« センニンソウの赤紫の葉 | トップページ | 冬枯れのオヒシバ・メヒシバ »

2009年1月11日 (日)

ヘクソカズラの実

Hekusomi09木の実も草の実も少なくなってきました。
今の時期でも冬枯れの山野で良く見られるのは黄褐色に熟したヘクソカズラです。
枯れたセイタカアワダチソウの枝に沢山絡まっていました。
おいしそうですが、この実は鳥達が食べないようです。
日の光が当たるとなかなかきれいです。
ちょっと黒光りしたようべっ甲色の実が何個か混じっており、これも味にある色なのですが、全部がこの色はならないようです。

(ヘクソカズラの実 '09.1.11)

|
|

« センニンソウの赤紫の葉 | トップページ | 冬枯れのオヒシバ・メヒシバ »

植物」カテゴリの記事

コメント

さなえさん

さなえさんはヤイトバナって呼びますよね。
色合いが良いので,生け花には合うでしょう。
実と花が一緒に見られたら,良いでしょうね。

投稿: やまそだち | 2009年1月12日 (月) 08:34

信徳さん

近寄っても臭気はしないのですが、葉をもむと臭います。
別名ではヤイトバナとかサオトメバナという良い名前が付けられていますが、和名は「ヘクソカズラ」で図鑑には載っています。
ヤイトバナと呼んであげた方が良いかも(^o^)ノ
花はきれいです。

投稿: やまそだち | 2009年1月12日 (月) 08:32

おはようございます。

ドライになったこの状況のヤイトバナ。

私はよく花材として使います。

色合いも渋くて素敵ですね。

投稿: さな、花の庵 | 2009年1月12日 (月) 07:50

名前を聞いただけで鳥は食べるどころか逃げて行ってしまいます。どうしてこんな名前が付いたのでしょうか?花に臭い臭いがあるのですか?

投稿: 信徳 | 2009年1月11日 (日) 20:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« センニンソウの赤紫の葉 | トップページ | 冬枯れのオヒシバ・メヒシバ »