« キツネノカミソリの芽だし | トップページ | コハコベもめざめ »

2010年2月 9日 (火)

ホトケノザの白花

Sirohotoke2           (ホトケノザの白花 2010.2.9)
今日は暖かかったですね。普段の格好で散歩したら暑くて汗びっしょりになりました。
散歩道ではホトケノザも気持良さそうに咲いていました。何時も通らない田んぼ道で白花のホトケノザに出会いました。初めての出会いです。株数も少なく良い花はありませんでしたが初めてのでしたのでちょっと徳した気分です。

Hotokeappu_2Sirohotoke3_3顕花植物の花弁で色素が形成されず、白い花を咲かせる個体のことを白花変種(はくかへんしゅ)と呼びます。
植物の色素のうちクロロフィルが無いものはアルビノと呼ぶようですが、光合成ができないので枯死しまうそうです。
白花変種は遺伝情報に白花である事が既に含まれているので、アルビノとは区別しているようです。

|
|

« キツネノカミソリの芽だし | トップページ | コハコベもめざめ »

野の花」カテゴリの記事

コメント

hanaさん

「いろはかるた」に犬も歩けば棒に当たるというのがあります。
本来の意味は「物事をしようとする者は、それだけに災難に逢うことも多いものだ」という事のようですが、
私は逆に「積極的に動き待っていると、思いがけない幸運にあう」と解釈して歩き回っています。ホトケノザの白花との出会いもそう思っています。。

投稿: やまそだち | 2010年2月11日 (木) 13:15

白花のホトケノザは初めて見ました。
同じ花でも雰囲気がずいぶん違うものですね。
出会えたらラッキー♪ですね^^

投稿: hana | 2010年2月11日 (木) 10:47

さなえさん

白花は色々あるようですが、私もあまり出会う事がありません。
ウツボグサの白花にも出会っていません。

投稿: やまそだち | 2010年2月10日 (水) 11:29

おはおうございます。

ウツボグサの白は見かけるのですが、ホトケノザの白はまだ見たことありません。

よく見ればあるのかもしれませんが。

投稿: さなえ(花の庵) | 2010年2月10日 (水) 08:44

信徳さん

こういうものは思いがけず見られる事が多いですね。
白のオオイヌノフグリも10年以上見ていません。

投稿: やまそだち | 2010年2月10日 (水) 08:26

まだ白いホトケノザを見た事が有りません。何時で会える事やら。

投稿: 信徳 | 2010年2月 9日 (火) 20:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156031/47522508

この記事へのトラックバック一覧です: ホトケノザの白花:

« キツネノカミソリの芽だし | トップページ | コハコベもめざめ »