« 海岸散歩 | トップページ | テリハノイバラの実 »

2009年6月27日 (土)

オオカモメヅル

今日で3日間、梅雨の晴れ間の夏日です。午前中湿地の整備でしたが暑さの中の作業は疲れますね。
午後から、周辺を散策しましたが、花の盛りを過ぎたクモキリソウ、ジガバチソウが沢山見られました。

カモメヅルの葉っぱをひっくり返したら小さな花が沢山ついていました。ガガイモの仲間は皆地味な花ですが、何となく好きな花です。
カモメヅルにはコバノカモメヅル、コカモメヅル、オオカモメヅルなどがありますが、良く似ていて何時も迷います。
家に帰って図鑑で調べるとオオカモメズルのようです。
花冠に内側に細かい毛がある、副花冠が外側に付き良く目立つ、葉の基部がやや湾入する、からオオカモメヅルにしました。
どうでしょうか???
でもなんで鴎の名が付いているのでしょうか?

(オオカモメヅル 大鴎蔓 ’09.6.27 )
Okamomeduru_2


|
|

« 海岸散歩 | トップページ | テリハノイバラの実 »

野の花」カテゴリの記事

コメント

さなえさん

コバノカモメズルも撮って比較してみます。
今日は夜になり雨になりました。

投稿: やまそだち | 2009年6月28日 (日) 19:45

こんにちは。

こちらはコバノカモメヅルなのですが、今年はとても沢山の花が付いています。

ぴかぴかのお天気に虹が出たりしていまして、なんとも不穏さを感じています。

投稿: さな・花の庵 | 2009年6月28日 (日) 13:34

yuukoさん

図鑑を持ち歩かないのでその場では名前を忘れていたり、違いのポイントを反対に覚えていたりで、帰ってから調べるものも多いです。

投稿: やまそだち | 2009年6月28日 (日) 07:18

信徳さん

披針形の細長い実が2つ羽根を広げたように付き、熟すと割れ中から白い長い綿毛を持った種子が飛び散ります。
その時の写真も撮りたいのですが・・・


投稿: やまそだち | 2009年6月28日 (日) 07:16

やまそだちさんがなやむなんて・・・
うちにあるあのオオカモメヅルはオオカモメヅルでよかったのかなぁ

もう一度きちんと調べてみなくては・・・

投稿: yuuko | 2009年6月27日 (土) 21:46

ガガイモ科の花は結実した後、裂果し中から毛のついた種子が飛び出すと聞いたことが有りますが、この植物もそれが見られるのでしょうか?

投稿: 信徳 | 2009年6月27日 (土) 20:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 海岸散歩 | トップページ | テリハノイバラの実 »