« イヌノフグリ | トップページ | ホトケノザの白花 »

2010年2月 7日 (日)

キツネノカミソリの芽だし

Kituneno0205       (キツネノカミソリ 2010.2.6)
キツネノカミソリはヒガンバナと同じ仲間で、葉のある時には花が咲かず、花の時期には葉が無いのが特徴です。
近くの林で葉が大分伸びてきました。夏になると枯れ、その後花茎をのばし朱色の花を咲かせます。ちょっとスイセンの葉に似ています。
葉の形をカミソリに例えたそうですが、そう言われると床屋で使うカミソリに見えてきます。
キツネノカミソリは今頃伸びだしますが、ヒガンバナは秋の終わりに伸び始めます。

|
|

« イヌノフグリ | トップページ | ホトケノザの白花 »

植物」カテゴリの記事

コメント

信徳さん

キツネノカミソリは結構あちこちで見かけますが、アズカイチゲはこちらではあまりありません。

投稿: やまそだち | 2010年2月 9日 (火) 07:20

近くにキツネノカミソリ、カタクリ、アズマイチゲの群生地が有ります。今から夫々楽しみにしています。

投稿: 信徳 | 2010年2月 8日 (月) 17:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156031/47503657

この記事へのトラックバック一覧です: キツネノカミソリの芽だし:

« イヌノフグリ | トップページ | ホトケノザの白花 »