« サネカズラ紅葉 | トップページ | アザミが花盛り »

2008年12月16日 (火)

ノボロギクの冠毛

Noborogiku08一年中咲いているので、昔から日本に在ったような気がする花ですが、明治のはじめにヨーロッパからはるばるやって来たお客様です
何故かこの花は気に入っています。
舌状花が無く、咲いているのか咲いていないのか良く分らない花ですが、花が終わるとパッと真っ白な冠毛が飛び出し、先に花の黄色い管状花が少し残っています。
名前も「野襤褸菊」といかにも控えめなところが良いですね。
今日は朝は冷え込みましたが昼間はぽかぽか陽気になりました。
散歩中に見かけたノボロギクです。
(ノボロギク '08.12.16)

|
|

« サネカズラ紅葉 | トップページ | アザミが花盛り »

野の花」カテゴリの記事

コメント

yuukoさん

そうですね。綿毛が絹糸のようにひかり、先の黄色い花の残りが良い色です。

投稿: やまそだち | 2008年12月17日 (水) 19:55

こうして見るとノボロギクは花よりも綿毛の方がきれいな感じですね
綿毛の先に残る花の黄色が素敵です

投稿: yuuko | 2008年12月17日 (水) 18:14

さなえさん

ベニバナボロギクもじっくり見るときれいですね。
でもボロギクの好きな人は少ないでしょうね。

投稿: やまそだち | 2008年12月17日 (水) 17:30

おはようございます。

ノボロギクもベニバナボロギクも、なぜか私も好きなのですよ。

投稿: さな、花の庵 | 2008年12月17日 (水) 07:53

信徳さん

舌状花(花びら)がありませんのでタンポポとはまったく花は違います、
道ばたにいくらもでも在りますので見た事はあると思います。

投稿: やまそだち | 2008年12月17日 (水) 07:18

タンポポのような花ですね。葉っぱが少し違いますが花だけ見れば間違ってしまいませんか?私には同じように見えます。

投稿: 信徳 | 2008年12月16日 (火) 22:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サネカズラ紅葉 | トップページ | アザミが花盛り »