« ノハナショウブ | トップページ | ヤブコウジ »

2009年7月16日 (木)

スカシユリ(イワトユリ)

近くの海岸のスカシユリが見頃になりました。地元の人はハマユリと呼んでおり、またイワトユリの別名もある通り海岸の砂地や岩場に生えています。
スカシユリというと園芸品種のスカシユリの総称をさすようなので自生種はイワトユリの方がすっきりするような気がします。
当県でも南の海岸では自生種が無くなり球根を植えていると言うニユースが最近ありました。
でも植えられたものは雰囲気がまったく違うんですよね。

(砂浜のスカシユリ '09.7.16)
Sukasiyuri091

(岩場のスカシユリ '09.7.16)
Sukasiyuri092_2

(砂浜奥の草むらのスカシユリ '09.7.16)
Sukasiyuri093

 

|
|

« ノハナショウブ | トップページ | ヤブコウジ »

野の花」カテゴリの記事

コメント

さなえさん

スカシユリは日本海側では新潟以北に生育しているようです。
園芸種と細かく比較した事はありません。

今週末から海岸の駐車場が海水浴用に有料になり、海水浴客が沢山きますので、海岸散策は海水浴場をさけることになります。
夕べはしばらくぶりで雨が降り、恵みの雨になりました。

投稿: やまそだち | 2009年7月17日 (金) 07:50

こんばんは。

スカシユリはこちらでは自生を見ません。
花壇にはスカシユリはありますが、園芸種です。
ぱっと見たらほとんど変わりませんが、雨風にさらされた雰囲気ですね。

私も今日は海岸に出かけてきました。
車で1時間ほどのところです。
お仲間さんは保護員で、その為の資料を今作っています。
写真係です(笑)

いくつも海岸はありますが、コオニユリとユウスゲが群生しているところがいくつもあり、素晴らしい眺めです。

花壇にも沢山の花が咲きますが、やはり自然の中で見る花は良いですね。

投稿: さな・花の庵 | 2009年7月16日 (木) 21:01

信徳さん

園芸品種のスカシユリはエゾスカシユリからつくられたもののようです。
ただし、庭などには自生のものを掘ってきたものもあるようですので、DNAでも調べないとはっきりしないかもしれません。

自生のものを見ていると園芸種は何となく。雰囲気の違いを感じます。

投稿: やまそだち | 2009年7月16日 (木) 20:20

庭にはスカシユリが植えられています。見た感じでは全く同じようですが園芸種のスカシユリと違うのでしょうか?

投稿: 信徳 | 2009年7月16日 (木) 19:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ノハナショウブ | トップページ | ヤブコウジ »