« スイセン | トップページ | 霜は魔法 »

2010年1月 9日 (土)

ツワブキの実

Tuwabukimi
(ツワブキの実 '10.1.8)
昨日、スイセンを見た帰り、何カ所か車を止め海岸線をのぞいて見ましたが暖かいとはいえさすがに花は全く見当たりませんでした。
10月に一面に咲いていたツワブキの実がまだ旅立たずに沢山残っていました。
葉を良く見ると白く書いたような細い模様が見えるものがあります。(右上)何だと思いますか? 最近知ったのですが、これはハムシが生んだ卵がかえって、葉の皮を食べながら進んだ跡だそうです。

|
|

« スイセン | トップページ | 霜は魔法 »

野の花」カテゴリの記事

コメント

hanaさん

草花の実もほとんど落ちてしまったものが多いのですが、まだ残っているものも見られます。
この時期は山も夏には入れない薮にも結構入り込め、気づかなかったものを見かけます。
イチヤクソウも「こんな所にもあったのか」と葉や花柄で気づく事がよくあり、冬の山歩きの楽しみの一つです。

植物と昆虫のかかわりも面白いですね。

投稿: やまそだち | 2010年1月10日 (日) 10:43

今度は白い花が咲いたようで可愛いですね!
寒くなった今でも葉は元気なのですねぇ。
今朝マイフィールドで見てきたイチヤクソウの葉も落ち葉の中で緑色をして元気にしていました^^
葉のこの跡はそういう事なのですか・・・
勉強になります!

投稿: hana | 2010年1月10日 (日) 10:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スイセン | トップページ | 霜は魔法 »