« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月31日 (金)

キツネノカミソリ

例年は早くても8月に初めに見に行っている場所のキツネノカミソリが気になり昨日覗いて見ると、丁度見頃になっていました。
やはり今年は今年はかなり早いです。
アキノタムラソウも咲いていました。
キツネノカミソリはヒガンバナ科でヒガンバナと同じく花の時期には葉がありません。
花の色は朱色なのでヒガンバナのようなどぎつい感じはしないのでお気に入りの一つです。
ヒガンバナは種子ができないようですが、キツネノカミソリは黒い種子が出来ます。

(キツネノカミソリ '09.7.30)
Kitunenokamisori092

 

| | コメント (6)
|

2009年7月30日 (木)

クサフジ

時々雲が広がりすっきりとはしませんでしたが、久しぶりで日差しが出ました。河原で水遊びをしている人が見られました。
しばらくぶりでクサフジを見つけました。
良く似たツルフジバカマはあちこちで見るのですが、クサフジは見る機会が少ないです。
河原の縁の草むらで、青紫色の花は涼しげに咲いていました。

(クサフジ '09.7.30)
Kusahuji

 

| | コメント (4)
|

2009年7月29日 (水)

ヘクソカズラ

雨模様の天気が続いています。2日ぶりで散歩に出ました。
ヘクソカズラが最盛期になってきたようです。
ここ迄の名前をつけなくてもとも思いますが、素直に名前を付けた先人に感心します。「万葉集」でもクソカズラと詠まれているようです。
別名のヤイトバナやサオトメカズラは後から付けた名前でしょう。

(ヘクソカズラ '09.7.29)
Hekusokazura09

ヘクソカズラはあまり上品な名前ではありませんが、私には本来のこの名前もなかなかの名前だと思います。
俳句でもこの名を使ったものもあります。

   名をへくそかづらとぞいふ花盛り 高浜虚子

 

| | コメント (6)
|

2009年7月28日 (火)

オオウバユリ

25日は酢ケ湯温泉に泊まり、26日は田代平の湿原、奥入瀬渓谷を散策して帰途につきました。
家に帰ったのは11時過ぎになってしまいました。青森はやはり遠いですね。
この日も花は少なく、撮った花の写真はエゾアジサイとオオバウバユリだけでした。

(オオウバユリ '09.7.26 奥入瀬渓谷)
Oubayuri
ウバユリ(姥百合)は花の時期に葉(歯)がないので語呂合わせで付いた名前と言いますが、親父ギャグで付けたような名前の付け方ですね。
実際には花の時期でも結構葉がついています。
オオウバユリはウバユリの変種でウバユリより花の数が多く、分布が少し違います。

| | コメント (8)
|

2009年7月27日 (月)

キンコウカ

金曜日の夜、バスで南八甲田山に向かいました。天気予報通り、早朝ケーブルカーの駅に着いたら雨、ロープウエイの始発時間迄朝食を食べながら様子見です。
何とか雨もやんだのでとりあえず ロープウエイに乗り込みます。山頂駅でまた雨が降り出してきたので山登りコースはやめ最短コースで宿泊先の温泉まで降りるコースに変更し、出発です。
途中からは雨もやみ、ぬかるんだ泥道をのんびりと下りました。
時期的に少し遅く、花はあまり見られませんでしたが、途中の湿原でキンコウカの群落が沢山見られました。
この日観察した植物は多かったですが、花の写真を撮ったのはキンコウカだけでした。

(キンコウカ '09.7.25 八甲田山麓)
Kinkoka01
キンコウカはユリ科の花で湿地に群生します。
当然に事ながら標高の高い所と低いところでは花の時期がかなり違い、8月になってからでも見られます。
今回も上の湿原では咲き初めでしたが、下に降りるに従い花は多くなり、下の湿原では一面黄色に染まっていました。
Kinkoka03

 

| | コメント (6)
|

2009年7月24日 (金)

イヌゴマ

関東地方だけお先に梅雨明けが発表されましたが、その後お天気がすぐれません。梅雨に戻ったようです。
今朝も散歩に出ようとしたら雨模様、昼過ぎ明るくなったので散歩に出たら帰りに土砂降りの雨に有ってしまいました。
田んぼの廻りの草達も今年は花が早いようで、オモダカなども咲き出していました。草むらにイヌゴマが咲いていました。
シソ科の中では好きな花の一つです。淡い紅色が草の緑に良く合います。
アップで見ると園芸の花に負けないですね。

(イヌゴマ '09.7.24 田んぼ脇にて)
Inugoma091

Inugoma092

happy01
今夜から26日迄東北に出かけますのでお休みです。天気が良くないようです。

| | コメント (2)
|

2009年7月23日 (木)

ヤマユリ

梅雨が明けると代表的な夏の花ヤマユリが咲き出します。山のほか、ちょっとした雑木林などでも良く見られます。
当地では山から海岸まで、草むらや林で咲いており、近くを通ると強い香りが漂います。
今日、雨上がりを狙い散歩した近くの林でも沢山咲いていました。
高速道路脇などでは10個以上花を付け、茎が倒れそうな豪華な株もあります。
日本に自生するユリの仲間(ユリ属)は13種ほど有るそうです。

(自宅近くの林のヤマユリ '09.7.23)
Yamayuri09

 

| | コメント (10)
|

2009年7月22日 (水)

モミジカラマツ

前日の雨で山道は水が流れ歩きにくい東吾妻山を登って行くと、はっとするほど真白な花が疲れを癒してくれました。モミジカラマツです。
この花もちょっと高い山に行かないと見られません。
カラマツソウの仲間では一番花が大きく真っ白で良く目立ちます。
キンポウゲの仲間なので、花びらはなく白いのは雄しべの花糸です。
カラマツソウは似たものが何種類かありますが、モミジカラマツは葉がモミジの葉のように掌状に裂けるので分りやすいです。

(モミジカラマツ '09.7.20)
Momijikaramatu1

(アップのモミジカラマツ)
Momijikaramatu2

 

| | コメント (2)
|

2009年7月21日 (火)

ゴゼンタチバナ

昨日行った山の林床にゴゼンタチバナが沢山咲いていました。おなじみの高山植物ですが、何科だと思いますか。
ミズキ科なんです。ミズキの仲間というとミズキやヤマボウシなど木ばかりが浮かびますが、めずらしいミズキ科の草です。
葉を良く見るとミズキやヤマボウシの葉に良く似ています。秋に真っ赤な実がなりますが、ハナミズキの実にそっくりです。

(ゴゼンタチバナ '09.7.20)
Gozentatibana1

和名の「御前橘」を調べてみると、御前は石川県白山の最高峰のことで、赤い実が稔るのでカラタチバナに例え「タチバナ」だそうです。

Gozentatibana2

 

| | コメント (6)
|

2009年7月20日 (月)

福島の山に(ハクサンシャクナゲ)

昨日、急に思い立ち、今朝早起きし5時半に家を出て福島県の東吾妻山に行ってきました。
8時半に浄土平に到着、駐車場のお兄さんが「昨日は台風のようなお天気でしたが、今日は良いお天気になり良かったですね」と声をかけてくれました。今年はお天気に恵まれ続けています。
まず一切経山に登り、鎌沼、姥ケ平を散策後、東吾妻山を登り、帰りには有料道路のおじさんに教わった高湯温泉で一風呂浴び、18時半には家に帰りました。

(一切経山 1949mから見下ろした五色沼)
Gosikinuma

花はそう多くはありませんでしたが、目立った花はハクサンシャクナゲ、マルバシモツケ、ミヤマリンドウ、ツマトリソウ、ゴゼンタチバナ、クロマメノキ、シラタマノキ、モミジカラマツなどでした。

(あちこちで見られたハクサンシャクナゲ)
Hakusansyakunage2

 

| | コメント (9)
|

2009年7月19日 (日)

ヒヨドリバナ

良く見られる花なのにまだ紹介してない花は結構あるようです。ヒヨドリバナもあちこちで見られますが、まだBlogに登場していなかったようです。
写真が撮りにくい花で良い写真が撮れなかったせいでしょう。
近くの山で咲き出したヒヨドリバナにアサギマダラがやってきました。思わずカメラを向けました。
アサギマダラはヒヨドリバナがお気に入りなようで良くこの花にやってきます。
アサギマダラは羽根が痛んでいましたが、ヒヨドリバナはこうして見ると咲き出しでなかなかきれいです。

名前の語源はヒヨドリが鳴く頃花が咲くからといいますが、ヒヨドリは一年中我が家の廻りで鳴いています。

(ヒヨドリバナ '09.7.14)
Hiyodoribana

 

| | コメント (6)
|

2009年7月18日 (土)

ヒメコウゾの実

山道で橙赤色のいかにもおいしそうな実が鈴なりになっていました。
クワの仲間のヒメコウゾの実です。クワの実に似ていますが、真ん丸で色はモミジイチゴの実を濃くしたような色です。
甘くておいしいですが口当たりはあまり良くありません。
別名コウゾとも呼ばれますが、カジノキとヒメコウゾの雑種にコウゾという名前がついていますので、ちょっとややこしいですね。

(ヒメコウゾ '09.7.14)
Himekouzomi

 

| | コメント (6)
|

2009年7月17日 (金)

ヤブコウジ

ヤブコウジは冬の真っ赤な実は良く写真をとりますが、花は梅雨の時期にひっそりと葉の陰で下向きに咲いているので毎年、撮り漏れてしまいます。
そういえば同じ仲間のマンリョウの花も今咲くのですが、こちらもあまり見たとがありません。
午後から近くの林でヤブコウジの花を探しましたが、探すとなるとなかなか良い花が見つかりません。

(ヤブコウジ '09.7.17)
Yabukoji091

 

| | コメント (6)
|

2009年7月16日 (木)

スカシユリ(イワトユリ)

近くの海岸のスカシユリが見頃になりました。地元の人はハマユリと呼んでおり、またイワトユリの別名もある通り海岸の砂地や岩場に生えています。
スカシユリというと園芸品種のスカシユリの総称をさすようなので自生種はイワトユリの方がすっきりするような気がします。
当県でも南の海岸では自生種が無くなり球根を植えていると言うニユースが最近ありました。
でも植えられたものは雰囲気がまったく違うんですよね。

(砂浜のスカシユリ '09.7.16)
Sukasiyuri091

(岩場のスカシユリ '09.7.16)
Sukasiyuri092_2

(砂浜奥の草むらのスカシユリ '09.7.16)
Sukasiyuri093

 

| | コメント (4)
|

2009年7月15日 (水)

ノハナショウブ

アヤメの仲間というと「いずれがアヤメかカキツバタ」と言われるようにアヤメとカキツバタが良く知られています。
しかし、水郷などでアヤメ(菖蒲)祭りと称し、植えられているものはノハナショウブの園芸種のハナショウブが多いです。
アヤメはやや乾いた草地に生えるもので、湿地に生えるのはノハナショウブかカキツバタです。
カキツバタは特に水を好み、水辺に咲いている事が多いです。また帰化植物のキショウブも湿地に野生化しています。
ノハナショブは湿地や草地に生えています。花びらの真ん中に黄色い斑紋があります。
ミズチドリと一緒にノハナショウブがまだ咲いていました。

(ノハナショウブ  '09.7.12 愛知県)
Nohanasyobu

 

| | コメント (8)
|

2009年7月14日 (火)

ミズチドリ

高原の湿地にミズチドリが涼しげに咲いていました。
チドリという名前の付くものが多いツレサギソウ属は皆似たような花を付けますが、ミズチドリは花が白いのですぐ分ります。
もう少し跡に咲く、同じ白い色のサギソウとは別の雰囲気を持ったさわやかな花です。

(ミズチドリ '09.7.12 愛知県)
Mizutidori09

この湿地にはカキランやノハナショウブも咲いていました。
Mizutidori092

 

| | コメント (8)
|

2009年7月13日 (月)

コバノフユイチゴ

冬苺というと冬(11月から1月)に実のなるフユイチゴ、ミヤマフユイチゴが知られていますが、コバノフユイチゴ(別名マルバフユイチゴ)は8月〜9月に実が真っ赤に熟します。
寒冷地を好むようで、地元の低地の山では見られません。一昨日行った長野県の標高1000mくらいの高原の山地で咲いていました。
葉っぱが丸く。緑色が濃いので、真っ白な花がさらに白く感じます。

(コバノフユイチゴ '09.7.11 長野県)
Marubahuyuitigo

Kobahuyuitigo

 

| | コメント (4)
|

2009年7月10日 (金)

ノジトラノオ

家のまわりや山道で良く見られるサクラソウの仲間のトラノオはオカトラノオです。
ノジトラノオは県内では初めて見ました。絶滅危惧種ですのでなかなか見られません。
昨年秋にある観察会の時、枯れた状態のものを見たので、花の時期に見たいと何回か通い、ようやく2本ほど咲き始めていました。
茎に淡褐色の毛が多いのが特徴です。
トラノオにはもう一つ湿地に生えるヌマトラノオがありますがこちらは花序が垂れずにまっすぐ伸びます。
ただ、これらの雑種がありややこしい事になっています。

(ノジトラノオ '09.7.10)

Nojitorano

happy01
11、12日はお休みします。

| | コメント (6)
|

オオタカネバラ

先日、タカネバラを紹介しましたが、オオタカネバラの話が出ましたので同じ日に見たオオタカネバラを載せて見ます。
比較のため、先日のタカネバラも。
左がオオタカネバラ、右がタカネバラです。
写真では花の大きさは比較できませんが、オオタカネバラは直径4〜5cm、タカネバラは3〜4cmでしょうか。
花の色はタカネバラの方が色が濃いようです。
葉にも違いがあります。
オオタカネバラは小葉が2、3対で先が尖りますが、タカネバラは小葉が3、4対で先が丸いです。
タカネバラの方は標高の高い所に咲きます。

(左 オオタカネバラ 右 タカネバラ 白馬八方 '09.7.5)
Otakanebara_3 Takanebara093_2 happy01 クリックして大きくして見て下さい。

| | コメント (6)
|

2009年7月 9日 (木)

ミヤマ・・・・

ミヤマの付く植物は百数十種もあるといいます。人里を遠く離れた山奥に生えている植物に「深山」を付けたようです。
先日のタカネバラのように「高嶺」の付いた植物は主に中部地方以北の高山帯で見られるものに多いそうです。
もう一つクモマ(雲間)の付く植物が有りますが、雲が湧き出るような環境の厳しさを現しているようです。
タカネやクモマはいかにも高山の花の感じがしますが、ミヤマはミヤマナルコユリ、ミヤマキケマンなど比較的身近な山でも見られものがあり、すべてが深山にあるとは限らないようです。

ミヤマアズマギクは蛇紋岩地域などで多く見られます。色の濃いものもありますが淡い紅紫色はきれいです。下の方では花が終わっているものが多かったですが、八方池周辺できれいなものが見られました。

(ミヤマアズマギク 白馬八方尾根 '09.7.5)
Miyamaazuma

ミヤマダイモンジソウは高山帯の岩上や岩場に生えています。
ダイモンジソウとの違いは葉の毛の有無、花びらの大の字の花弁の形に違いがあると言いますが、二つ並べて比較しないとはっきりしません。

(ミヤマダイモンジソウ
白馬八方尾根 '09.7.5)
Miyamadaimonji

| | コメント (2)
|

2009年7月 8日 (水)

タカネバラ

「高嶺の花」というとただ見るだけて手に取る事の出来ないもののたとえですが、八方尾根でタカネバラを間近でジックリ観察してきました。
この花の色はまるで園芸種のバラのように鮮やかです。
八方尾根は雪が多いので、丈が低く横に広がるそうです。
蕾が沢山ありましたので、これからが見頃のようです。

(タカネバラ 後ろの白いのは雪渓です ’09.7.5)
Takanebara091

Takanebara092

| | コメント (12)
|

2009年7月 7日 (火)

八方尾根固有種

5日は八方尾根を歩きました。
夏の混雑時期の前で比較的すいており、少し早いかなと思ったのですが、この時期ならではの花も沢山見られました。
お天気は時々薄日がさす、散策、撮影には絶好の日でした。
見られた花は50種以上で朝から晩まで居ても飽きません。

八方に名が付く八方尾根固産種を二つ紹介します。
ハッポウタカネセンブリはタカネセンブリの蛇紋岩変種だそうです。
花弁は直径1cmほどの小さい花ですがとてもきれいです。
タカネセンブリに比べると花弁、萼裂片が違います。

(ハッポウタカネセンブリ '09.7.5)
Hapotalanesenburi
次はハッポウウスユキソウです。
これも蛇紋岩地に生えるミネウスユキソウの品種です。
ウスユキソウの仲間はみな良く似ていて区別するのは難しいですね。

(ハッポウウスユキソウ '09.7.5)
Hapousuyukiso

八方と名の付いた八方尾根固有種はこのほかかハッポウアザミ、ハッポウワレモコウがありますが花はこれからです。

| | コメント (8)
|

2009年7月 6日 (月)

オオヤマレンゲ

以前から見たいと思って、毎年花時期に都合が付かず行けなかったオオヤマレンゲを見てきました。
自生地が限られ。なかなか見られない花です。
ホオノキやタイサンボクと同じモクレン科の花で、落葉樹林内に生えます。
香りが良く、白い花をうつむき加減の咲かせます。
花は咲き始めて3日くらい迄が見頃です。

オオヤマレンゲは栽培が難しく庭木として売られているものや公園などで見かけるのは朝鮮半島・中国原産のオオバオオヤマレンゲです。

(オオヤマレンゲ ’09.7.4)
Oyamarebge3_3
二日目の花です
Oyamarenge2_2

こちらは以前植物園で撮ったオオバオオヤマレンゲです。
葯の色が赤紫色です。オオヤマレンゲは葯の色が淡い黄緑色です。
Obaoyama_2


| | コメント (8)
|

2009年7月 3日 (金)

ノブドウ

ノブドウは丸い実が緑色、紫色、碧色など色とりどりに色づいた時にしかカメラを向ける事がありません。
今日、散歩中地面を這うように広がり、花を咲かせているノブドウを見つけました。もう実もなり始めています。
近づいて見ると、花もしっかり開いていました。

(ノブドウ ’09.7.3)

Nobudo1

Nobudo2

happy01
明日、明後日は出かけますのでお休みします。

| | コメント (8)
|

2009年7月 2日 (木)

コマツナギ

コマツナギがきれいに咲いていました。草のように地を這うように伸びていましたがマメ科の低木です。
最近、大きな木になるコマツナギが法面などに植えられておりますが、外来種のコマツナギのようです。
見なれた地を這うようはコマツナギの方が可愛いですね。

(コマツナギ '09.7.2)
Komatunagi09
happy01
本日ホームページに「今月の花7月」「花ルバム39」をアップしました。

| | コメント (4)
|

2009年7月 1日 (水)

ハマカキラン

ハマカキランがまだ咲いていました。
ハマカキランは黄緑色の地味な花のランですが、絶滅危惧種です。
数年前迄は市内の海岸の黒松林に群生していたのですが、市の開発計画でつぶされました。
しかも出来上がったのは芝生をはったバードゴルフ場です。
環境重視と口では言いながら自然をつぶして(しかも絶滅危惧種を)、お年寄りの遊び場をつくるとは呆れてしまいます。
情けない話ですが、隣町の海岸まで見に行ってきました。

亜高山帯の林で見られるエゾスズランの変種(海岸形)です。
カキランと同じ仲間なのですが、カキランのようなきれいな色でないので目立ちません。
それが幸いして掘られる事は少ないようです。

(ハマカキラン '09.7.1)
Hamakakiran1

Hamakakiran2


| | コメント (2)
|

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »