« 赤く染まった草達(1) | トップページ | 赤く染まった草達(3) »

2009年1月21日 (水)

赤く染まった草達(2)

Akahotokenoza
今日は良く似た二つを紹介します。
スイバの葉の赤色とはちょと違い、赤ワイン色を明るくしたような感じのきれいな色の葉のホトケノザです。
この株は花の色も濃くハッとするほどきれいでした。
ホトケノザもこれからは日一日と花の数も増えて行きますが、こんな葉が見られるのほんの一ヶ月くらいでしょうか。

←(ホトケノザ '09.1.20)

Akahimeodorikoこちらも似た感じの色のヒメオドリコソウです。この葉の色はワィンレッドでしょうか。
寒さで色付くのは長い柄を持つ、下部に付く葉です。花に近い上の方に付くの葉は柄が無く春でも赤紫色を帯びています。
こうして見ると葉の形はホトケノザと良く似ていますね。どとらもオドリコソウ属ですから当然ですね。花の形も似ています。
ヒメオドリコソウは帰化植物です。
→(ヒメオドリコソウ '09.1.20)

|
|

« 赤く染まった草達(1) | トップページ | 赤く染まった草達(3) »

野の花」カテゴリの記事

コメント

ocean childさん

今の時期にしか見られない,きれいな草達の姿です。
これも寒い冬のおかげです。
日影の霜の降りない、寒さの当たらない場所のものは色付きません。

投稿: やまそだち | 2009年1月22日 (木) 08:01

さなえさん

良く観察すると今の時期ほとんどの草達は色付いています。
ヒメジヨオン、ハルジオン、セイタカアワダチソウ、コナスビ、ヘビイチゴなどなど・・・・

「お酒を飲んだような」草達のの葉をあと幾つか紹介します。

投稿: やまそだち | 2009年1月22日 (木) 07:59

信徳さん

ホトケノザの花も良く見ると変化があります。
普通はこの写真のように花びらに点のような濃い色のぽつぽつがあります(蜜標と呼ぶようです)が、たまにまったく無いものを見かけます。
真白な花もありますが、私はまだ見た事がありません。

投稿: やまそだち | 2009年1月22日 (木) 07:54


おはようございます。

どんな赤色が出てくるかと楽しみにしています。

この季節の葉の色は、なんとも微妙で表現しがたい色をしていますね。

秋の色彩とはまた違う色。
この時期の野歩きも楽しいですね。

投稿: さな、花の庵 | 2009年1月22日 (木) 07:17

ホトケノザは冬にも咲くことをこの冬知ったのですが、こんなに赤く綺麗な葉を見たのもはじめてです。

投稿: ocean child | 2009年1月21日 (水) 23:28

ホトケノザの花は凄くピンクが強く出ていますね。こんな色は初めて見ました。オドリコソウも咲き出していますか?葉っぱの形状が同じですね。

投稿: 信徳 | 2009年1月21日 (水) 21:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 赤く染まった草達(1) | トップページ | 赤く染まった草達(3) »