« ネコノシタ | トップページ | コガンピ »

2009年8月 7日 (金)

キンミズヒキ

山道でキンミズヒキが目立つようになりました。
ミズヒキの名前が付いていますが、ミズヒキ(タデ科)の仲間ではなくバラ科のダイコンソウの仲間です。
植物の名前では花の色が黄色の濃いものを黄金色に見立てて頭に「金」を付けるものが多いです。
ミズヒキの方の名は花の付き方をミズヒキに例えたそうですが、私にはあまり似ているようには思えません。
背丈の低い小形のヒメキンミズヒキというものもあります。(雄しべの数がキンミズヒキより少ないです)

(キンミズヒキ 金水引 '09.8.7)
Kinmizuhiki09

 

|
|

« ネコノシタ | トップページ | コガンピ »

野の花」カテゴリの記事

コメント

みかんさん

何時もありがとうございます。
キンミズヒキがキンミズヒキとオオキンミズヒキに分けられたのですか。
分類も次々と変わって行きますね。
今度良く観察してみます。

投稿: やまそだち | 2009年8月 8日 (土) 14:35

最近、日本のキンミズヒキは4種類に分けられるようになりました。
キンミズヒキ、オオキンミズヒキ、ヒメキンミズヒキ、チョウセンキンミズヒキです。

その点から考察すると、画像のものは茎に長毛が多いオオキンミズヒキのようです。以前はオオキンミズヒキもキンミズヒキも同じに考えられていました。

投稿: みかん | 2009年8月 8日 (土) 12:27

信徳さん

こちらでは道ばたや草むらでも良く見られます。
繁殖力が旺盛ですので増えているようです。

投稿: やまそだち | 2009年8月 8日 (土) 07:51

そこいらの道端では見られませんね。山道に行かないと・・・汚れもない綺麗なキンミズヒキですね。

投稿: 信徳 | 2009年8月 7日 (金) 20:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ネコノシタ | トップページ | コガンピ »