« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月31日 (火)

ショウジョウバカマ満開

Syojyobakama091昨日、マイフィールドで見られたショウジョウバカマです。
20日頃から次々と咲き出し、今が最盛期のようです。
沢沿いやちょっと湿った斜面にかなりの株があり、一面に咲いている場所はとてもきれいです。
今年はイノシシにあちこち掘り返され、ショウジョウバカマにも被害が出ています。
咲き始めは茎も短く,色もちょっと濃いでが、花茎がどんどん帯び花が全開になる頃は色が少し薄くなるようです。
この花茎、実になる頃になるまでさらに伸びます。
午後2時過ぎに撮ったので、午前中とは違った雰囲気になりました。

(ショウジョウバカマ '09.3.30)

| | コメント (4)
|

2009年3月30日 (月)

新鮮なヒトリシズカ

Hitorisizuka091市内のこの場所のヒトリシズカは毎年4月の15日前後に撮影しています。
今日、友人を案内して「この辺は4月中旬にはヒトリシズカが沢山咲く場所」などと話しながら歩いていると足もとに咲いている株を友人が見つけました。
この株は咲き初めですが,もう一つの株は完全に開いていました。
あと一週間すれば一面に咲き出すでしょう。例年よりは一週間以上早いですね。
ショウジョウバカマ、シュンランも満開、マキノスミレも咲いていました。

近くの田んぼのアマナも満開でしたが、これは例年とあまり変わりません。
花の種類により花の時期の早いものや,例年並みのものがあり戸惑っています。
(ヒトリシズカ '09.3.30)
happy01
このBlogも4年目に入りました。アクセス数ももうすぐ10万件になります。ご覧頂いている皆様有り難うございます。これからも野山の花を紹介して行きますのでよろしくお願いいたします。

| | コメント (8)
|

2009年3月29日 (日)

ヤマルリソウ

Yamaruri0913日連続で山歩きをして来たので,今日はお休みし、映画「おくり人」を見てきました。

散歩もしなかったので、今日の花の紹介は先日、高尾山麓で見たヤマルリソウです。
以前、地元でも一度見た事があるのですが、それ以来地元では見ていません。
園芸をやっている人から見ると「なんだワスレナグサか」と言われそうですが、観賞用に栽培されているヨーロッパ原産のワスレナグサを地味にしたような花です。
でも。山道で可憐に咲いているのを見ると、心が和みます。
ヤマルリソウは淡い青紫色ですが、濃い藍色のルリソウという花がありますが、こちらはなかなか見られません。

(ヤマルリソウ '09.3.23)

| | コメント (2)
|

2009年3月28日 (土)

イワウチワとショウジョウバカマ

今日はスハマソウを見に行きましたが昨年に比べると花付きも良くなく、ここ数日の寒さで花が痛んでいるような感じでした。
別の道を下山途中、イワウチワとショウジョウバカマが一緒の生えている場所がありました。

StojyoiwautiwaIwautiwasyojyo
(ショウジョウバカマとイワウチワ '09.3.28)
イワウチワは北斜面のあまり日の入らない岩場で、ショウジョウバカマは雑木林の湿った場所や山の谷沿いのなどで見る事が多いです。
環境も少し違い,一緒に生えているのを見たのは初めてです。しかも、どちらもかなりの株が生えています。
北斜面ですが岩場ではなく。落ち葉が積もった斜面でした。
どちらにも適した環境なのでしょうか、ショウジョウバカマは見頃でしたが残念ながらイワウチワはほとんどがつぼみでした。

| | コメント (6)
|

2009年3月27日 (金)

アズマイチゲ

Azumaitige091
山道でイチリンソウの仲間が咲き出しています。
当地ではキクザキイチゲは良く見かけますが、何故かアズマイチゲの花はありそうでなかなか見られません。
昨日、車で一時間ほどの隣の隣の町の里山にカタクリの様子を見に行った時、もう終わっているだろうと寄ってみると、数輪が開いていました。
花(萼片)はキクザキイチゲと同じですが,葉がまったく違うので見分けがつきます。
「東一華」の名前が付いていますが全国的に分布しています。
良く似たエゾイチゲは北海道にしかありません。

(アズマイチゲ '09.3.26)

| | コメント (4)
|

2009年3月26日 (木)

イワウチワ咲き始める

地元のイワウチワが咲き始めたとの情報が入り、あわてて今日,一昨年4月4日に見に行き見事だった場所に行ってきました。
かなり咲き出していました。昨日の寒い雨で少しうつむいているものもありましたが、やはり一週間は早いようです。
イワウチワは例年は4月になってから見に行っています。
この近辺はイワウチワの咲く山は多いですが,山により花期がかなり違います。
決まって北斜面に咲いています。急な岩場に咲いている事が多く、比較的長く花は楽しめます。
帰りに別の山に寄ったら,カタクリも咲き始めており忙しく?なってきました。
Iwautiwa091
(イワウチワ '09.3.26)

| | コメント (14)
|

高尾のスミレ

Nagabasumire092リクエストも有りましたので,23日に見た高尾のスミレを2つ紹介します。
一番,多く目立ったのはナガバノスミレサイシンです。スミレサイシンは日本海側に分布していますが,太平洋側ではこのナガバノスミレサイシンが分布しています。
花が咲いた後から葉が広がってきますので咲き始めは葉が落ち葉などに隠れています。花の色は白〜淡い紫色です。

←(ナガバノスミレサシン '09.3.23)

Hinasumire091
ヒナスミレは花の色が魅力的で「スミレのプリンセス」とも呼ばれているそうで、人気のあるスミレです。
私もヒナスミレが一番好きですが、なかなか良い株に出会えません。
早く咲くスミレなので出会ったら花がもう終わりに近いという事が良く有ります。
今回は新鮮なものが見られましたが、「もう少し花が多ければ」などと贅沢を言っています。
(ヒナスミレ '09.3.23)→


| | コメント (6)
|

2009年3月25日 (水)

コスミレ

Kosumire091
23日、高尾山に行ってきました。といっても裏高尾の林道の散策です。
スミレが咲き始め、ハナネコノメもまだ残っており、人も少なく植物仲間4人でのんびり早春の花を眺めながら散策できました。
コスミレは低地の人家周辺で良く見かけますが、ちょっと標高の高い人里でも見られます。
花期が早いほうのスミレです。比較的花付きの良い株を見かけます。
咲き始めの新鮮な株を見つけました,これから次々と花を開かせるでしょう。
この他、今回咲いていたスミレはナガバノスミレサイシン、タチツボスミレ、エイザンスミレ、アオイスミレ、ヒナスミレでした。
(コスミレ '09.3.23)

| | コメント (13)
|

2009年3月24日 (火)

フサザクラ

あちこちで桜が咲き出していますが、桜の咲く前に奇妙な花を咲かせるフサザクラが咲いていました。
22日に地元の山道で見ましたが、23日、東京の高尾山でも見られました。
目立たない花なので、見過ごしてしまう事が多いです。

Fusazakura1

Husazakura3

cherryblossomcherryblossomcherryblossomcherryblossom

サクラの名前が付いていますがサクラの仲間ではなく、フサザクラ科フサザクラ属という、カツラに近い種です。一科一属です。

萼も花びらも無く、暗紅色の雄しべが沢山垂れ下がります。雄しべの基の方に淡い緑色の雌しべがあります。
(右の真ん中にぼんやり見えます。三脚が使えず手持ちで撮ったので・・)

葉の出る前に花が咲きます。フサザクラの名は葉の形が桜の葉に似ているので付いた名前でしょうか??
葉先が尾状に長く尖った特徴のある葉です。

(フサザクラ '09.3.22)

| | コメント (6)
|

2009年3月23日 (月)

アマナ

Amana093
3日間留守にしたら、マイフィールドでシュンラン、ショウジョウバカマ、アマナなどの花が咲き出していました。
21日は良いお天気、午前中はシュンラン、ショウジョウバカマを見て、午後からはアマナを見に行ってきました。
アマナは日が当たらないと開かず、11時過ぎにならないと花がきれいに開いてくれません。
何処でも見られそうな花ですが、決まった数カ所でしか見られません。毎年見ている田んぼ脇の土手です。
葉が広く、葉の中央に白い線が入るヒロハアマナというのもありますが、関東でも西の方にしか無いようでこの辺で見られるのはアマナだけです。
(アマナ '09.3.21)

| | コメント (10)
|

2009年3月22日 (日)

中国地方花めぐり(3)

今回のお目当ての二つ目のホソバナコバイモとイズモコバイモです。
コバイモはユリ科バイモ属で日本で確認できるのは、コシノコバイモ、アワコバイモ、ミノコバイモ、カイコバイモ、トサコバイモ、ホソバナコバイモ、イズモコバイモの7つあります。

Hosobana2Hosobana1
(ホソバナノコバイモ ’09.3.18 広島県)
コバイモはみんな下向きに花を咲かせます。
それぞれ花の形や花の模様が違い、どれも個体数は少ないものが多いです。
ホソバナコバイモは花が細い筒状鐘形で、葉も細く葯は白色です。
中国地方と九州だけ分布しています。
斜面にぽつりぽつりと可憐な花を咲かせていました。

Izumo2
(イズモコバイモ ’09.3.18 島根県)
Izumo6
イズモコバイモは名前の出雲から分るように島根県固有種です。
花の形は椀形で,花被片の上部に出っ張りが有りません。
3カ所で見られました。
(イズモコバイモ '09.3.18 島根県)

| | コメント (13)
|

2009年3月21日 (土)

中国地方花めぐり(2)

Yukiwari5
(ユキワリイチゲ '09.3.18 島根県)
今回の花巡りのお目当ての一つはユキワリイチゲです。
名前どおり一華(イチリンソウ)の仲間ですが、近畿地方以西、四国、九州に分布し関東地方では見られません。
花(萼ですが)の色は白から淡い紫色、何とも上品な色で黄色い葯と良く調和しています。
葉の形がミツバに似ており、ちょっと白っぽく見え、裏は紫色を帯びます。
今年は花が咲くのが早く、少し遅めでしたが念願の花の満開状態のものが見られました。
Yukiwari4_2Yukiwari6
(ユキワリイチゲ '09.3.17 岡山県  右 09.3.18 島根県)

happy01二日目、島根県の観察地で偶然、Blogで名前を知っていたKさんにお会いしました。地元で案内してくれたのがKさんでした。Kさんお世話になりました。

| | コメント (12)
|

2009年3月20日 (金)

中国地方花めぐり(1)

17日から3日間、岡山県、広島県、島根県と廻って早春の花を見てきました。
3日間とも良いお天気で、気温も上がり暑いくらいでした。
中国地方への花観察は初めてで、こちら関東では見られない色々な花達に出会いました。
Kesuhama2Kesuhama1
(ケスハマソウ '09.3.17 岡山県)
最初に見たのがケスハマソウです。ケスハマソウは本州近畿以西・四国に分布しており、スハマソウとの違いは、葉の両面に毛があることで区別されるそうです。
葉を触ってみましたが、いつも見ているスハマソウとの区別ははっきり分りませんでした。
こちらで見ているスハマソウは白ばかりですが、ミスミソウ同じように色々な色のものが見られました。
農家の裏山に咲いていました。

| | コメント (9)
|

2009年3月16日 (月)

春先のヤブツバキ

Yabutubaki09ヤブツバキはこちらでは海岸近くで多く見られます。12月から4月頃まで見られますが、写真を撮るの花の少ない冬の時期が多いです。
昨日、散歩中青空をバックに咲いているのを見たら、とても新鮮に感じ撮って見ました。
春先になってからのものは何となく明るく感じます。

ツバキは園芸種も非常に多く、野生のものか植えられた園芸種なのか良く分らないものも多いです。
ヤブツバキは一重で花が半開きですが園芸品種にも「一重で花が半開き」のものもあるんでしょうね?
(ヤブツバキ '09.3.15)

明日から3日ほど西の方に出かけますのでお休みです。

| | コメント (6)
|

2009年3月15日 (日)

ヒメカンスゲ

Himekansugeイネ科やスゲ(カヤツリグサ科)は花も地味なのであまり登場しません。
名前の同定が難しく、私自身が敬遠している事にもよります。
何故かイネ科に詳しい人は、カヤツリグサ科の仲間にも詳しい人が多いようですが私は苦手です。
スゲはみな良く似ており、それぞれの部分の名称もややこしく、穂の出方や花のつきかた、果実など細かく見ないと名前が確定できないことも敬遠している理由です。(良い訳です)
当地で一番良く見られるスゲはカンスゲとヒメカンスゲです。ヒメカンスゲの方が葉も細く、小さいので区別できます。
(ヒメカンスゲ '09.3.13)

| | コメント (6)
|

2009年3月14日 (土)

フラサバソウ

Hurasabaso09友人のBlogなどを見ているとこちら関東北部は関東南部のよりは1週間以上遅れで追いかけながら、早春の花が咲き出しているような感じです。
これが段々追いつき秋になるとこちらの方が早く咲き出します。
狭い日本ですが、沖縄と北海道となると気候も植物も大違いです。

こちらでもフラサバソウが咲き始めました。
花が良く似たこの仲間ではオオイヌノフグリ、イヌノフグリ、タチイヌノフグリ、それにフラサバソウですが、良く見れば違いは分りやすいです。
どれも身近で見られますので探して見て下さい。
(フラサバソウ '09.3,13)

| | コメント (2)
|

2009年3月13日 (金)

アオイスミレ

いよいよスミレのシーズンがやってきます。
この辺りで最初に咲き始めるのはアオイスミレ、マキノスミレです。例年ですと3月下旬から咲き始めます。一番遅いのはコミヤマスミレで5月のゴルデンウイーク後に咲きます。
今日は暖かくなったので昨年、アオイスミレの良い株があった山に行ってみました。

Aoisumire091
昨年は28日でしたのでちょっと早いかと思いながら目的地に着くと、葉っぱが見つかりません。
辺りを探しても一株も見つかりません。
スミレはこういう事が良く有ります。スミレは気まぐれというか、種類によるのかもしれませんが、ある年突然消えてしまい、また数年すると沢山出て来ることがよく有ります。

Aoisumire092_2

ちょっとがっかりして、別の沢沿いの道を探してみました。葉の陰に咲いている一輪が目には入りました。近くを探すと結構な数の株があり花も大分咲き出していました。
このスミレは花柄の先がよじれており花があちこち勝手な方向を向いています。
別名ヒナブキと言うそうで、花の後葉が大きくなり、葉がフキの葉に似ているから付いたと言います。
(アオイスミレ '09.3.13)

| | コメント (6)
|

2009年3月12日 (木)

もう春かなあ?

Kyuri092
今年は例年より暖かいということですが、昨日、今日と寒さが戻ったようです。
田んぼ道の花も足踏み状態でも、咲こうかどうか迷っています。
そんな花の一つ、キュウリグサです。

あぜ道や土手などにずらりと生えていますが、どれもちょっと気温が上がれば今にも咲き出しそうに顔を覗かせています。
蕾の時は花序はくるりと巻いていおり、花が開くに従ってほどけて行きます。
淡い青紫色で、ワスレナグサを小さくしたような花を咲かせます。
良く似た花にハナイバナがあります。

(キュウリグサ '09.3.12)

| | コメント (8)
|

2009年3月11日 (水)

ヤブカンゾウの芽だし

Yabukanzo09
今日は冬将軍が一時的に戻り、全国的に気温が下がったようですね。
こちらも晴れてはいましたが風が冷たく感じました。
とは言っても3月中旬、春を探して田んぼ道を散歩しました。歩いているとそう寒さは感じません。

春らしいヤブカンゾウの芽出しを見つけました。夏にちょっと暑苦しい橙赤色の花を咲かせますが、芽出しの柔らかい若草色は春を感じさせます。
古名を忘草と言い、花を見ると憂いを忘れるという意味だそうです。
人里近くで見られるのはヤブカンゾウですが、山に近い方では花が一重のノカンゾウが生えています。
(ヤブカンゾウの芽出し '09.3.11)

| | コメント (2)
|

2009年3月10日 (火)

遅咲きフクジュソウ

Hukujyuso091
こちらではフクジュソウは早いものは1月末から咲き出し2月になるとあちこちで開花情報があり、3月上旬までが見頃です。
今日のフクジュソウの場所は花が遅く毎年3月20日前後が見頃です。今年は暖かいので一週間早く行ってきました。

最近は自生地でも管理されている所が多く、あまりにも纏まって咲いており自然らしさを感じなくなっています。

ここは低山の麓で北向きの斜面の草むらにぽつりぽつりと咲いています。
北面にある事で花期が遅いのでしょうか?
また、まわりに草が在るせいか茎が伸びてから咲くのもいかにも自然らしく好きな場所です。
(ミチノクフクジュソウ '09.3.10)

上州花狂いさん、みかんさん からのご指摘によりミチノクフクジュソウである事が分りました。有り難うございました。

里山の麓の咲いており、近くに人家もあるので、昔植えられたものか、逃げ出して野生化したものでは無いかと思います。

| | コメント (10)
|

2009年3月 9日 (月)

かろうじてザゼンソウ

Zazenso09
お天気がこのところすっきりしません。今日も気温は高めでしたが、日が射さずどんよりとした雲の多い一日でした。

今年は家の近くのザゼンソウが花をまったく付けませんでしたので、別の場所を覗いてみました。。
この辺りは雪が降らないのでザゼンソウは水の流れの脇のものを撮る事が多いのですが、流れの脇のものはすっかり終わっており、かろうじて残っていたものです。
花粉はすっかり落ちてしまったようです。
毎年もっと寒い時期に見ているので、今の時期に見るとなんとなく変な感じがします。

(ザゼンソウ '09.3.9)

| | コメント (8)
|

2009年3月 8日 (日)

同じ市内でも花期様々

Koseriba3082
今年は花が早いの、大急ぎであちこち様子を見に出かけています。
2月24日にコセリバオウレンの花を紹介しましたが、同じ市内の別の場所のコセリバオウレンを図書館の帰りに覗いて見ました。
やはり昨年よりほぼ一週間早く、満開です。
同じ市内でも、標高が少し高いせいか先日の場所より一週間以上遅い感じです。日当りの状況にもよるのでしょうが、やはり標高差(気温)は花の時期に一番影響するようです。

4月に入ると花が一斉にさきだしますが、花の期間が比較的短い短いカタクリなどは今年は見に行く時期が難しそうです。

(コセリバオウレン '09.3.8)

| | コメント (8)
|

2009年3月 7日 (土)

ツクシがぽつりぽつり

Tukusi09
今日は良いお天気で、朝から家の前の林でウグイスが鳴いていました。
さえずりも大分上手になってきました。

蕗の薹があちこちで見られるようになったので、ツクシも出ているかと田んぼに行ってみました。
まだちょっと早いようで、ぽつりぽつりと顔を出していましたが採集できるほどは出ていませんでした。
ツクシが出るようになると何となく春がきたと感じます。
2、3本かたまって出ていないかと探しましたが、みな1本づつ、せっかくのですので春の雰囲気だけでもと撮って見ました。
(ツクシ '09.3.7)

| | コメント (6)
|

2009年3月 6日 (金)

マンサク

Mansaku09良いお天気も、一日だけで今日は朝からドッシャぶりの雨でした。
例年この時期にこんなに雨が続く事はありません。気候がおかしいですね。

マンサクはこちらの山でも稀に見られますが、自生のものはあまり花が良いものが見られません。
この写真は自然公園のものですが、多分植栽されたものです。
薄い黄色いリボン状の花弁は山道では見落としてしてしまう事があります。
早春、葉の出る前に咲く春を知らせる花です。
花弁の元に見える赤褐色のものは萼片で、萼片の色と花びらの色のバランス良いですね。
(マンサク '09.3,5)

| | コメント (4)
|

2009年3月 5日 (木)

ニワトコの若芽

Niwatokome09散歩中、今にも開き始めそうなニワトコの若芽を見つけました。
もうすこしするとこの芽の中からブロッコリー状の花の蕾が広がり、蕾の両脇の細長い複葉が突き出します。
このように花と葉が一緒になっている芽を混芽と言います。
ニワトコの葉を揉むと不快な臭いがするので一度嗅ぐと忘れられません。
観察会などでは名前を覚えてもらうために良く葉の匂いを嗅いでもらいます。
若芽は食用になりますが茹でたものは一晩水で晒さないと下痢をおこすようです。(天ぷらでも下痢をおこす事があるようですので食べない方が無難です
またニワトコの木には何故かキクラゲが良く生えています。
(ニワトコの若芽 '09.3.5)

| | コメント (12)
|

2009年3月 4日 (水)

カラスノエンドウの若葉

Karasuha09道ばたの草達、昨日と今日ではそう変わったように感じませんが、今の時期間違いなく,少しづつ変わっています。
成長の早いもの、遅いものがありますが、カラスノエンドウは1週間で様子がかなり変わります。

1月には葉が赤っぽく紅葉していた株の茎が少しずつ伸び始め、2月にはいると段々葉の色が緑色になってきます。
そうなってくると伸び方も早くなってきます。3月に入ると葉はすっかり緑色になり、まきひげも伸びてきます。
3月中旬になると気の早い株は花を咲かせます。今年はもっと早く咲き出すでしょう。
(カラスノエンドウ '09.2.28)
happy01
HPの「今月の花」、「季節の花」を更新しました。

| | コメント (4)
|

2009年3月 3日 (火)

サンシュユ

Sannsyuyu09早春の花には黄色のものが多いですが、樹木もマンサク、ダンコウバイ、アブラチャンなど黄色が多いです。
今日の花はサンシュユです。
中国・朝鮮半島原産で江戸時代に日本に渡来したものですから、当然植えられたものです。(この時期は花もまだ少ないので、たまに植栽のものも紹介します)
庭などにも植えられています。
花の色から「春黄金花」という良い名前もつけられています。
秋には真っ赤な実がなり「秋珊瑚」などとも呼ばれています。
ミズキの仲間で葉を見るとミズキの仲間のヤマボウシやハナミズキとそっくりです。
(サンシュユ '09.3.1)

| | コメント (4)
|

2009年3月 2日 (月)

シュンランお目覚め

Syunran091今年はすべてが早く咲き出しているようですので、フィールドも早めに歩こうと思っています。
明日からまたしばらく雨模様になりそうです、今日は貴重な晴れの日、昨年より10日ほど早くシュンランの様子を見に行きました。

あれま〜、あちこちでちらほら咲き出しているではありませんか。
やはり梅が満開になると、シュンランも咲き始めます。

昨年末、数珠玉でカメラの座布団をつくりましたが、今日はその使い初めです。(ローアングルで撮りたいときこの座布団の上にカメラを置き撮影します)
(シュンラン 春欄 '09.3.2)

| | コメント (8)
|

2009年3月 1日 (日)

セツブンソウ

今日は所属する地元のグループの観察会で埼玉県までセツブンソウを見に行ってきました。
例年の見頃の3月上旬で計画したのですが、今年は2週間早いという情報をもらっていましたので、花が見られるか心配しながら目的地に向かいました。こちらからですと高速を使っても4時間かかります。

Setubun091
  (セツブンソウ 節分草 '09.3.1)

Setubun09210時半、目的地に到着。一面真っ白なセツブンソウでした。
蕾はほとんとなく、やはり満開をちょっと過ぎた感じでした。
観察時間は4時間、往復8時間のあわただしい花の旅でした。
とにかく今年もセツブンソウを見る事ができました。

Setubun093
花の良さそうなものを選んで撮りましたが、ちょっと痛んだものも目につきます。
ご存知のように白い5枚の花びらのようなものは萼片で、中の細かい黄色いのが退化した花弁です。紫色のは雄しべです。クリックし、大きくして見て下さい。

| | コメント (8)
|

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »