« コセンダングサ | トップページ | ジャノヒゲ(リュウノヒゲ)の種子 »

2009年12月14日 (月)

ヒノキ

Hinoki09
マツ、スギ、イチョウ、ヒノキなど裸子植物の写真を撮ることはあまりありません。
植物観察で葉っぱを見て、これはヒノキ、こっちはアスナロなどと言いながら歩いていてもカメラを向ける事はありません。
ボタンのようなヒノキの実がきれいに赤褐色に熟していました。
材として評価の高かったヒノキも荒れ放題になっている山も多くなりました。
ヒノキの由来は「火の木」で、この木をすりあわせて火をおこした事によるそうです。
(ヒノキ '09.12.13)

|
|

« コセンダングサ | トップページ | ジャノヒゲ(リュウノヒゲ)の種子 »

植物」カテゴリの記事

コメント

アライグマさん

ヒノキも松葉と同じでよく燃えますね。
私が育った田舎(群馬)の山はコナラの林が多かったですが、植林された林は杉がほとんどでした。
薪ようの杉の葉拾いは子供の仕事でした。

投稿: やまそだち | 2009年12月14日 (月) 20:58

さなえさん

ヒノキやマツは香りが好きなので、よく松林や檜林は歩きますが、手入れされた林は気持が良いです、

投稿: やまそだち | 2009年12月14日 (月) 20:54

σ(^^;)がまだ小学校高学年くらいの頃、まー40年以上前ね。
キャンプに行ってまだそこらの樹を枝打ちして薪として使ってもよかった頃、大人たちは火付きが良いからとヒノキの緑の葉をそのままくべて火をつけてました。普通の生木は火など着かないけどヒノキは油分が多いのか大変火付きが良かったです。
((((((((^^;

投稿: アライグマ | 2009年12月14日 (月) 19:56

こんばんは。

こちらにもヒノキの林が荒れています。

でもこの実は目立ちますね。
ほんとボタンのように見えますね。

投稿: さな・花の庵 | 2009年12月14日 (月) 17:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コセンダングサ | トップページ | ジャノヒゲ(リュウノヒゲ)の種子 »