« リョウブの冬芽 | トップページ | コオニタビラコ見つけた »

2009年2月 2日 (月)

花芽も順調にふくらむ

Haname22月に入ったら、気分的に暖かくなったような感じがしてしまいます。
山道はまだまだ霜柱がしっかり出来ていますが、林の落ち葉の中をのぞくと、あちこちにシュンランの花芽が元気に出ています。
今年も花が楽しめそうです。
ところどころ葉の先が無くなっているものがありますが、野うさぎの仕業でしょうか。花芽の方がおいしそうに見えますが。
この林の花の時期は3月中旬ですが、今年は少し早いかもしれません。
この場所も株数が減って来ているのが心配ですが、人があまり入らない場所にはまだ結構残っているので、いつまでも残って欲しいと願うばかりです。
(シュンランの花芽 '09.2.1)

|
|

« リョウブの冬芽 | トップページ | コオニタビラコ見つけた »

植物」カテゴリの記事

コメント

さなえさん

浅間は少しおさまったようです。
姪御さんがおられるのですか、群馬は良いところが沢山ありますので、一度お尋ねください。

今年の陽気は何かそらおそろしいような感じさえします。

投稿: やまそだち | 2009年2月 3日 (火) 20:44

yuukoさん

昔は花を塩漬けにし,蘭茶にしたそうです。
そのへんの山に沢山あった時代ですね。

投稿: やまそだち | 2009年2月 3日 (火) 20:41

やまそだちさん、こんばんは。

浅間山も噴火で、姪が群馬にいますもので心配です。

今年はやはりおかしな年です。
1ヶ月も早く、私の庭はセツブンソウの開花が始まりましたが、今日畑の花壇に行くとセリバオウレンも花開こうとしていました。

そんな訳で少し山に車で行ってみたのですが、雪が消えているところが多いのです。

たくさん降ったように感じていたのですが、地熱が高いのでしょうか?

投稿: さな、花の庵 | 2009年2月 3日 (火) 19:08

美味しいそうですが・・・

食べちゃ いけませんねヽ(*≧ε≦*)φ

投稿: yuuko | 2009年2月 3日 (火) 12:05

信徳さん

ジジババという呼び名は良いですね。
浅間の噴火、大分遠くまで灰が降ったようですね。
昔、灰で曇り空のようになったのを覚えています。
大噴火にならないよう祈っています。

投稿: やまそだち | 2009年2月 3日 (火) 10:20

昔、ジジババとか言って見向きもしない野草でした。今はキチンと見るようにしています。今朝浅間山が小爆発を起こしました。大爆発を起こさなければ良いのですが。

投稿: 信徳 | 2009年2月 2日 (月) 20:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リョウブの冬芽 | トップページ | コオニタビラコ見つけた »