« タチツボスミレ | トップページ | ハナネコノメ »

2010年3月24日 (水)

ムカゴネコノメ

Mukagonekonome10          (ムカゴネコノメ 2010.3.22)
茨城県内にはネコノメソウの仲間(ユキノシタ科ネコノメソウ属)は9種類ほど生育しています。
ムカゴネコノメは県内の山地の沢沿いなどでやや普通にみられますが北部と南部では花の時期も一ヶ月ほど違います。
例年は北部では毎年4月中旬に見ていますが、今年は筑波山の山麓で早々と見てきました。
萼裂片と葯の淡黄色がきれいです。根元にむかごが付いています。
ハナネコノメ、ニッコウネコノメソウ、ヤマネコンメソウも見られました。

|
|

« タチツボスミレ | トップページ | ハナネコノメ »

野の花」カテゴリの記事

コメント

ペンさん

「茨城県の植物」を見てみましたら、神奈川、千葉の一部、栃木の一部、茨城にはあるのに群馬には無しになっていますね。埼玉にもないようです。

こちらは花が遅れており、昨年は満開のアマナもまだ咲き始めです。ハナネコノメもまだです。

投稿: やまそだち | 2010年3月25日 (木) 21:09

 ムカゴネコノメは群馬県植物誌には記載がありません。こちらにはないようですね。こちらでは、ハナネコノメなどが咲き始めました。これから春の花がどんどん咲いてきて、楽しい時期になりますね。

投稿: ペン | 2010年3月25日 (木) 20:03

信徳さん

筑波山はつくばエクスプレスが出来たお陰で人出が多くなり,シーズン中は結構込んでいます。
今の所群馬からはちょっと時間がかかりますね。
北関東道、残り一区間が完成すると、長野なども日帰りが楽に出来るようになります。
筑波は温暖でミカンなども栽培されています。

投稿: やまそだち | 2010年3月25日 (木) 08:07

昨日(24日)は筑波学園都市に所用があり行って来ました。前橋より北関東道を少し走り50号で120km位でした。高速がもう少し繋がると便利ですがまだまだ遠い筑波山と言う感じです。向こうはこちらより春が遅い気がしました。

投稿: 信徳 | 2010年3月24日 (水) 19:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156031/47898176

この記事へのトラックバック一覧です: ムカゴネコノメ:

« タチツボスミレ | トップページ | ハナネコノメ »