« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月31日 (土)

マムシグサ

細い山道を抜けた所で昼食をとろうと車を降りると林縁に真っ赤なマムシグサの実がお出迎えしてくれた。
まずは、近くの土手で昼食を食べ、一休み後カメラを向けました。
都合良く、光が差し込み赤い実が鮮やかに光っていました。
暗い林の中で見ると,ちょっとドキッとしますが、見事な果実です。
茎(偽茎)のマムシ模様もなんとか見えますね。

(マムシググサの果実 '09.10.30)

Mamusigusami09

| | コメント (4)
|

2009年10月30日 (金)

ヌルデ

ヌルデ 2009.10.30

こちらの里山や低山も少しづつ色付いててきました。最初色ずくのがヤマウルシとヌルデです。久しぶりで山道(すれ違いもできない山道)をドライブしたら、真っ赤に染まったヌルデがあちこちで見られました。
子供の頃、ヤマウルシによくかぶれたので同じ仲間のヌルデも何となく近寄りたくないヌルデですが・・・・・・
全国的に分布し、材は器具材や護摩木に、樹皮は染料、果実はロウの材料、葉につく虫えいは薬用や染料と有用な木のようです。

(ヌルデ '09.10.30)

Nurude09

ヤマウルシに似ていますが、葉の形も違います、一番分かりやすい違いはヌルデは葉軸に翼があります

Nurude092

| | コメント (10)
|

2009年10月29日 (木)

リンドウ

昨日、昨年と同じ場所にリンドウを見に行ってきました。帰って調べたら日にちも同じ28日でした。
昨年同様、花つきのよいリンドウが草むらに沢山咲いていました。花の時期も昨年と変わらないようです。
何時も同じような写真になってしまうので、今回は木漏れ日を浴びたブーケのような株をアップで撮ってみました。

(リンドウ '09.10.28)

Rindo09
こちらは草むらにひっそりと咲いていた株です
Rindo092

| | コメント (6)
|

2009年10月28日 (水)

ヤマコウバシの実

木の実も黒色のものはあまり見られる事も紹介されることも少ないようですです。
ヤマコウバシは葉が枯れても春まで落ちないので、他の木がみな葉を落としている真冬の林でよく目立ちます。
まだ緑色の葉ですが、これから黄色から茶色に変わって行く落葉低木です。
カシワなども春まで枯れ葉が残っていますが、冬の林で枯れた葉をしっかりつけている木を見たらヤマコウバシを頭に浮かべてみてください。

(ヤマコウバシの実  09.10.27)
Yamakobasi

| | コメント (2)
|

2009年10月27日 (火)

クルマアザミ

山道を散策したら、昨日の雨風で咲き始めたキッコウハグマがすっかり倒れていました。花もきれいに開いていませんでした。

ちょっと変わったノハラアザミが咲いていました。
総苞片の一部が葉状に変化したもので、総苞片が放射上につく様子から、車を連想し、クルマアザミと言う和名が着いているようです。
図鑑には載っていませんがノハラアザミの変種か品種のようで、ノハラアザミの変わり者と言ったところです。

(クルマアザミ '09.10.27)
Kurumaazami_2
普通のノハラアザミの花
Noharaazami09_2

| | コメント (4)
|

2009年10月26日 (月)

ヒンジガヤツリ(品字蚊帳吊)

今日は朝から雨、午後になり雨脚が強くなり風もふきだし、これでは散歩にも出られません。家にこもり写真整理の日になりました。
そんなわけで、今日のBlogは先日撮ったヒンジカヤツリです。
丸っこい小穂が3個集まり、その形が「品」の字に似ているので付けられ名前です。
花の形をからつけられた名前は色々ありますが、字に例えたものとしてはダイモンジソウ(大文字草)、ジンジソウ(人字草)があります。

(ヒンジカヤツリ '09.10.17)
Hingigayaturi

| | コメント (4)
|

2009年10月25日 (日)

サワアザミ(沢薊)

今日は月一回の観察会で福島県の太平洋側にある真野川渓谷に行ってきました。残念ながら紅葉は少し始まったところでした。
サワアザミが何本かまだ花がなんとか見られました。
サワアザミは東北地方から中部地方の日本海側に生育し、地元では見られません。
名前通り山の渓流近くに生え、高さ1、2メートルと大型で、花も大きく見応えのあるアザミです。しばらくぶりで見ました。

(サワアザミ '09.10.25 福島県)
Swaazami
Sawaazami2

| | コメント (6)
|

2009年10月24日 (土)

ツワブキ

この時期、こちらの海岸で見られる花といえばハマギクとツワブキです。
暖地の海岸に自生しますが、太平洋側では当地から少し南の福島県南部が北限のようです。
この辺の海岸道路で車を走らせていると群生しているのが見られます。
海岸のものを見慣れているせいか、庭に植えられているのを見かけると何となく場違いなように感じます。

(ツワブキ '09.10.21)
Tuwabuki09

| | コメント (4)
|

2009年10月23日 (金)

タマガヤツリ(玉蚊帳吊)

田んぼの中の散歩道の花が少なくなってくると、普段目にとまらない植物が目に入るようになります。
秋の光を受けて光っているカヤツリグサの実が目に止まりました。ヒメクグかと近寄ってみると、ちょっと違うようでタマガヤツリのようです。
アングルファイダーを付け、逆光で下からのぞいて見ました。
滅多に撮らないカヤツリグサですが、平等に扱ってやらないといけませんね。

(タマガヤツリ '09.10.22)

Tamagayaturi

| | コメント (4)
|

2009年10月22日 (木)

イヌタデ

田んぼ道の花もだいぶ少なくなってきました。それでもユウガギク、アキノノゲシ、ノコンギク、キツネノマゴなどはまだまだ咲いています。
また、ホトケノザ、オオイヌノフグリ、オオジシバリなど春の花もこの頃になると咲き出します。
田んぼの土手一面にあかまんま(イヌタデ)が咲いていました。一番よく見られるタデなのにBlogには初登場です。写真は撮っているつもりでしたが、調べてみると写真を撮るのも3年ぶりです。

(イヌタデ '09.10.22)
Inutade091
刺身のつまにするヤナギタデは葉に辛みがありホンタデと呼ばれますが、イヌタデは葉に辛みがないので、これに対する名前です。

| | コメント (6)
|

2009年10月21日 (水)

コハマギク

今年は花が早いので気になっていたハマギク・コハマギクの様子を見に行ってきました。
やはり花は早くコハマギクが満開状態、ハマギクも満開でした。
通常はコハマギクはハマギクより一週間くらい遅れて咲き出すのですが、今年は一斉に咲いてしまったようで、異常現象でしょうか。

(コハマギク '09.10.21 日立市北部海岸)
Kohamagiku093
ハマギクとコハマギクは花の大きさや葉の形、生えている場所もちょっと違いますので実物を見るとすぐ区別がつきます。

Kohamagiku094

| | コメント (6)
|

2009年10月20日 (火)

イヌセンブリ

こちらの山ではセンブリがあちこちで咲き出しています。
センブリは日当りの良い草むらや山道で見られますが、イヌセンブリは日当り良い湿地に生えています。
9年に前に一度だけ見たことがありますが、その後見る機会がありませんでした。
センブリとの違いはと言われると花びらの基の毛が長いことと、葉がセンブリのように苦くない事でしょうか。
苦味が少なく「薬用として利用ができないセンブリ」という意味でイヌの名がつけられています。

(イヌセンブリ '09.10.20)

Inusenburi1
写真ではセンブリとの違いが分かりにくいですが、実物を見ると明らかにセンブリとは違う事が分かります。
Inusenburi2

| | コメント (4)
|

2009年10月19日 (月)

キセルアザミ

湿地に生えるアザミです。花が横向きから下向きに咲き、その様子を煙草を吸うキセルに見立て、キセルアザミの名がつきました。
キセル(煙管)は今では滅多に見かけませんので若い人は見たことがないかもしれませんね。

別名マアザミと呼ばれますが、こちらは若い葉を食用にすることから真のアザミという意味だそうです。

(キセルアザミ '09.10.17)ちょっとピンが甘く申し訳ありません。
Kiseruazami

| | コメント (6)
|

2009年10月18日 (日)

初秋の里風景

昨日は植物写真かいがりさんの「植物写真ワークショップ」に参加してきました。
ファインダーを覗かせてもらい、バックの選び方、光線の選び方など色々と教えて頂きながら、快適な秋の西会津の里を歩いてきました。
なかなか思うようなものは撮れませんでしたが、少しだけいつもとは違った雰囲気のものが撮れたような気がします。

(ススキなびく初秋の里  '09.10.17)
Aki_2

 

| | コメント (6)
|

2009年10月16日 (金)

カラスウリの実

昨日友人が「今年はカラスウリの実の付きが悪い」と言っていたので、気になり、散歩中に薮を何カ所かのぞいて見ました。
あちこちに沢山の実がぶら下がっており、もう、すっかり赤くなっています。
毎年、赤くなった実を撮影しているのは11月か12月です。今年はだいぶ早いですね。
でもさすがに緑の葉っぱが沢山ついています。

(カラスウリの実 '09.10.15)
Karasuurimi092

パソコンの修理が終わり昨日届きました。12日にピックアップしてもらいましたので3日で帰ってきたことになります。

 

| | コメント (16)
|

2009年10月14日 (水)

センブり

久しぶりで山道の散策です。キッコウハグマ、センブリが見頃になってきました。リンドウ、リュウノウギクも咲き始めていました。

センブリの仲間(センブリ属)も色々ありますが、美しい花が多いです。

ムラサキセンブリ、タカネセンブリ、アケボノソウ、ミヤマケボノソウなど皆、美しい花です。

センブリ属の中では、一番身近で見られるのがセンブリです。そのセンブリも以前に比べると少なくなっているようです。

日当たりの良い里山の草地に生えますので、山の手入れがされなくなったのが大きな要因でしょうか。

(センブリ ’09.10.14

Senburi3734_3

| | コメント (8)
|

2009年10月13日 (火)

エンシュウハグマ

今回の愛知県での観察のお目当ての一つはエンシュウハグマです。以前に一度見ていますが花期を過ぎており、花の良い時期に見たいと思っていました。

愛知県は台風が直撃だったので花が見られないかと心配しましたが、きれいな花が見られました。

エンシュウハグマは静岡県から愛知県に分布しています。

キッコウハグマやオクモミジハグマと同じ仲間ですので花もそっくりですが、花が大きく、花つきが良いので、エンシュウハグマが一番豪華に見えます。

(エンシュウハグマ ’09.10.10 

Ensyuhaguma3653

| | コメント (6)
|

2009年10月12日 (月)

イズコゴメグサ

愛用のMacがおかしくなり今日ピックアップしてもらいました。修理は早くて1週間はかかるでしょうね。

Blogを書かないと何と無く落ち着かないので、女房が使っているWindowsのパソコンで試しにアップしてみました。このパソコンでのBlogアップは初めて画像がどうなっているか心配です。

1011日と愛知県に観察に行ってきました。12日に静岡県で見られたイズコゴメグサです。

ミヤマコゴメグサの変種ですが、変種が8種ほどあり、みな良く似ていて私には違いがよく分かりません。

先日の台風でだいぶ倒されていましたが、沢山咲いていました。

(イズコゴメグサ ’09.10.11

Izukogome0337

| | コメント (12)
|

2009年10月 9日 (金)

しばらくお休みです

パソコンが故障してしまいました。
しばらく、お休みします。

| | コメント (6)
|

2009年10月 8日 (木)

ニシキソウとコニシキソウ

ニシキソウとコニシキソウ、どちらも良く似た道ばたや畑で見られる草ですが、ニシキソウは在来種、コニシキソウは北アメリカ原産の帰化植物です。
最近は在来種のニシキソウはなかなか見られなくなりました。見かけるのはコニシキソウばかりです。
子供の頃、茎を切り白い汁を出して遊んだのでおなじみの草なのですが、それがニシキソウだったのかコニシキソウだったのか、はっきりしません。

(ニシキソウ '09.10.3)
Nisikiso

(コニシキソウ '09.10.7)

Konisikiso_2

台風18号の日本を縦断で皆さんのところは被害はありませんでしたか。こちらも強い風が吹きましたが特に被害は有りませんでした。

| | コメント (6)
|

2009年10月 7日 (水)

ゴンズイの実

私の好きなゴンズイの真っ赤な実が開き、真っ黒な光沢のある実が顔を出していました。
この木は関東以西に分布していますが、茨城県ではこちら県北では少ないようです。

植物名の由来には色々の説があります。ゴンズイもゴンは役に立たないという意味があり、役に立たない木だからゴンズイという説と、天人の五衰の花から来ているのではという説があります。
五衰とは美しい天女にもやがて見にくい徴が五つも現れる」ということで。美しい実もだんだん、皺がより、黒い実もやがてネズミの糞のようになってしまう様を例えたと言います。

(ゴンズイ ミツバウツギ科 '09.10.3)
Gonzuimi09

 

| | コメント (6)
|

2009年10月 5日 (月)

ウリクサ

庭や道端、休耕田などの湿った場所に生えますが、花が小さいので見逃しやすい花です。
田んぼの脇の草むらに纏まって咲いていました。もう実になっているものも有りましたが、この実の形がマクワウリに似ているからウリの名前が付いたそうです。先日紹介したアゼトウガラシと同じ仲間です。

(ウリクサ '09.10.3)
Urikusa

 

| | コメント (4)
|

2009年10月 4日 (日)

サデクサ

ダデの仲間が沢山咲いています。
昨日見られたタデ(タデ科イヌタデ属)の仲間はミゾソバ、イヌタデ、ホソバイヌタデ、オオイヌタデ、ママコノシリヌグイ、アキノウナギツカミ、ヤノネグサ、ヤナギタデ、サクラタデ、ミズヒキ、アオヒメタデ、ヌカボタデ、
サデクサなどの花、イシミカワの実です。

サデクサは家の近くでは見た事がありません県南には有るようですが、県北では見かけないようです。
あまりぱっとしない花ですが、花被の先が赤がきれいです。茎には下向きの鋭い刺があります。

(サデクサ '09.10.3 群馬県)
Sadekusa

 

| | コメント (6)
|

2009年10月 3日 (土)

コミカンソウ

果実を小さな蜜柑に見立て、コミカンソウ(小蜜柑草)と名付けられた植物です。
渡良瀬遊水地の観察会の帰りに、友人と寄った田んぼの脇の道で見つけました。
2年ぶりで見ました。前回見たのも今日一緒だった友人と伊豆に行った時でした。
畑や道ばたに生える草で。珍しい物ではないはずですがなかなかお目にかかりません。
運良く実が鈴なりのものが見られました。この実、良く見ると表面に皺が有ります。

(コミカンソウ トウダイグサ科 '09.10.3)
Komikanso

 

| | コメント (0)
|

2009年10月 2日 (金)

サンショウの実

今日は期待通りしっかり雨が降っています。今年は県内はどこも記録的な小雨のようです。

先日,カラカラに乾燥し、花も見当たらない山道で真っ赤まサンショウの実を見つけました。
何時もはじけた黒い果実しか見ていませんが、こんな赤い実をつけるんですね。緑の葉に映えとてもきれいでした。
イヌザンショウの実は褐色でこんなに赤くならなかった様な気がします。
サンショウとイヌザンショウの違いは刺が対生ならサンショウ、互生(互い違いにつく)ならイヌザンショウです。

(サンショウの実 '09.9.28)
Sansyomi

 

| | コメント (2)
|

2009年10月 1日 (木)

ハナイバナ

今度こそしっかり雨が降ってくれるかと思ったら、たいした雨は降りませんでした。明日からの雨に期待です。

キュリグサに良く似たハナイバナが散歩道で良く見られます。
キュウリグサの方は春の花なので、今の時期にはあまり見られませんが、ハナイバナは3月〜11月まで見られます。
とは言っても直径2〜3mmのほんのり青紫色がかった白っぽい花ですので目立たちません。
葉と葉の間に花を付けるので「葉内花」と名前がつきました。
全体を撮っても面白くないので花のアップを撮って見ました。

(ハナイバナ 葉内花  '09.9.30)
Hanaibana09

happy01
本日、HPに「今月の花(10月)」「花ルバム(42)」をアップしました。
お暇な時にご覧下さい。

| | コメント (4)
|

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »