« ヒメオドリコソウ | トップページ | 白いオオイヌノフグリ »

2010年3月18日 (木)

キブシ

Kibusi10031         (キブシ 木五倍子 2010.3.17)
かんざしのようなキブシン花の黄色が目立つようになりました。キブシは例年並みの花期のようです。
まだ風が冷たい時期に葉の展開より早く花の咲く木の一つです。
キブシの実も先日紹介したヤシャブシと同じように果実を五倍子(フシ)の代用としてお歯黒に使ったので「木五倍子」と名がついたと言います。
黄藤という方言もあるようで、この名も良いですね。
*五倍子(フシ)はヌルデに付く虫こぶの事で、黒色の染料に使われます
Kibusi10033
キブシは雌雄別株で写真のものは雄花でした。北海道から九州まで分布しています。

|
|

« ヒメオドリコソウ | トップページ | 白いオオイヌノフグリ »

野の花」カテゴリの記事

コメント

yuukoさん

ネズミの糞のようになるのは種の皮がひからびて、かさかさになった状態です。
多分もう実がでた後でしょうね。

投稿: やまそだち | 2010年3月20日 (土) 19:54

ネズミの糞ですか!( ´艸`)プププ

その頃には是非見せてください o(_ _)oペコッ

投稿: yuuko | 2010年3月20日 (土) 07:07

yuukoさん

北海道では西南部に分布しているようです。
実は最初は緑色で黄褐色に熟し,冬には黒ぽくなります。
ネズミの糞のような感じでぶら下がっています。

投稿: やまそだち | 2010年3月20日 (土) 06:23

見事に咲いていますね
見たいです!

この実はどんなものなのでしょうか
きっと染色にも使えますね

投稿: yuuko | 2010年3月19日 (金) 22:09

azmiさん

雌株の方が花序が短いものが多いようです。

筑波の方が暖かいのでもう咲いていると思います。
そろそろハナネコノメの時期ですね。

投稿: やまそだち | 2010年3月19日 (金) 18:54

クリーム色で可愛い花かんざしですね♪
どことなく雰囲気の違うものがあるのは感じていたのですが
雌雄別株なのですね。

筑波山の道路沿いにもあるので、こちらも咲き始めるでしょうね。
沢筋でハナネコノメらしき花が咲き始めました。

投稿: azami* | 2010年3月19日 (金) 12:07

さむさん

やはり咲き始めの花はきれいですね。雌花も探したのですが,見つかりませんでした。
雌花の方が花期が遅いのかもしれません。

投稿: やまそだち | 2010年3月18日 (木) 22:13

雄しべがはっきりわかる、きれいな花ですね。
春の動きが感じられます。

投稿: さむ | 2010年3月18日 (木) 20:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156031/47844117

この記事へのトラックバック一覧です: キブシ:

« ヒメオドリコソウ | トップページ | 白いオオイヌノフグリ »