« 紅梅ほころぶ | トップページ | センニンソウの赤紫の葉 »

2009年1月 9日 (金)

ウンランの黄葉

Unrankoyo植物は季節ごとに色々な姿を見せてくれます。
海岸に生育するウンランは8月から10月過ぎまでキンギョソウのような花を咲かせます。
花を咲かせた枝はもうすっかり枯れて消えているものがほとんどです。
これは遅れて出た茎なのか、花をつけなかったものなのか、この時期に葉が薄い黄緑色に紅葉していました。
ふちがちょっとピンクがかりとてもきれいだったので撮ってみました。
花が無い時期なのでこういうものも目に入ります。
これが一面に広がっていたら、見事でしょうね。
(ウンラン '09.1.5) 

|
|

« 紅梅ほころぶ | トップページ | センニンソウの赤紫の葉 »

植物」カテゴリの記事

コメント

yuukoさん

ゴマノハグサ科でキンギョソウとそくりな花です。
海辺に生え,花が蘭に似ているので付けたと言われていますが、わたしには欄には見えません。

投稿: やまそだち | 2009年1月11日 (日) 19:56

ほんとに可愛い色ですね
この時期 花の役割もしてくれてるのでしょうか

海辺で生えているから海蘭なのですか・・・

投稿: yuuko | 2009年1月11日 (日) 19:04

信徳さん

海蘭と書きます。
海辺に生え,花が蘭に似ているので付いたと言われる,可愛い花です。

投稿: やまそだち | 2009年1月 9日 (金) 20:40

ウンランと書いて有ったので一瞬「雲南省のラン」かと思いました。早とちりでした。海岸にはこのような植物があるのですか?海岸の植物らしく多肉系に見えます。

投稿: 信徳 | 2009年1月 9日 (金) 20:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 紅梅ほころぶ | トップページ | センニンソウの赤紫の葉 »