« カジイチゴ | トップページ | サンシュユほころぶ »

2010年2月27日 (土)

ヤマネコノメソウ

Yamanekonome0225         (ヤマネコノメソウ 山猫の目草 2010.2.25)
ネコノメソウはどちらかというと一般にはあまり知られていない植物です。
花も地味です。その中でもヤマネコノメソウは萼裂片も黄緑色で目立ちません。
ネコノメソウの仲間は種類が多いですが、茎の葉が互生(互い違いに出る)するものはこのヤマネコノメソウとタチネコノメソウ、ツルネコネメソウ、エゾノコノメソウだけです。
図鑑によると雄しべは普通8個、ときに4個でとありますが、こちらで見るものは雄しべが4個のものが多いです。

|
|

« カジイチゴ | トップページ | サンシュユほころぶ »

野の花」カテゴリの記事

コメント

アライグマさん

植物観察する人にとってはマイナーではありませんね・・・・・・
こちらでも、これから徐々に色々なネコノメソウの仲間が見られます。

今日は一日、津波騒ぎでした。
こちらでも緊急放送が朝から放送されました。

投稿: やまそだち | 2010年2月28日 (日) 18:55

今晩は \^∇^/
猫の目君はそんなにマイナーだったのか。
花ネコ君もそういえばミシュランのお山に行って初めて知ったしなーーー
三浦半島の付け根付近はヤマネコノメソウは一番多くてヨゴレネコノメも比較的良く見られます。
イワボタンは稀に見ることが出来ます。
(*^.^*)そろそろ見に行かないと
でも、チリから津波がきそう出し

投稿: アライグマ | 2010年2月27日 (土) 21:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156031/47676611

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマネコノメソウ:

« カジイチゴ | トップページ | サンシュユほころぶ »