« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月31日 (月)

ヒメシロネ

今日は台風の影響で朝から雨と風で家にこもっています。
雨を見越して、昨日、大根の種を播いておきました。

ヒメシロネは8月〜10月の休耕田や湿地では良く目にします。
花が白色で5mmと小さいので目立ちません。
シロネの仲間にはシロネ、エゾシロネ、コシロネなどがありますが、ヒメシロネは葉が細いので見分けられます。

(ヒメシロネ '09.8.29)
Himesirone3

花のアップです。
Himesirone2

 

| | コメント (4)
|

2009年8月30日 (日)

オタカラコウ

夕方から一ヶ月ぶりの恵みの雨が降り出しましたが、少しくらいの雨ではカラカラの畑のおしめりにはなりません。

昨日、昨年一面にオタカラコウが咲いていたという場所に行ってきました。
残念ながら、そう毎年は良い状態が見られないですね。
でも見頃な株が幾つか見られました。流れの脇の湿地ですので長靴が無いと撮影は無理です。

「宝香」とは防虫剤にされる竜脳香の事だそうで、根の香りがそれに似ているので付けられた名前との事です。
図鑑では深山の湿地に生えるとなっていますが、この辺ではそんな山奥に行かなくても見られます。
メタカラコウは舌状花が1〜3枚と少なくやさしい感じがしますが、オタカラコウは舌状花が5〜9個ありしっかりした花です。

(オタカラコウ 雄宝香 '08.9.29)
Otakarako1

 

| | コメント (2)
|

2009年8月29日 (土)

カリガネソウ

先日、知りあいのBlogにカリガネソウが紹介されているのを見て、こちらのものも見頃かと出かけてみました。
実になっているのものありましたが、蕾もありまあまあの状態でした。
葛が繁る薮の中から枝を伸び出していました。
花はきれいなのですが,強い臭気があります。
北海道から九州迄分布していますが、こちらでは見かける機会は少ない花です。

(カリガネソウ 雁草 '09.8.28)
Kariganeso2

花の花冠から上方に雄しべと雌しべの花柱が弓なりに飛び出ており、この姿を雁に例えてカリガネソウと名付けられました。

Kariganeso1

 

| | コメント (12)
|

2009年8月28日 (金)

サネカズラ

サネカズラ(ビナンカズラ)は秋になると丸い真っ赤な実を付けるので良く目立ち写真も良く撮るのですが,花は目立たないので見過ごしてしまいます。
数年前からこの時期になると気をつけていたのですがようやく花の写真が撮れました。
何回か通ったのですが、もう実になっているものや蕾は多いのに花はなかなか見つかりません。どうやら花はポツリポツリと咲き1、2日で終わってしまうようです。
雌雄別株または同株となっていますが、蔓が絡んでおり別株か同株確認出来ませんでした。
雌花は見つかるのですが雄花がなかなか見つかりません、雄花の方が少ないようです。

(サネカズラ '09.8.25)
Binan1

(サネカズラ雌花 '09.8.25)
Binan2

(サネカズラ雄花 '09.8.21)
Binan3

 

| | コメント (4)
|

2009年8月27日 (木)

シシウド

夏の高原で大きなセリ科の花というとシシウドでしょうか。背丈を超える姿は獅子の名にふさわしい偉容を誇ります。
青空をバックに撮りたいと思いながらなかなか良いチャッンスがありません。
八ヶ岳をバックに撮って見ました。
セリ科は名前の同定が難しく、花があまり目だたない、上手く撮れないなどで撮る機会が少ない花です。

(シシウド '09.8.23 入笠山)
Sisiudo

 

| | コメント (4)
|

2009年8月26日 (水)

ハクサンフウロ

各地の高山や亜高山で見られるフウロソウには何種類かありますが、日本特産種のハクサンフウロが一番皆に知られているのではないでしょうか。
中部地方以北に分布しています。
花は最盛期を過ぎていましたが、淡紅色から少し濃い色のものが一緒に咲いているのが目に入りました。

里の方では同じ仲間のゲンノショウコも咲き始めました。

(ハクサンフウロ '09.8.23 入笠山)
Hakusanhuro

 

| | コメント (4)
|

2009年8月25日 (火)

ホソバトリカブト

トリカブトは花の形はみな同じで、葉の形も良く似ています。
地域ごとに色々の種類があり、アマチュアには名前の同定は難しい植物です。地元のガイドブックから名前を知る事が多いです。
きちんと同定するには花柄の毛、葉の切れ込み、雄しべなどを観察しておく必要があります。

(ホソバトリカブト '09.8.23 入笠山)
Hosobatorikabuto
林の中で涼しげに沢山咲いていました。何時見ても良い色です。

| | コメント (6)
|

2009年8月24日 (月)

ハナイカリ

23日は地元サークルの観察会で長野県の入笠山に行ってきました。
お天気に恵まれ頂上からは八ヶ岳、富士山、中央アルプス、乗鞍、北アルプスと360度の展望を楽しみ、湿原、登山道では沢山の花達を観察出来ました。

ハナイカリが最盛期でいたるとこで見られました。花が船の錨のような形をしていることから付けられ名前です。
錨のように見える部分は鋸でここに蜜をためるそうです。
花の色が緑色を帯びた淡黄色なのであまり目立ちませんが、変わった花なので楽しめます。

(ハナイカリ リンドウ科 '09.8.23)
Hanaikari

Hanaikari2

 

| | コメント (6)
|

2009年8月22日 (土)

オオヒナノウスツボ

オオヒナノウスツボ 2009.8.22

日当りのよい草地などで見かけますが、地味な花なので見逃してしまうことも多い花です。暗紫いろの小さな花を付けますが、あっちを向いたりこっちを向いたりで写真が撮りにくい花です。
名前は壺形の花からつけらたようです。ヒナノウスツボの方はまだお目にかかっていません。

(オオヒナノウスツボ  ゴマノハグサ科 '09.8.17)
Ohinanousutubo

こうしてみると愛嬌のある花です。
Ohinanousutubo2

happy01
明日は観察会で長野県に出かけますのでお休みです。

| | コメント (6)
|

2009年8月21日 (金)

コオニユリ

コニユリは山地草原や湿地の夏の代表的花ですが、まだ未登場だったようです。北海道から九州まで生育しています。
色が橙赤色でちょっと暑苦しい感じがしますが、草原で見ると草原の緑と良くマッチして派手には見えません。何故かヤマユリのような香りはありません。

同じコオニユリを撮っても空模様やバックによりかなり印象が違うものになります。

一枚目は今にも雨が降り出しそうな空模様の中、草むらをバックに撮ったものです。優しい感じのユリの花になりました。

(コオニユリ '09.8.11 熊本県)
Kooniyuri1

二枚目は夏の青空をバックに撮ったもので、強い光線を受け、夏の草原らしいものになりました。

(コオニユリ '09.8.17 群馬県)

Kooniyuri

 

| | コメント (4)
|

2009年8月20日 (木)

キキョウ

17日、所用で群馬に出かけた時、一時間ほど榛名高原を散策してきました。午前中でしたがユウスゲも沢山咲き残っていました。
マツムシソウ、オミナエシ、コウリンカ、バアソブ、サワヒヨドリ、コオニユリ、シラヤマギクなどが見られました。
キキョウがぽつりぽつりとあちこちに咲いていました。
秋の七草の中でフジバカマは自生のものはなかなか見られなくなりましたが、キキョウも自生のものはだんだん減ってきています。
ススキの中に咲くキキョウの姿はいつまでも残って欲しいです。

(キキョウ '09.8.17)
Kikyo092

 

| | コメント (4)
|

2009年8月19日 (水)

ツルフジバカマ

散歩道の薮でツルフジバカマがきれいに咲いていました。
毎年写真は撮っているのですが、まだ紹介していなかったようです。
紅紫色の花でもう少し濃い色のものが多いのですが、少し薄めの色の花を撮って見ました。
早朝だったので花が生き生きしています。花の撮影はやはり午前中の早い時間が一番きれいに撮れます。
この花は9月初め迄楽しめます。

(ツルフジバカマ マメ科ソラマメ属 '09.8.16)
Turuhujibakama

 

| | コメント (4)
|

2009年8月17日 (月)

九州で見た花(コウライトモエソウ)

最後の日(12日)は予報は雨、朝起きると曇ってはいるが何とか一日は持ちそうな空模様。朝食前に近くの草原でヒゴタイ、サイヨウシャジン、ヤマトラノオ、ヒメノダケ、ミシマサイコ、アソノコギリソウ、スズサイコなどを観察。
朝食後今日の観察地に着くと雨模様、傘をさしコンデジを持って山道を観察、そこで思いがけず見られたコウライトモエソウです。(直前ビジターセンターで映像鑑賞に出てきた花)

(コウライトモエソウ '09.8.12 大分県)
Koraitomoeso
トモエソウより花がかなり大きくオオトモエソウと呼ばれています。九州山地のみに生育しています。朝鮮、中国東北部に多いそうです。

Kouraitomoeso2
コンパクトデジカメなので画像が今一で申し訳ありません。

happy01
これから19日まで群馬に出かけます。18日はお休みします

| | コメント (4)
|

2009年8月16日 (日)

九州で見た花(ヤツシロソウ)

今回はこの花も見られるかもしれないと楽しみにしていた花の一つです。
図鑑でしか見ていませんでしたので、実物を見て想像以上のきれいな花に感激ひとしおでした。
園芸種にも負けない見事な花でした。
昨年は牧場に沢山咲いていたそうですが、今年は馬に食べられてしまっていました。
キキョウ科の花で、阿蘇ではこの花をナツギキョウと呼び、お盆にはお供え用に使用するそうです。
この草原ではノヒメユリ、ホソバオグルマ、ホソバトラノオなどもみられました。

(ヤツシロソウ キキョウ科 '09.8.11 熊本県)
Yatusiroso2

Yatusiroso3

 

| | コメント (11)
|

2009年8月15日 (土)

九州で見た花(ノヒメユリ)

日本に自生するユリの仲間(ユリ属)は13種ほど有るそうですが、花が大きく豪華なものが多いですが、そんな中でヒメユリ、ノヒメユリは小さな可憐な花です。
ヒメユリは上向きに咲きますが、ノヒメユリは下向きに咲きます。
山地草原に咲くノヒメユリはユリの仲間でもっとも小さく、ひかえめな可愛い花です。
花びらは強く反り返り、雄しべは開かず垂れ下がります。
四国、九州、沖縄に分布しています。
ヒメユリの方が花期が早く、今回はヒメユリは見られませんでした。

(ノヒメユリ '09.8.11 熊本県)
Nohimeyuri

 

| | コメント (6)
|

2009年8月14日 (金)

九州で見た花(ヒゴタイ)

8日〜13日、九州の花の観察に行ってきました。
往復とも高速バスを使いましたので長〜い長〜いバスの移動でした。
台風等の影響で、時々雨には降られましたが、楽しい観察会でした。
九州は5度目ですが、この時期は初めてです。見られた花達を紹介します。

まずは今回のお目当てのヒゴタイです。
(ヒゴタイ '09.8.11 熊本県) つぼみ
Higotrai1
キク科の植物で山地草原に生育し、ブルー(瑠璃色)の球状の花序の花を咲かせます。
つぼみのうちは小さな花序ですが、花が咲くと5cmくらいの大きな玉になりますので遠くからも目立ちます。

(ヒゴタイ '09.8.12 大分県)咲き始め、早朝の気持ちのよい草原。
Higotai5

熊本県、大分県、愛知県、岐阜県、鳥取県、広島県、山口県などで見られるそうですが、生育環境が悪くなり自生のものは少なくなっているようです。
盆花として使うので刈り取られるものも多いようです。
九州でも自生のものは減ってきていますが、今回は現地に詳しい方の案内でしたので何カ所かで、自生のものを見られました。

Higotai4

 

| | コメント (12)
|

2009年8月 8日 (土)

コガンピ

今年は花が早いのでちょっと遅いかなと思いながら、昨日、コガンピを見に近くの山道に散歩に出ました。
コガンピは咲き初めで例年並みのようです。タチフウロ、クサギ、イブキボウフウなどが咲いていました。
シロヨメナ、ユウガギクも咲き始めており矢張り今年は秋の花も早いようです。

(コガンピ '09.8.8)
Koganpi091

紙の原料のガンピの仲間(ジンチョウゲ科ガンピ属)ですが、樹皮がもろく製紙原料にならないそうでで、イヌガンピという別名が付いています。
関東以西に分布で当地(茨城県日立市)が北限のようです。

Koganpi092

アップで見ると上品な色の花です。
happy01
今晩から九州に出かけます。帰宅は13日です。それまでお休みします。

| | コメント (4)
|

2009年8月 7日 (金)

キンミズヒキ

山道でキンミズヒキが目立つようになりました。
ミズヒキの名前が付いていますが、ミズヒキ(タデ科)の仲間ではなくバラ科のダイコンソウの仲間です。
植物の名前では花の色が黄色の濃いものを黄金色に見立てて頭に「金」を付けるものが多いです。
ミズヒキの方の名は花の付き方をミズヒキに例えたそうですが、私にはあまり似ているようには思えません。
背丈の低い小形のヒメキンミズヒキというものもあります。(雄しべの数がキンミズヒキより少ないです)

(キンミズヒキ 金水引 '09.8.7)
Kinmizuhiki09

 

| | コメント (4)
|

2009年8月 6日 (木)

ネコノシタ

ネコノシタも海岸の砂地に生える植物です。
一昨年は、近くの海岸で結構な数の株が見られたのですが、昨年すっかり整備されなくなってしまいました。昨年の秋に家から車で40分ほどの離れた砂浜で沢山の株を見つけ、今年は花の時期を待って行って見ました。
かなりの株がありました。ネコノシタは花期が長いのでしばらく楽しめそうです。

(ネコノシタ '09.8.3)
Nekonosita091

別名ハマグルマ(浜車)と呼ばれ花を車輪に見立てたものです。
ネコノシタ(猫の舌)の方は葉がざらつき、その感じが猫の舌ににているために付いた名前です。

Nekonosita092

 

| | コメント (4)
|

2009年8月 5日 (水)

ハマゴウ

夏の砂浜ではハマゴウは欠かせない花です。こちらの海岸では8月から9月まで見られます。砂浜に車が入ったり砂の移動が無くなると消えてしますようです。
家から車で5分ほどの海岸の砂浜で咲き始めていました。ここは海水浴場でないので海水浴客がいないのでゆっくりと散策出来ます。数年前からサーファーが来るようになりましたが人数は少ないです。
ハマゴウは淡い青紫色の花を咲かせますが、ここにはピンクのものが見られます。
花が次々と咲き、落ちるのが早いので、花数の多いものはななか見つかりません。

(ハマゴウ '09.8.5 少しピンクぽい)
Hamago091

Hamago092
これが一番良く見られる淡い青紫色のもの

Hamago093
ピンクの濃いもの
先日、ある人のホームページで白い花を見ましたが、私はまだ白は見た事がありません。

| | コメント (12)
|

2009年8月 4日 (火)

コバギボウシ

この辺で今見られるギボウシはオオバギボウシとコバギボウシです。
オオバとコバはありますが、ただのキボウシはありません。
植物観察を初めた頃、ギボウシの蕾を見たとき何の花か分りませんでした。
この蕾の状態を橋の欄干の上に帽子のようについている擬宝珠(ぎぼし)に似ているからついた名前と聞きなるほどと納得しました。

(コバギボウシ '09.8.2)
Kobagibousi091

オオバギボウシの花は白っぽいものが多いですが、コバギボウシの方は色が紫色で目立ちます。

(咲き始めのオオバギボウシ '09.7.30)
Obagibosi091_2

名前のとおり葉は大きく、大きな花を沢山付けます。

| | コメント (4)
|

2009年8月 2日 (日)

ネムノキ

ネムノキは大木が多く、なかなか写真が撮れないのですが、丁度目の前で見られる木がありました。

ほんわかとした薄紅色の花は心が落ち着く花です。
英名ではシルク・ツリーというそうですが、確かにピンクの絹糸の集まりように見えます。このピンクの絹糸のような花は雄しべです。
花からはマメ科とは思えませんが実がなると納得出来ます。

(ネムノキ '09.8.2)
Nemunoki09

 

| | コメント (11)
|

2009年8月 1日 (土)

オモダカ

今朝は久しぶりの青空、田んぼ道を散歩しました。空は秋ようなの雲が流れ気温も上がらず涼しいです。
田んぼの花達も今年は早々と咲いています。例年8月末から9月に撮っているオモダカも満開です。近くではミゾカクシも咲いていました。

(オモダカ 面高 '09.8.1)
Omodaka09

右手前にやじり形に見えるのが葉です。この形が人の顔のように見えるので付いた名前です。この形は家紋などにも使われています。
沢潟(おもだか)は日本十大紋の一つだそうです。
農家の人にとっては水田雑草ですが、可愛い花です。
Omodaka092

茎の上の方の節ごとに白い花が3個ずつ輪生します。黄色いのは雄しべで雄花です。雌花は下の方に付き雌しべは緑色です。
happy01
本日、ホームページに「今月の花8月」「花ルバム(40)」をアップしました。右サイドバーの「やまそだちHP」をクリックして見て下さい。

| | コメント (4)
|

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »