の七草、ナズナは田圃に良く生えています。この帰化植物マメグンバイナズナもまた他の帰化植物と同じように強そうですね。

投稿: 信徳 | 2008年12月25日 (木) 18:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« センダンの実 | トップページ | 霜をかぶったヒメオドリコソウ »