« オオヒナノウスツボ | トップページ | ホソバトリカブト »

2009年8月24日 (月)

ハナイカリ

23日は地元サークルの観察会で長野県の入笠山に行ってきました。
お天気に恵まれ頂上からは八ヶ岳、富士山、中央アルプス、乗鞍、北アルプスと360度の展望を楽しみ、湿原、登山道では沢山の花達を観察出来ました。

ハナイカリが最盛期でいたるとこで見られました。花が船の錨のような形をしていることから付けられ名前です。
錨のように見える部分は鋸でここに蜜をためるそうです。
花の色が緑色を帯びた淡黄色なのであまり目立ちませんが、変わった花なので楽しめます。

(ハナイカリ リンドウ科 '09.8.23)
Hanaikari

Hanaikari2

 

|
|

« オオヒナノウスツボ | トップページ | ホソバトリカブト »

野の花」カテゴリの記事

コメント

yuukoさん

葉っぱを見るとリンドウ科も納得出来ますね。
花も鋸がなければ分りやすいんですが・・・

近場にはないんですね。こちらでもちょっと出かけないと見られません。

投稿: やまそだち | 2009年8月26日 (水) 07:42

リンドウの仲間ですか
10年位前に一度 然別湖畔で見たのですがカメラも持っていなかったので今思えば残念です
遠いのでなかなか行く気になれずにおります

投稿: yuuko | 2009年8月25日 (火) 21:23

信徳さん

鋸があるので、リンドウの仲間とは見えませんね。

投稿: やまそだち | 2009年8月25日 (火) 17:57

さなえさん

ハナイカリはそう珍しい花ではないのですが、いざ見るとなると何処にでもある訳ではないですね。
見られると良いですね。

投稿: やまそだち | 2009年8月25日 (火) 17:54

面白い形をした花ですね。トンボソウに似た感じがします。

投稿: 信徳 | 2009年8月25日 (火) 11:01

こんばんは。

観察会は良い旅で良かったでしたね。

ハナイカリはまだ見ぬ花で見たい花の一つです。

メールしております。

投稿: さな・花の庵 | 2009年8月24日 (月) 19:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オオヒナノウスツボ | トップページ | ホソバトリカブト »