« アカメガシワの木肌 | トップページ | リョウブの冬芽 »

2009年1月31日 (土)

ミズキの木肌と樹形

夜半からまるで台風のような風と雨、10時過ぎにようやく風も止みました。今の時期にこんなのは記憶がありません。
2日間の雨で図書館で借りた本も読み終わり、写真整理も進みました。
  (ミズキの木肌と樹形 '09.1.29)
MizukihadaMizuki2
全国何処でも見られる初夏を告げるミズキ、水木の和名は樹液が多く、春先枝を切ると水が吹き出すことから付けられました。(カエデなども同じように樹液が出ます)
木肌もカエデに似ており、木肌だけでは難しいかもしれませんが、樹形に特徴があります。
枝が水平に広がり、階段状になります。若い枝は赤く良く目立ちます。
私の田舎の群馬県では1月、小正月にこの木に繭玉団子をさして飾ります。
どんど焼きであぶって食べました。

|
|

« アカメガシワの木肌 | トップページ | リョウブの冬芽 »

植物」カテゴリの記事

コメント

信徳さん

繭玉の団子を作るのは、養蚕が盛んだった群馬県ならではの風習でしょうか。
どんど焼きも今は無くなってしまった所が多いでしょうね。

投稿: やまそだち | 2009年2月 1日 (日) 18:19

箕郷の方ではどんど焼きで団子を作っていました。前橋の方はやっていません。田舎の方は風習が残っていて良いですね。

投稿: 信徳 | 2009年2月 1日 (日) 00:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アカメガシワの木肌 | トップページ | リョウブの冬芽 »