« ミミガタテンナンショウ | トップページ | 家のまわりの花達 »

2009年4月13日 (月)

タカオスミレ

ヒカゲスミレの葉の表面がこげ茶色から黒紫色になるものはタカオスミレ(東京の高尾山で採集されたもの)と名付けられています。
4月初めに群生している場所を見つけ、花の咲くのを待ち10日に行きました。
その時はあまり花付きの良いものがなく、今日また行ってみました。
株は一面のありますが、やはり花付きはあまり良くありません。
今年は当地のスミレはどれも花があまり良くないように感じます。

ヒガゲスミレは谷筋の空中湿度の高い場所に生えるようですが。この場所もニリンソウが生える沢沿いです。
県内でタカオスミレを撮影したのは初めてです。
(タカオスミレ '09.4.13)

Takaosumire2

|
|

« ミミガタテンナンショウ | トップページ | 家のまわりの花達 »

野の花」カテゴリの記事

コメント

yuukoさん

日影菫ですから、やはり半日陰の場所に生えています。

皺がよっているのは花が少し遅い成果もしれません。

投稿: やまそだち | 2009年4月14日 (火) 20:28

空中湿度の高い場所ですか・・・
そして日当たりはいいのがいいんでしょうね
難しい場所です

花びらにはシワがよっているのですか?

投稿: yuuko | 2009年4月14日 (火) 20:03

信徳さん

高尾で初めて見つけられたようです。
初めて見つけた場所の名前のものは色々ありますね。

トガクシショウマなでも戸隠山で発見され付けらた名前ですが、現在は戸隠ではあまり見られないようです。

投稿: やまそだち | 2009年4月14日 (火) 07:14

さなさん

以前は気がつかなかっただけで花が地味で葉の陰に隠れていたりして、目に入らなかっただけのようです。

投稿: やまそだち | 2009年4月14日 (火) 07:12

ペンさん

やはり、一般的には花付きは悪いのでしょうかね。
Blogなどで見る高尾山のものはかなり花付きの良いものが載っていますね。

数年、観察して見ます。

投稿: やまそだち | 2009年4月14日 (火) 07:10

高尾山で最初に見つかったのでしょうか?タカオスミレは葉に特徴があるのですね。

投稿: 信徳 | 2009年4月13日 (月) 22:51

こんばんは。

タカオスミレはそちらにもあるのですね。

独特の葉の色のすみれせすねぇ。

投稿: さな・花の庵 | 2009年4月13日 (月) 21:18

 やまそだちさん、こんにちは。
 私のフィールドにもタカオスミレはあるのですが、花付きはあまりよくないように感じます。ある年に花がたくさんついていたので、存在に気がついたのですが、その後数年間、花付きがよくなかったので注意しないと気づかなかったりしました。

投稿: ペン | 2009年4月13日 (月) 20:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミミガタテンナンショウ | トップページ | 家のまわりの花達 »