« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月28日 (土)

近所の梅も早かった

3日間良く降りました、昨日は午後からはみぞれになりました。2月最終日にようやく晴れました。
毎年見に行っている近くの畑の脇の梅を見に散歩に出ました。昨年は2月26日咲き始めを撮っています。
遠くからも真っ白に見え、近づくにつれ良い香りがしてきました。
満開です。という事は昨年より1週間以上早いということでしょうか。
Ume09
(ウメ '09.2.28)
ウメの原産地は中国ですが,日本にも自生があったという説もあるようです。
万葉時代は花と言えばウメをさしましたが、今は花見といえばサクラですね。
花の下でカラオケをやっている場所の花見は敬遠し、静かな場所での花見を今年も楽しみます。

| | コメント (4)
|

2009年2月26日 (木)

今年初めてのスミレ

Tatitubo09今年は暖かいとはいえ、まだ2月、我が家の近辺ではスミレはまだ咲き出しません。
一昨日、コセリバオウレンを見た帰りに山道を1時間ほど歩いていたらかろうじてタチツボスミレが一花咲いていました。
スミレが好きな人は多いですが、私も大好きです。
日本はスミレの宝庫で、基本種でも60種弱、変種や品種などを含めると150種以上になるようです。さらに交雑種も多くどれくらいになるのでしょうか?
私が今までに見ているスミレは不明なものを除き60種です。今年はどんなスミレが見られるでしょうか。
(タチツボスミレ '09.2.24)

| | コメント (4)
|

2009年2月25日 (水)

コセリバオウレンの雌株と雄株

Koseriba093今日は朝から雨模様,結局一日中雨が降っていました。
今週はこんな天気が続きそうで、あまりフィールドには出られそうもありません。
昨日紹介したコセリバオウレンの雌株(両性花)を紹介します。
セリバオウレン、コセリバオウレンは雌雄別株です。
雄株には雄花、雌株には両性花が咲きます。
左が雄花、右が雌株の両性花です。
雄花は真っ白なきれいな花です。(花びらのようなのは萼片です)
右の雌しべはこの後紫色を帯びる事があります。
(コセリバオウレンの雄株と雌株 '09.2.24)

| | コメント (12)
|

2009年2月24日 (火)

コセリバオウレン

2月に入ってから、西の方で早々とセリバオウレンが咲き出したという知らせを聞き、地元の花が気になっていました。
9時頃になり薄日が出て来たので,様子を見に出かけました。
Koseriba09
(コセリバオウレン 小芹葉黄蓮 '09.2.24)
Koseriba091
お目当ての杉林に入ると、白いのが見えます。やはり,今年はこちらも花が早い感じです。
もう,6、7分咲きと行った所です。昨年は22日に2、3分咲きでした。
花はセリバオウレンと同じですが,コセリバオウレンは葉の枝分かれが1回多いです。
Koseriba092雄花と両性花があり、雄花の方が先に咲き始めるようです。
写真はすべて雄花です。(雄花の方がきれいです)クリックして大きくして見て下さい。
杉林は今年も人が入った様子も無く、株数もさらに増えているようで安心しました。

| | コメント (8)
|

2009年2月23日 (月)

ホトケノザ

Hotokenoza09この花の花数が増えて来るとようやく春がやって来たなと感じます。
そろそろ,畑の準備を始めなくてはと重い腰を持ち上げます。
私の借りている畑にも毎年沢山でてきます。
取るのはかわいそうな気がしますが、そうもいきません。

春の花の時期になると他の花が次々咲き出しますので,毎年,この花は今の時期にBlogに登場となりそうです。
花の色も葉の色も大好きな花です。春らしい感じが出るように少し明るく撮って見ました。

(ホトケノザ '09.2.19)

| | コメント (6)
|

2009年2月22日 (日)

アセビの花

Asebi09用事が午前中で終わり、今日のBlogに間に合いました。

今年は花が早いと言われておりますが、近所のアセビは例年なみに咲いていました。
全体を撮って見てもあまり目立たないので,可愛い花を少し近づいてコンデジで撮って見ました。
花を見ればツツジの仲間であることが良く分ります。ドウダンツツジにそっくりの花です。
万葉集にも詠まれている日本固有種で、全国的に良く知られている常緑低木です。
日立市内の山でも沢山見られます。

(アセビ 馬酔木 '09.2.22)

| | コメント (4)
|

2009年2月19日 (木)

イヌノフグリ今年もなんとか

一昨年,家の近くで見つけたザゼンソウ,昨年は19日に見ているので覗いてみました。
昨年は5、6株咲いていたのに今年は花がまったく見つかりません。花後に出てくる葉がツンツンと何本かでていました。
残念ながら今年は花は咲けなかったようです。がっかりです。

Inunohuguri09
午後から気をとリ直して?絶滅危惧種のイヌノフグリを見に出かけました。
近場で知っている唯一の場所です。
株は結構あるのですが、小さい株ばかりで細々と花を咲かせます。今年も何とか花が見られました。
かろうじて生きている感じで、何時無くなるか気がかりです。
左下の葉はオオイヌノフグリの葉です。
←(イヌノフグリ '09.2.19)
Inunohuguri092

ここのきて寒さが戻ってきましたが、全体的には暖かく、各地の花情報も1〜3週間も早いようですね。
ここのイヌノフグリも例年は3月中旬に撮影していますので。2週間以上早いようです。

   (イヌノフグリ '09.2.19)→
happy01
明日から日曜日まで所用があり出かけますのでBlogはお休みします。

| | コメント (6)
|

2009年2月18日 (水)

イワガネゼンマイ

Iwazenmai今日も寒い日(これが2月の陽気でしょう)になりました。

ゼンマイ、ワラビと言えば誰もが名前を知っているシダです。
**ワラビという名前のシダも多く有ります。しかし**ゼンマイという名前のシダは少ないです。
イワガネゼンマイは北海道から九州まで分布していますので、比較的良く見られるシダです。この辺でも杉林で見られます。
シダは葉が細かく裂けているものが多いですが、この形のものは少ないので分りやすいかもしれません。
良く似たものにイワガネソウというシダがありますが^_^;
(イワガネゼンマイ '09.1.28)

| | コメント (4)
|

2009年2月17日 (火)

オランダミミナグサ

Orandappu散歩道の畑や田んぼの脇で見られるのはオランダミミナグサばかりで,在来種のミミナグサは滅多に見られなくなりました。
オランダミミナグサは冬でも咲いている事がありますが、花が目立つようになるのは例年ですと,3月に入ってからです。
今年は暖かいせいか、2月に入ってから花が目立つようになりました。
(オランダミミナグサ '09.2.14)

3日ほど暖かい日が続き、どうなることかと心配しましたが、今朝はぐっと冷え込みようやく2月の陽気に戻ったようです。
年寄りには暖かい方が過ごしやすいですが、春の花達の事を思うとやはり,1、2月はしっかり寒さが続いて欲しいです。

| | コメント (4)
|

2009年2月16日 (月)

花の色もいろいろ

Oinupink天気予報では今朝は寒くなるという事でしたが、朝はそれほど冷え込みませんでした。昼過ぎから冷え込んできて,夕方には冷たい風が吹き出しました。明日の朝は寒くなりそうです。

一昨日に見たオオイヌノフグリ、あまりの暖かさに?花の色がピンクに染まっていました。
同じ花でも良く見ると、色が微妙に違う事がよくあります。
もう少しピンクに染まると在来種のイヌノフグリと同じ色になります。
大分前に真っ白なオオイヌノフグリに出会いましたが,普段良く見ている花でも色が少し違うだけでとても新鮮に感じます。
(ピンクに染まったオオイヌノフグリ '09.2.14)

| | コメント (4)
|

2009年2月15日 (日)

オケラの花がら

Okerami今日は所属のサークルの年一回の草刈りの日で、近くの山の草刈りに出かけました。
気温は昨日ほどではありませんでしたが、暖かで心地よい汗をかいてきました。
木々も青い芽を出し始め春の気配が感じられます。
オケラの花柄が数本見られたので、撮って見ました。オケラは花も,実も、花がらもそれぞれ風情がある植物ですね。
「山でうまいはオケラとトトキ、嫁に食わすは惜しゅうござる」という諺もあり,おいしい山菜でも有るようです。
*トトキはツリガネニンジンのことです。
(オケラの花柄 '09.2.15)

| | コメント (4)
|

2009年2月14日 (土)

ちょっと暖かすぎです

昨日は関東地方でも春一番が吹きました。
今日は、日中は20℃を越え,急に春がやって来てしまい、川辺の散歩が気持ち良い日になりました。
田んぼのタネツケバナ、道ばたのナズナも気持ちよさそうに風に揺れていました。
Nazuna09Tanetukebana09
(左 ナズナ             右 タネツケバナ   '09.2.14)
タネツケバナもナズナもアブラナ科の植物ですので花もそっくりです。
アブラナ科の花弁は4枚で十字架のように見え、昔は十字花科と呼ばれてたそうです。
実はタネツケバナのように細長かったり(長角果)、ナズナのように扁平だったり(短角果)します。
アブラナ科の野菜も多く、ダイコン、カブ、ハクサイ、キャベツ・アブラナ・ミズナ・コマツナ・・カラシナ・カリフラワー・ブロッコリー・などがあります。ワサビもこの仲間でです。
タネツケバナもナズナも当然食べられます。

| | コメント (4)
|

2009年2月13日 (金)

ホラシノブ

Horasinobuハナシノブ(花忍)という青紫色のきれいな花を咲かせる草本があります。このシノブの名前は葉がシダのシノブに似ているので付けられた名前です。
シダのシノブ(忍)は「土が無くても育ち、耐え忍ぶ」から付い名前だそうです。
軒先などにつり下げる夏の風物詩の「つりしのぶ」はこのシノブです。

シノブの名の付いたシダは色々ありますが、今日、紹介するホラシノブは近くの山道の崖などで良く見られるシダです。
なかなか,きれいなシダです。この時期、紅紫色に染まったものを見る事もあります。
ホラとは山地の窪地(洞)に生えていることによるもののようです。
常緑性のシダですので観賞用にもなりそうです。
(ホラシノブ '09.1.28)

| | コメント (2)
|

2009年2月12日 (木)

コハコベ

Kohakobe09_2「コハコベ」って「ハコベ」と違うの? 
良く似た2種のハコベがあり、一般的にはどちらもハコベと呼んでいますが、図鑑により微妙に違っています。
ハコベ(別名コハコベ)、ミドリハコベという図鑑とハコベ(別名ミドリハコベ)、コハコベとなっている図鑑があります。
「コハコベ」と 「ミドリハコベ」と呼ぶのが一番分りやすいようです。
コハコベは普通茎が赤く、ミドリハコベは茎が緑色です。またミドリハコベの方が雄しべの数が多いです。
(コハコベ '09.2.10)

ハコベを見ると,いつも
「小諸なる古城のほとり 雲白く遊子悲しむ 緑なすはこべは萌えず・・・」の歌を思い出します。

| | コメント (5)
|

2009年2月11日 (水)

オニグルミの葉痕

Onigurumime
一昨日、デビルマンの顔をしたハリエンジュジュの葉痕を紹介しましたが、今日は羊の顔をした葉痕です。猿の顔にも見えます。
オニグルミの葉痕です。
この羊の顔、枝の下の方になるに従い顔が長くなります。上と下で成長の仕方が違うようです。
上の帽子みたいのは葉っぱになるようです。額の上の小さいものは花芽でしょうか?
右側の丸く出ている二つは雄花のようですが?
これから芽が出て来る様子を観察していくと面白そうです。
でも花の時期になると忙しくなり,忘れてしまいそうです。

(オニグルミの葉痕 '09.2.10)

happy01
お知らせ
*過去のBlogを見たいとき
過去10ヶ月のものは右サイドの「バックナンバー」の下で見られます。
10ヶ月以前の過去のものは「バックナンバー」の文字をクリックすると月別に最初からのものが出てきます。
*名前で検察したい時
右サイドの「ココログからのお知らせ」の下の方にある「検索」のところにキーワードを入れ「このBlog内で検索」とすると見られます。

| | コメント (4)
|

2009年2月10日 (火)

久しぶりの散策

風邪もようやく治まり、6日ぶりでフィールにでました。気温は9℃くらいでしたが、ヒバリが囀り、ミツバチ?が蜜を求めて飛び回ってしました。
ミツバチはオオイヌノフグリの花を渡り歩いていました。
Mitubati2
先週は開いていなかった畑の脇の梅も咲き始めていました。
確か、この梅の木は去年は3月に写真を撮った梅です。大分早く咲き出しました。
Ume0902

| | コメント (6)
|

2009年2月 9日 (月)

ハリエンジュの葉痕

Harienjyuyokon冬期の木の観察の楽しみの一つに葉根の観察があります。
葉痕とは落葉した葉の跡の事です。
人や動物の顔に似たものなど木によりそれぞれ形や表情が違っており、葉痕で木に名前も分ってしまうものも多いのです。
これはハリエンジュの葉痕です。何の顔に見えますか?
般若の面、狐、コウモリの面などといわれるようですが、私にはデビルマンに見えます。
ハリエンジュにはニセアカシアの別名がありますが、単に「アカシア」と呼ばれることもあります。歌謡曲などに歌われるアカシアはハリエンジュのことのようです。
(ハリエンジュの葉痕)

| | コメント (5)
|

2009年2月 8日 (日)

ヤマザクラとイヌザクラ

関東でも梅の便りが聞かれるようになりました。こちらでも日当りの良い暖かい場所では白梅が咲き始めています。観梅シーズンも間近です。

InuzakurahadaYmzakuramiki  (左 イヌザクラ)       (右 ヤマザクラ)
サクラの冬芽もすこしづつ膨らんできましたが今年のサクラの開花は何時になるでしょうか。
家の近くの山にはヤマザクラとイヌザクラがあります。
みんながお花見するのは公園などにぱっと咲くソメイヨシノですが、私のお花見はやはりヤマザクラの方に足がむきます。
ヤマザクラとイヌザクラ、花はまったく違いますが、木肌を見るとやはり似た木肌をしています。イヌザクラの方は白桜と言われ肌が白っぽいのが特徴です。

| | コメント (0)
|

2009年2月 7日 (土)

色付いたカモガヤ

Kamogayaカヤツリグサ科やイネ科の植物は地味なので写真を撮る事は少ない。
イネ科で撮るものと言えば、ススキ、エノコログサ、コバンソウくらいのものです。
また,植物観察対象としてもみな良く似ており,覚えにくくさらに帰化のものが次々と現れ、どうしても敬遠してしまいます。
散歩中、きれいに色付いた実が目に入り,近寄るとカモガヤでした。
風にゆらゆら揺れていました、カモガヤの別の姿を発見と行った所です。コンデジで何枚か撮ってみました。
世界各地で栽培されいる牧草ですが,日本にも野草化してあちこちでみられます。
(カモガヤ '09.2.4)

| | コメント (2)
|

2009年2月 6日 (金)

セイヨウタンポポ

セイヨウタンポポの花は春に多く咲き,その後少なくなりますが、一年中咲いています。
2月に入り少し春が近づき,セイヨウタンポポも花の数が増えたように感じます。
Seiyotapopo09(セイヨウタンポポ '09.2.4)
ロゼットの間から出て来た花茎の先に一個の花を付けます。いや,これは間違い、一個の花ではなく,たくさんの花が集まっているだけです。
タンポポの花は一枚の花びらを持った花(小花)なのです。
舌のような形をしていますので舌状花と呼ばれます。この小花が200個ほど(数えた事はありません)集まって一つの花のように見えます。
小花を一枚採って良く見てください。一枚の花びらの先は良く見ると五つに分かれています。本来5枚の花弁が合着したものそうです。
下の方は筒状になっておりその中から雌しべが突き出しています。

| | コメント (6)
|

2009年2月 5日 (木)

チチコグサのロゼット

Titikogusa人家の脇を通ると玄関先などで、色々な花が見られるようになりました。
最近は寒さに強い園芸種が色々出て来ているようです。
木々の芽も少しずつ膨らんできましたが、自然の中の花達が咲き出すのはまだ先になります。
散歩道で咲いているのはオオイヌノフグリほか限られたものです。
道ばたでカメラを構えていると「何を撮っているのですか?」と良く聞かれます。花をと言うと、「家の庭に**が咲いていますよ」と言ってくれます。
チチコグサのロゼットの中心の芽が少し伸びて来たように感じます。
ハハコグサに比べ葉も貧弱で花も地味です。
(チチコグサのロゼット '09.2.4)

| | コメント (4)
|

2009年2月 4日 (水)

どっちが表?

Ryomensidaシダには年中葉が枯れない常緑性シダ、冬に葉が枯れる夏緑性シダ、夏に葉が枯れる冬緑性シダがあります。
今の時期、常緑シダを探すと、身近なところでもそれなりに見つかります。
その一つ、杉林などで良く見られるリョウメンシダです。
北海道から九州まで日本各地に生育しています。
両面シダと言われるように胞子を付けていない葉は裏と表が同じように見えます。
写真は片方の葉を裏返しにしています、どちらが表は解りますか。クリックして大きくして見て下さい。
向かって左が表、右が裏の葉です。
山道で見つけたら裏を返して見て下さい。表と同じような葉だったらリョウメンシダです。
(リョウメンシダ '09.2.2)

| | コメント (6)
|

2009年2月 3日 (火)

コオニタビラコ見つけた

Konitabirako09春の七草の一つのホトケノザ(コニタビラコ)は近くの田んぼには無く、車で4.50分の田んぼでしか見ていませんでした。
今日,暖か陽気に誘われ散歩の距離をちょっと伸ばして家の近くの田んぼ道を歩いて見ました。
そこで思いかけずコニタビラコを見つけました。田んぼの畦に広がっていました。しかも2、3株花を咲かせていました。当地でのコオニタビラコの開花は早くても3月初めです。ちょっと早すぎます。
昼の気温は16℃になりました。この陽気に誘われたようにヒバリがさえずりながら空高く登って行きました。でも,まだ寒い日がありますので油断はできません。
(コオニタビラコ '09.2.3)

| | コメント (6)
|

2009年2月 2日 (月)

花芽も順調にふくらむ

Haname22月に入ったら、気分的に暖かくなったような感じがしてしまいます。
山道はまだまだ霜柱がしっかり出来ていますが、林の落ち葉の中をのぞくと、あちこちにシュンランの花芽が元気に出ています。
今年も花が楽しめそうです。
ところどころ葉の先が無くなっているものがありますが、野うさぎの仕業でしょうか。花芽の方がおいしそうに見えますが。
この林の花の時期は3月中旬ですが、今年は少し早いかもしれません。
この場所も株数が減って来ているのが心配ですが、人があまり入らない場所にはまだ結構残っているので、いつまでも残って欲しいと願うばかりです。
(シュンランの花芽 '09.2.1)

| | コメント (6)
|

2009年2月 1日 (日)

リョウブの冬芽

Ryoubume2日間、良く降り、今朝は良く晴れました。
風が強かったですが林の中を歩いてきました。
冬芽の中で一番気に入っているのがこのリョブの冬芽です。
上にかぶっている帽子のようなものは芽鱗と呼ばれるものです。
この芽鱗は早いうちに落ちてしまいますが、今の時期こんな状態で付いてるいる時のリョウブの芽が好きです。
この帽子が取れると光沢のある冬芽が出てきます。
もう、帽子(芽鱗)も落ちそうですから冬芽が動き出しているという事ですね。
林の中ではショウジョウバカマやシュンランの花芽も順調に膨らんでいました。
(リョウブの冬芽 '09.2.1)

| | コメント (6)
|

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »