« アマナ | トップページ | タチヤナギ »

2010年3月28日 (日)

ショウジョウバカマ

Syojyo10031         (ショウヨウバカマ 日立市 2010.3.27)
近場で良く見られるので,この時期には毎年登場します。
こちら茨城県北部では普通に見られますが、県南では少ないようです。
今年はまだ咲き始めたばかりで,本格的に咲くのはこれからです。

根生葉がロゼット状に広がり,常緑なので花が無い時期でも良く見られます。冬には左の株のように紅色に染まります。
新しい葉っぱが出た状態はノギランに似ています。

|
|

« アマナ | トップページ | タチヤナギ »

野の花」カテゴリの記事

コメント

さなえさん

セリバオウレンと同時期に咲くんですか。
ことらはコセリバオウレンは2月末、ショウジョウバカマは3月末ですので、1ヶ月のずれがあります。
不思議なものですね〜

投稿: やまそだち | 2010年3月29日 (月) 07:43

信徳さん

「ボウズバナ」ですか。花芽の出始めの丸いのを坊主頭に見立てたのかな??
ショウジョウバカマは全国区です。

投稿: やまそだち | 2010年3月29日 (月) 07:41

おはようございます。

こちらの地方では、少し山に入れば、ごくごく普通に見られる花です。

セリバオウレンの開花と共に咲く、春つげ花ですが、色とりどりなのが面白いですね。

投稿: さな・花の庵 | 2010年3月29日 (月) 07:35

魚沼では「ボウズバナ」と呼んで雪解けと共に現れる最初の花でした。以前は魚沼にしか生えていない山野草と信じていました。

投稿: 信徳 | 2010年3月28日 (日) 20:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156031/47931982

この記事へのトラックバック一覧です: ショウジョウバカマ:

« アマナ | トップページ | タチヤナギ »