« 信州スミレ観察 | トップページ | 信州スミレ観察3 »

2009年4月21日 (火)

信州スミレ観察2

Genjisumire092優雅な名前のゲンジスミレ(源氏菫)です。
このスミレも隔離分布で、なかなかお目にかかれないスミレの一つです。
私も数えるほどしか見ていません。
群生する事はなく、一株づつ咲いています。
葉の裏が紫色なので,紫式部、源氏物語という連想で名前が付いたそうです。
花の雰囲気から優雅な時代を連想させるのかと勝手に想像していました。
なかなか見る機会が無いので,この淡い紫紅色のスミレに出会ったときは感激します。
母種のフイリゲンジスミレのはウラジオストックで見ています。葉の色が濃く葉にくっきり斑が入っていました。
(ゲンジスミレはフイリゲンジスミレの変種です。)

(ゲンジスミレ '09.4.18)

|
|

« 信州スミレ観察 | トップページ | 信州スミレ観察3 »

野の花」カテゴリの記事

コメント

hanaさん

今回はたまたま淡い色合いのスミレが二つ続きましたね。
この色は日本人好みの色でしょうか。

日本人好みと言えば、
昨日、焼きもの(伊万里、鍋島)を見てきましたが、輸出向けに焼かれたものと国内向けではデザイン,色合いもまったく違いました。
日本のものはデザインに間があり、色合いも落ち着いた色合いですね。

投稿: やまそだち | 2009年4月22日 (水) 18:06

aoikesiさん

フイリゲンジスミレは日本では園芸として栽培されていますね。
葉にはっきり斑の入るフイリゲンジスミレは日本には自生はしていないそうです。

投稿: やまそだち | 2009年4月22日 (水) 17:53

こんにちは♪
スミレは種類が多すぎてよくわからない私ですが、好きな花です^^
ゲンジスミレ、淡い色が綺麗ですね。
↓イブキスミレは名前だけ聞いたことがありますが、写真でも見たことがありませんでした。
こちらも淡い紫色で綺麗ですね。

投稿: hana | 2009年4月22日 (水) 11:19

フイリゲンジスミレは園芸種を良く見かけます。
ゲンジスミレははじめてです。

投稿: aoikesi | 2009年4月22日 (水) 09:40

信徳さん

無理矢理裏にすると不自然になりますので、野草を撮る時は目立つゴミなどを取るくらいで、あまりいじらずそのまま撮っていますので・・・・

投稿: やまそだち | 2009年4月22日 (水) 08:21

葉の裏が紫色ですね。画像から葉の裏が見えず残念です、今度葉の裏を見せて下さい。

投稿: 信徳 | 2009年4月21日 (火) 22:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 信州スミレ観察 | トップページ | 信州スミレ観察3 »