« チチコグサのロゼット | トップページ | 色付いたカモガヤ »

2009年2月 6日 (金)

セイヨウタンポポ

セイヨウタンポポの花は春に多く咲き,その後少なくなりますが、一年中咲いています。
2月に入り少し春が近づき,セイヨウタンポポも花の数が増えたように感じます。
Seiyotapopo09(セイヨウタンポポ '09.2.4)
ロゼットの間から出て来た花茎の先に一個の花を付けます。いや,これは間違い、一個の花ではなく,たくさんの花が集まっているだけです。
タンポポの花は一枚の花びらを持った花(小花)なのです。
舌のような形をしていますので舌状花と呼ばれます。この小花が200個ほど(数えた事はありません)集まって一つの花のように見えます。
小花を一枚採って良く見てください。一枚の花びらの先は良く見ると五つに分かれています。本来5枚の花弁が合着したものそうです。
下の方は筒状になっておりその中から雌しべが突き出しています。

|
|

« チチコグサのロゼット | トップページ | 色付いたカモガヤ »

野の花」カテゴリの記事

コメント

yuukoさん

歩けば何かしらあるのですが、3日ほど歩かないと新しいものが無くなってしまいます。

投稿: やまそだち | 2009年2月 8日 (日) 17:36

>Blogネタが無くなってきました

植物だけでいくのは難しいですよね
私も冬は雪や氷だけで行くのは困難で 動物や家の中のことなどを織り交ぜます

それにしてもそちらは春が見えているのに北海道は一番寒い季節、というのは非常に淋しいです
もう少し早い時期に真冬になってほしいのですが
春よこい~♪  ですね
風邪 どうぞお大事に

投稿: yuuko | 2009年2月 8日 (日) 10:23

yuukoさん

私も最初にキク科は合弁花と教えられた頃を思い出します。
5日ほど前から風邪気味です。たいした事は無いのですが、鼻水が出るので散歩もしばらくお休みです。
Blogネタが無くなってきました。

投稿: やまそだち | 2009年2月 8日 (日) 10:08

以前 我が植物の師と仰ぐ人に「タンポポは合弁花か離弁花か」と訊かれて離弁花と答えました

その時に合弁花であることを覚えました

投稿: yuuko | 2009年2月 7日 (土) 20:36

さなえさん

フクジュソウなどが咲いているようですが、セイヨウタンポポ盧花を見かけないのは、そちらでは少ないんでしょうか。
こちらではセイヨウタンポポは至る所にあります。

投稿: やまそだち | 2009年2月 7日 (土) 17:06

こんにちは。

こちらでは西洋タンポポをまだ見かけていませんが、とにかく花の時期が読めません。

我が庭、エビネまで持ち上がってきました。

投稿: さな、花の庵 | 2009年2月 7日 (土) 16:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チチコグサのロゼット | トップページ | 色付いたカモガヤ »