« 霧ヶ峰観察会(2) | トップページ | ウツボグサ »

2009年6月24日 (水)

霧ヶ峰観察会(3)

今回一番多く目に入ったのがオオヤマフスマです。
直径1cm位の白い小さな花ですので、草むらに咲いているとあまり目立ちません。
和名は「大山衾」衾は寝る時にかける寝具です。
同じナデシコ科のにノミノフスマがありますが、こちらは小さな葉を蚤の衾に例えたようです。葉の形がノミノフスマに似ていますのでそのへんから名前が付いたのかも知れません。

(オオヤマフスマ ナデシコ科 '09.6.21)
Oyamahusuma_3

アマドコロもあちこちに群生していました。
普段、山で見ているのはそう沢山固まっていないのですが、ここはびっしりと群生していました。
下向きに咲く地味な花ですが葉が上に向かって広がっているので鈴なりの花がよく見え、目につきます。

(アマドコロ ユリ科 ’09.6.22)
Amadokoro_2


|
|

« 霧ヶ峰観察会(2) | トップページ | ウツボグサ »

野の花」カテゴリの記事

コメント

yuukoさん

オオヤマフスマは撮りにくい花ですね。私もなかなか思うように撮れません。
たまたま纏まって咲いていたので花を多く入れる事ができました。
ナデシコの仲間は好きな花です。

アマドコロは図鑑の写真を見ると緑色のものも載っていますね。
こちらにはオオアマドコロは無いので写真を撮った覚えがありません。

投稿: やまそだち | 2009年6月25日 (木) 20:21

オオヤマフスマの写真 美しいですね
これが一面に咲いていると とても美しくてつい写真を、となりますがうまく撮れません

アマドコロは茎が赤っぽいのですね
こちらにはオオアマドコロしかありませんが茎は葉と同じ色です
とても大きいです

投稿: yuuko | 2009年6月25日 (木) 18:09

信徳さん

イワカガミ(コイワカガミ)も霧ヶ峰にはあると思いますが、今回は見かけませんでした。

投稿: やまそだち | 2009年6月24日 (水) 21:02

オオヤマフスマ、アマドコロ、生き生きしています。イワカガミは記憶になかったのですが有りましたか?

投稿: 信徳 | 2009年6月24日 (水) 20:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 霧ヶ峰観察会(2) | トップページ | ウツボグサ »