« キブシの紅葉 | トップページ | 冬の海にハマボッスの実 »

2009年12月 6日 (日)

キタミソウ

Kitamiso2
キタミソウは植物に詳しい方のBlogで見た事があり、見たいなと思っていたものです。観察仲間のおかげで見る機会ができました。
昨日、行く予定を今日に変更し埼玉まで出かけました。ぽかぽか陽気の中しっかり見てきました。
帰り際、地元の方が来て、生育環境の話も聞けました。
水辺の泥の中に生え、花は1.5mmと小さな小さな草です。
北海道の北見で見つかったので北見草の名がつけられ、北海道、九州、関東の一部でしか見られません。
(キタミソウ '09.12.6)
Kitamiso1

|
|

« キブシの紅葉 | トップページ | 冬の海にハマボッスの実 »

野の花」カテゴリの記事

コメント

t-yam1さん

こちらからはそう遠くはないので、これからの様子も観察できればと思っています、
ちょうど、地元の方に話を聞く事が出来ラッキーでした。

来年の予定を計画するのも楽しみですね。

投稿: やまそだち | 2009年12月11日 (金) 07:13

やまそだちさん、こんばんは!
宮本さんの掲示板のコメント気づきませんで失礼しました。
 
キタミソウを見に行かれたのですね。おっしゃるとおり、暑さに弱い植物ですので、夏は水没して暑さから守る場所に生えます。
農業に大変影響されますので、地元の守る会では、農業をする方の理解を得られるよう活動されています。
少しでもお手伝いできればと思っています。

今年は例年にも増して各地を動き回りました。
高速1000円効果もあり、あと数年は何とかなりそうです。

投稿: t-yam1@東京 | 2009年12月10日 (木) 22:28

逍遥 さん

お久しぶりです。
私たちも館林にもよったら同じ状態でした。
秋ぐちに雨が多かったでしでしょうか?

投稿: やまそだち | 2009年12月 9日 (水) 17:13

今年の正月、なまずオフの際に教えてもらった
群馬県館林市のキタミソウポイントに行ってみました。
残念ながら、現在は完全に水没していました。
1ヶ月ほど前は、種類が判別できないほど小さな芽が
出ていたのですが。

投稿: 逍遥 | 2009年12月 9日 (水) 11:30

aoikesiさん


隔離分布の植物は色々ありますが、探せば他の場所でも見つかると思います。
キタミソウは水をかぶるような環境でないと出ないようです。
昨日見た環境は稲作用の水の確保のため、5月から9月までは水没しており9月末から水が引きそれから出てきて11月頃から3月頃まで花が見られるようです。
図鑑では花期は6月から10月となっています。
探してみてください。

投稿: やまそだち | 2009年12月 7日 (月) 17:37

まだまだ知らない花がいっぱいあるんですねえ。
それにしても北海道、九州、関東一部と不思議な分布ですね。
でもそんなに目立たない花なら他の地で見つかる可能性もアルのでは?
花期は初冬ですか。

投稿: aoikesi | 2009年12月 7日 (月) 10:05

信徳さん

イトラッキョウの花と比べると5分の1位の花です。
生育環境がなかなか難しい場所なので、環境を維持するのも大変です。

投稿: やまそだち | 2009年12月 6日 (日) 21:00

yuukoさん

北海道では絶滅ですか・・・・・
水をかぶるような場所でないと駄目なようで、護岸工事などをしてしまうと消えてしまうでしょう。
とにかく小さいので知らないと見つからない草です。
場所が分かっていても地面をはうように探さないと花は見えません。

投稿: やまそだち | 2009年12月 6日 (日) 20:58

絶滅危惧種なんでしょうね。小さな花ですね。イトラッキョ(?)みたいです。

投稿: 信徳 | 2009年12月 6日 (日) 20:28

名前を聞いたこともありませんでした
北海道に住んでいる者としてなさけないですね

なに科だろうと思って調べました
ゴマノハグサ科なのですね・・・!
意外なことでした

そして、、、北海道では絶滅したと書かれてありました
残念です

投稿: yuuko | 2009年12月 6日 (日) 19:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キブシの紅葉 | トップページ | 冬の海にハマボッスの実 »