« 霧ヶ峰観察会(3) | トップページ | 海岸散歩 »

2009年6月25日 (木)

ウツボグサ

日立市は南北に細長い町で東に歩くとすぐ太平洋、西に歩くとすぐ山です。
梅雨の晴れ間をねらい、今日は久しぶりで山に登って見ました。
そう高い山ではありませんが、気温もちょっと低いので、花の時期も下の方ではもう終わっているオカトラノオも見頃になっていました。
植物にとっては2、3度の違いも人間の何倍もの差に感じるようです。

毎年、7月に見に行っているウツボグサが一面に咲いていました。
草むらに咲く、紫色のこの花を見ると、毎年「夏が来たなあ」と感じます。
海が見える、丘の上でウツボグサを見ながら小休止です。

(ウツボグサ 靭草 ’09.6.25)
Utubogusa091
一つの花穂に付く花は数十個はありますが、同時に咲く事はなく、同時に咲いているには十数個のようです。
Utubogusa092


|
|

« 霧ヶ峰観察会(3) | トップページ | 海岸散歩 »

野の花」カテゴリの記事

コメント

hanaさん

私も群馬育ちですが、どちら下というとやはり山の方が良いかな?
でも、広い海を見ているとすべての事がちっぽけに見えて、悩みなんか吹っ飛んでしまいますよ。
不思議なことですが、自然は何か大きな大きな力がありますね。

投稿: やまそだち | 2009年6月26日 (金) 17:01

さなえさん

日本海側はあまり行っていないので、何時かそちらの自然も歩いて見たいですね。

白いウツボグサは見た事がありませんが、白い花は心が落ち着き良いですね。

投稿: やまそだち | 2009年6月26日 (金) 16:56

こんにちは。

海も山もお近くなのですか?
こちらは海なし県です^^
だから海は憧れでしょうか。。。
海が見える丘の上のウツボグサ、いいですね♪

投稿: hana | 2009年6月26日 (金) 11:41

おはようございます。

こちらも同じく、北に行けば日本海、南にいけば山です。
まだまだ自然豊かなところですが、植物の埴生が変わりつつあるようです。

ウツボグサ、4年ほど前にアルビノ化したものを1本植えたのですが、以後やはり白色ウツボグサが沢山増えてきています。

これほど長い間になるともう固定でしょうか?

投稿: さな・花の庵 | 2009年6月26日 (金) 05:17

信徳さん

日立は自然豊かなところで、海岸も山も花も多いですよ。
絶滅危惧種もありますよ。

投稿: やまそだち | 2009年6月25日 (木) 20:44

日立市の山も捨てたもんじゃありませんね。ウツボグサ、オカトラノオなどの山野草も生えているでは有りませんか。他にも色々有るのでしょう?

投稿: 信徳 | 2009年6月25日 (木) 20:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 霧ヶ峰観察会(3) | トップページ | 海岸散歩 »