« ノジトラノオ | トップページ | ミズチドリ »

2009年7月13日 (月)

コバノフユイチゴ

冬苺というと冬(11月から1月)に実のなるフユイチゴ、ミヤマフユイチゴが知られていますが、コバノフユイチゴ(別名マルバフユイチゴ)は8月〜9月に実が真っ赤に熟します。
寒冷地を好むようで、地元の低地の山では見られません。一昨日行った長野県の標高1000mくらいの高原の山地で咲いていました。
葉っぱが丸く。緑色が濃いので、真っ白な花がさらに白く感じます。

(コバノフユイチゴ '09.7.11 長野県)
Marubahuyuitigo

Kobahuyuitigo

 

|
|

« ノジトラノオ | トップページ | ミズチドリ »

野の花」カテゴリの記事

コメント

信徳さん

茎柄や茎にも白い毛が生えておりきれいですが、茎には上向きの刺が有りますので要注意です。
矢張り、盆地は気温が上がりますね。関東も梅雨が明けたのでいよいよ夏本番ですね。

投稿: やまそだち | 2009年7月14日 (火) 12:54

さなえさん

コバノフユイチゴは何処でも見られるものではなさそうです。
私も近場の山では見ていません。
フユイチゴやミヤマフユイチゴと比べると葉も花もきれいです。

投稿: やまそだち | 2009年7月14日 (火) 12:51

丸い葉と柔らかそうな茎はキューイフルーツの葉を思い出させます。白い花が爽やかです。昨日は36.5度C、今日も暑くなりそうです。

投稿: 信徳 | 2009年7月14日 (火) 08:20

おはようございます。

コバノフユイチゴは見たことありません。

今花壇では、桃色のイチゴの花が咲いています。

投稿: さな・花の庵 | 2009年7月14日 (火) 07:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ノジトラノオ | トップページ | ミズチドリ »