« ヤマウルシの冬芽 | トップページ | ミズキの木肌と樹形 »

2009年1月30日 (金)

アカメガシワの木肌

Akamegasiwahada一昨日、昨日と冬芽を紹介しましたが、樹木の名前を同定するのに便利なものに木の肌(樹皮)があります。これはですと一年中観察できます。
木の肌にも個性があり、かなり役に立ちます。
ただ、木の肌は多様で若木などはやっかいですが、成木ならかなり見分けられます。生育地、冬芽、樹形などと組み合わせれば大体見分けられます。

これはアカメガシワの成木の木肌です。白っぽい縦の筋が編み目のようになっているのが特徴です。これは一度覚えると他の木と間違える事はありません。 若木は編み目のへこみが薄い感じ、老木は深くへこみます。
(アカメガシワの木肌 '09.1.29)
happy01
本日、HPに「花アルバム(35)」11、12月の花、今月の花(2月)をアップしました。
時間の空いた時にでもご覧ください。

|
|

« ヤマウルシの冬芽 | トップページ | ミズキの木肌と樹形 »

植物」カテゴリの記事

コメント

さなえさん

幸い、冬は花が無いので、こんなものも観察できます。
花の時期はどうしても花に目がいってしまいます。

投稿: やまそだち | 2009年1月31日 (土) 19:46

aoikesiさん

プラタナス(アメリカスズカケノキ、スズカケノキ)の木肌も鱗状にはがれ特徴がありますね。
樹皮図鑑も出ていますので、木肌だけでも紹介すると何日もかかりますね。

投稿: やまそだち | 2009年1月31日 (土) 19:45

こんにちは。

お仲間さんが、かって樹木医になりたかったそうですが、木肌見てわかるようにならんとといいますがとてもとても。
保存させていただき覚えます。

投稿: さな、花の庵 | 2009年1月31日 (土) 17:18

プラタナスの木肌が迷彩服みたいでいつか写真に撮りたいと思っています。木肌だけでもブログが続けられそうね。

投稿: aoikesi | 2009年1月31日 (土) 09:38

信徳さん

この時期に「この木はなんの木かなあ〜」と言う時には便利なんです。
植物に一年間を観察していくと、色々なものが目に入ってきます。

投稿: やまそだち | 2009年1月31日 (土) 08:55

ペンさん

ゴンズイの実はきれいですね。
近くにはあまり無く、たまに見かけるくらいです。

木肌は一年中見られるのに花や葉を見る時期には、案外見過ごしており、冬の間くらいしかまじめに見ていません。
写真で撮ると同じようなものは分りにくいですね。

投稿: やまそだち | 2009年1月31日 (土) 08:52

花だけでは物足りづ、葉っぱ、新芽、幹ですか・・・これは大変です。

投稿: 信徳 | 2009年1月30日 (金) 23:57

 やまそだちさん、こんばんは。
 花が少なくて寂しい時期ですが、冬芽や木肌で種名が分かると嬉しくなります。私のフィールドにもアカメガシワが沢山生えている場所があります。この他にゴンズイなども特徴がありますよね。
 少しずつ色々な種類を紹介してもらえると参考になります。よろしくお願いします。

投稿: ペン | 2009年1月30日 (金) 21:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヤマウルシの冬芽 | トップページ | ミズキの木肌と樹形 »