« オオヤマレンゲ | トップページ | タカネバラ »

2009年7月 7日 (火)

八方尾根固有種

5日は八方尾根を歩きました。
夏の混雑時期の前で比較的すいており、少し早いかなと思ったのですが、この時期ならではの花も沢山見られました。
お天気は時々薄日がさす、散策、撮影には絶好の日でした。
見られた花は50種以上で朝から晩まで居ても飽きません。

八方に名が付く八方尾根固産種を二つ紹介します。
ハッポウタカネセンブリはタカネセンブリの蛇紋岩変種だそうです。
花弁は直径1cmほどの小さい花ですがとてもきれいです。
タカネセンブリに比べると花弁、萼裂片が違います。

(ハッポウタカネセンブリ '09.7.5)
Hapotalanesenburi
次はハッポウウスユキソウです。
これも蛇紋岩地に生えるミネウスユキソウの品種です。
ウスユキソウの仲間はみな良く似ていて区別するのは難しいですね。

(ハッポウウスユキソウ '09.7.5)
Hapousuyukiso

八方と名の付いた八方尾根固有種はこのほかかハッポウアザミ、ハッポウワレモコウがありますが花はこれからです。

|
|

« オオヤマレンゲ | トップページ | タカネバラ »

野の花」カテゴリの記事

コメント

アライグマさん

花が小さく草むらなどにあるので、なかなか良いバックのものは見つかりません。
観察するのは道ばたにあるので良く見えるのですが、写真を撮るのは厄介ですね。

投稿: やまそだち | 2009年7月 8日 (水) 09:33

さとさん

ありがとうございます。
これからも、身近な植物を撮って行きたいと思います。

一週間前ですとユキワリソウやシラベアオイ、オオサクラソウがきれいだったのではないでしょうか。
唐松岳の途中の丸山ケルンまで行くとまた違った花が見られますね。
ハッポウタカネセンブリも咲きはじめていたと思います。
小さな花ですが一つ見つけると次々目に入ります。

投稿: やまそだち | 2009年7月 8日 (水) 09:31

ハッポウタカネセンブリ、17インチディスプレーでほぼ実物大で写ってますね。
σ(^^;)も八方尾根を歩いたときに小さいので見落としそうだったけど、あの鮮烈な青で見落とさずにすんでいます。
(^▽^*)

投稿: アライグマ | 2009年7月 7日 (火) 23:22

こんばんは。
遅くなりましたが、コンテスト受賞おめでとうございますね。notenote
柔らかい雰囲気の写真で素敵でした。heart01

ハッポウタカネセンブリは4年前に唐松岳にピストンした時に初めて見た花で、可愛い印象深い花でお気に入りです。tulip
やまそだちさんが行かれた一週間くらい前に池まで行ったのですが、まだ見当たらなかったですね。sad
見落としていたかもしれないですけど・・・。sweat01

投稿: さと | 2009年7月 7日 (火) 22:20

さなえさん

品種レベルはアマチュアには同定が難しいですね。
それに最近は妙に細かく分けるので余計大変です。

投稿: やまそだち | 2009年7月 7日 (火) 22:12

信徳さんさん

八方はスキー客も昔ほどは多くないようです。(どこのスキー場も同じようですが)
夏の八方尾根はとにかく花の種類が多いです。

投稿: やまそだち | 2009年7月 7日 (火) 22:11

こんばんは。

固有種のお花いずれも見たことはありませんが、綺麗なものですね。

こちらにも花冠に地方名がつくヤマアジサイが8種ほどあるようで、調べたいのですが、なかなかです。

投稿: さな・花の庵 | 2009年7月 7日 (火) 20:56

ハッポウタカネセンブリ、ハッポウウスユキソウ、共に清楚な花です。八方尾根はスキーでは何度も行っていますがそれ以外の時期には訪れたことが有りません。

投稿: 信徳 | 2009年7月 7日 (火) 20:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オオヤマレンゲ | トップページ | タカネバラ »