« 雪の中のフクジュソウ | トップページ | ハナワラビの仲間 »

2010年2月20日 (土)

ツチグリ(土栗)

Tutiguri1         (ツチグリ 2010.2.20)
久しぶりで近くの山を散歩しましたが、日陰には一昨日の雪が大分残っていました。
標高は240mしかありませんが、自宅の標高は8mですのでこれだけの差でも気温差が1、2℃はあるようです。
山道の崩れかけた場所できれいに開いたツチグリ(きのこです)を見つけました。
星型の座布団の上に、胞子の入った扁球形の袋が乗っている姿はブローチのようにも見えます。
乾湿に敏感なきのこで、雨上がりの日などにこのように星形に開き、乾いた日は丸く縮んでしまいます。
しぼんだ時に内部の袋を押しつぶし、袋の中の胞子を飛散させます。
Tutiguri2

|
|

« 雪の中のフクジュソウ | トップページ | ハナワラビの仲間 »

植物」カテゴリの記事

コメント

hanaさん

今まで何回も見ているのに写真を撮る気になったことは無かったのでが、こうして見るとなかなかきれいです。

投稿: やまそだち | 2010年2月21日 (日) 17:53

マイフィールドで一度だけツチグリを見たことがありますが、
それっきり出会っていません~。
今の時期でも見ることができるのですね^^

投稿: hana | 2010年2月21日 (日) 09:32

さなえさん

自然の芸術品は何時見ても良いですね。
道が崩れた土が出たところなどで見かける事が多いです。
固まって沢山出ているも多いのですが、今回は3株だけでした。

ツチグリの幼菌は福島県では マメダンゴ (豆団子)と呼ばれる高級キノコだそうです。
私は食べたことがありません。

投稿: やまそだち | 2010年2月21日 (日) 08:02

信徳さん

キノコもきれいなものや、変わったものが結構ありますね。
この時期まで残っているのは意外でしたが、寒さに強いのでしょう。

投稿: やまそだち | 2010年2月21日 (日) 07:53

おはようございます。

岡本太郎の太陽の塔のようですね。

山歩きの中できのこは良く見ますが、これはまだ見たことが無い。

細かく探せばあるのかもしれないですね。

投稿: さな・花の庵 | 2010年2月21日 (日) 07:03

面白い形のキノコですね。今日あたりから漸く暖かくなりそうです。

投稿: 信徳 | 2010年2月21日 (日) 06:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156031/47616871

この記事へのトラックバック一覧です: ツチグリ(土栗):

« 雪の中のフクジュソウ | トップページ | ハナワラビの仲間 »