« ハマゴウ | トップページ | キンミズヒキ »

2009年8月 6日 (木)

ネコノシタ

ネコノシタも海岸の砂地に生える植物です。
一昨年は、近くの海岸で結構な数の株が見られたのですが、昨年すっかり整備されなくなってしまいました。昨年の秋に家から車で40分ほどの離れた砂浜で沢山の株を見つけ、今年は花の時期を待って行って見ました。
かなりの株がありました。ネコノシタは花期が長いのでしばらく楽しめそうです。

(ネコノシタ '09.8.3)
Nekonosita091

別名ハマグルマ(浜車)と呼ばれ花を車輪に見立てたものです。
ネコノシタ(猫の舌)の方は葉がざらつき、その感じが猫の舌ににているために付いた名前です。

Nekonosita092

 

|
|

« ハマゴウ | トップページ | キンミズヒキ »

野の花」カテゴリの記事

コメント

hanaさん

海岸植物はやはり浜が付くものが多いです。
ハマニガナ、ハマゼリ。ハマボウフウなども咲いています。

投稿: やまそだち | 2009年8月 7日 (金) 19:02

さなえさん

こちらは海水浴場にはネコノシタもハマゴウもあまり見られません。
ネコノシタは消えてしまう事が多いので毎年新しい場所を探しています。

投稿: やまそだち | 2009年8月 7日 (金) 18:55

ネコノシタも海辺に行かないと見られない花なのですね。
写真で見るかぎりでは別名のハマグルマの名前に納得です。
葉のざらつきも確かめてみたくなりました^^

↓ありがとうございます!
もしチャンスがありましたら、よろしくお願いいたします。
実現するといいな♪

投稿: hana | 2009年8月 7日 (金) 10:06

こんばんは。

私も今日はネコノシタ、ハマゴウを見てきましたよ。
ただし海水浴場でです。

投稿: さなえ(花の庵) | 2009年8月 6日 (木) 21:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハマゴウ | トップページ | キンミズヒキ »