« 赤く染まった草達(3) | トップページ | 赤く染まった草達(5) »

2009年1月23日 (金)

赤く染まった草達(4)

Akaoinu2こんなものも赤く染まります。
でも秋の木の葉の紅葉と少し違う感じの色です。
オオイヌノフグリは今の時期も花を咲かせていますが、花を咲かせている株は緑色の葉をしています。
赤く染まったものに花が咲いていないか探しましたが,赤い葉の株は蕾も一つも付いていませんでした。
←(オオイヌノフグリ '09.1.20)

Akayomogiこんなヨモギの葉もあまり見かけないかもしれません。ヨモギの葉を摘む頃にはもう見られません。
日当りの良い草むらでは、今の時期、もう新しい柔らかい芽が顔を出しています。
もうヨモギ摘みが出来そうです。子供の頃は餅草と呼んでいました。
ヨモギの名前の由来も色々あるようですが、「良く萌えでる草」善萌草が一番気に入っています。
→(ヨモギ '09.1.19)

|
|

« 赤く染まった草達(3) | トップページ | 赤く染まった草達(5) »

植物」カテゴリの記事

コメント

信徳さん

これから春先にかけての若芽の定番はよもぎ餅、よもぎ団子でしょうが、あえものや、てんぷらも良いですね。

投稿: やまそだち | 2009年1月24日 (土) 17:53

暖かい日溜りではヨモギが生えています。ヨモギを沢山積んできて乾燥させ笹団子を作って貰った懐かしい記憶が残っています。

投稿: 信徳 | 2009年1月24日 (土) 16:52

カリンさん

おはようございます。
ヨモギが見つかりませんでしたか、田んぼ道、山道などではもう沢山新芽が出ていますよ。
諏訪梅林にもあったと思います。

スイバはスカンポと呼ばれていますが、地方により呼び名が違い.群馬ではイタドリの事をスイバと呼んでいました。

どちらもタデ科で酸っぱいです。

投稿: やまそだち | 2009年1月24日 (土) 09:17

☆お久し振りです
最近 母と近場を散策しました がよもぎも見つかりませんでした
休憩していたら スッカンボを見つけましたので撮って来ました(諏訪の梅林)
「スイバ」っていうんですね~~・・

投稿: カリン | 2009年1月24日 (土) 00:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 赤く染まった草達(3) | トップページ | 赤く染まった草達(5) »