« オオジシバリ | トップページ | シロダモ »

2009年11月 4日 (水)

アズキナシの実

今日は隣町の山に登って見ました。標高530mですので、紅葉は未だ色付き初めでした。一番遅く咲くリュウノウギクが岩場に残っていました。
頂上脇に真っ赤なアズキナシの実がなっていました。
アズキナシはナナカマドの仲間で5、6月に白い花を咲かせます。東北地方ではアズキナシをナナカマドと呼ぶ地域もあるようです。
赤い実の表面に白い点々があるのが特徴です。
花も何度も見ているのに写真を撮っていないようで、来年は忘れないで撮ってみます。

(アズキナシ '09.11.4)
Azukinasi091
Azukinasi092

|
|

« オオジシバリ | トップページ | シロダモ »

植物」カテゴリの記事

コメント

fu-coさん

御池岳の雪をかぶったアズキナシ拝見しました。
雪の白に赤い実は映えますね。
まだ、山登りは続きそうですね。

投稿: やまそだち | 2009年11月14日 (土) 08:18

やまそだちさん、こんばんは!
アズキナシ つい先日、鈴鹿の山で見てきたばかりです。
その日は雪でしたのでアズキナシの実は凍りついていました。
やまそだちさんのキレイな写真を拝見して“梨”の名前が付いたことに納得です!!

投稿: fu-co | 2009年11月13日 (金) 21:19

hanaさん

この辺にはあまり高い山はなく、5,600mの山ばかりです。
花はミヤマザクラと良く似ています。ウラジロノキの花にも良く似ています。
来年、撮れるとい良いのですが・・・・・

小豆梨で当りです。
果実が梨の果実に似ていて小さいため付けられた名前だそうです。
梨に似ているとは実に点々があるのと、実がしゃりしゃりしているためでしょうか?

投稿: やまそだち | 2009年11月 5日 (木) 15:52

信徳さん

この実はじゃりじゃりしているようです。
「石細胞(せきさいぼう)でできているためだそうです。
梨を食べた時にザラザラしたものが歯に当たるのが「石細胞」だそうです。

投稿: やまそだち | 2009年11月 5日 (木) 15:37

530mですか、
吾妻山(481m)より高いですね^^
赤くて可愛い実に点々模様、アズキナシの実は初めてです。
花も見たことないと思います。
なので、来年を楽しみにしています♪
漢字で書くと小豆梨?!
美味しそうな名前などど勝手に思っています^^;

投稿: hana | 2009年11月 5日 (木) 12:10

初見のような実です。いずれは鳥に食べられるのでしょうか?

投稿: 信徳 | 2009年11月 5日 (木) 09:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オオジシバリ | トップページ | シロダモ »