« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月31日 (月)

ムラサキウマゴヤシ

Murasakiuma1051          (ムラサキウマゴヤシ 2010.5.31)
ウマゴヤシの仲間(マメ科ウマゴヤシ属)は地中海原産の植物で江戸時代頃に日本に入ってきました。
全草を肥料・牧草にするので、馬肥・特牛肥やしの名がついています。
ウマゴヤシ・コウマゴヤシ・コメツブウマゴヤシなどの花は黄色ですが、このムラサキウマゴヤシだけは紫色です。
紫色の花は好きなので帰化植物ですがお気に入りの花の一つです。

happy01
本日HPに「今月の花6月」「花ルバム47」をアップしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年5月30日 (日)

ノイバラ

昨日、今日とまたお天気が悪くなりました。冷たい風も吹いているので山歩きは止め、コンデジを持ち家の近くを散歩です。
家に近くの河原や畑脇の薮でノイバラが真っ白に咲いていました。
Noigara105
           (ノイバラ 2010.5.30)
ノイバラの花は白ですが、蕾はピンクががっており咲き始めはうっすらとピンクがかっています。園芸種のバラに負けていませんね。
香りが強く、そばを歩くと甘酸っぱい香りがしてきます。海岸などに咲くテリハノイバラと比べると花は一回り小さいですが優しい感じがします。
何故かBlogに初登場です。




| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2010年5月29日 (土)

カイジンドウ

Kaijindo           (カイジンドウ 2010.2.27)
この花は昨年長野県で初めて見ました。県植物誌ではもまれに見られるとなっており、以前は市内にもあったと聞いていました。
先日、我が家の近くの山にあったと聞き、一昨日見てきました。4、5株あり花は終わりになっていましたがなんとか残っていた一本を撮ってきました。ヒイラギソウやキランソウと同じシソ科キランソウ属です。
来年が楽しみです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2010年5月28日 (金)

ミツバウツギ

清々しい日になりました。福島県との県境近くの渓谷に行ってきました。若葉が出そろい淡い緑色が心地よく、一番気持のよい時期です。
山はちょっと花の少ない時期ですが、ミツバウツギや真白なヤブデマリがあちこちで咲いていました。
Mitubautugi1051        (ミツバウツギ 三葉空木 2010.5.28)
ウツギの名前がついていますがウツギ(ユキノシタ科ウツギ属)の仲間ではありません。
ウツギという名前の付く植物は沢山ありますが、枝が空洞なので「空木」という名が付けられたものでウツギ科というものはありません。
ウツギという名のつくものは6つの科にわたっています。
ミツバウツギはミツバウツギ科という独立した科の植物です。

Mitubautugi102香りの良い小さな白い花ですが、開いている5枚の白い花弁のように見えるのは萼で、その内側にに葯を囲んでいるのが花弁です。萼は平開しますが花弁は平開しません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2010年5月27日 (木)

ハナヤエムグラ

Hanayaemugura105         (ハナヤエムグラ 2010.2.25)
淡紅色のヨーロッパ原産の帰化植物です。一昨日3年ぶりで見てきました。
帰化植物でもあまり広がる事がないようで、10年前に見つけた場所でしか見ていません。小さい花なので目に入らないだけかもしれません?
小さい花ですので地面に這いつくばって撮りました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年5月26日 (水)

ハマボッス

昨日、久しぶりで海岸に行って見ました。ハマヒルガオ、ハマエンドウなども大分咲いてきました。咲き始めの新鮮なハマボッスがきれいでした。
Hamabosu105
          (ハマボッス〈浜払子〉2010.5.25)
海岸に生育する植物には浜の名前の付いたものが多いです。
浜というと砂地を思い浮かべますが、ハマボッスは海岸の岩の割れ目や岩の上に咲いているものも多いです。
白い花ですが、真っ白ではなく少し肌色っぽい感じの色です。
咲き出した所でこれからしばらくこの花が海岸で見られます。
Hambosu1051

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2010年5月25日 (火)

ミズキ

Mizuki           (ミズキ 水木 2010.5.22)
全国各地で見られる初夏の花です。関東地方では今の時期、平地から山道まであちこちで良く見られます。
枝が水平に入り出し、枝一面に白い花を沢山付けます。
高い木が多いので花の写真は撮りにくいですが、たまたま垂れ下がっていたものを撮りました。
清々しい初夏の花です。早春に枝を切ると水かしたたり落ちるところからミズキの名が付いたそうです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2010年5月24日 (月)

ケキツネノボタン

Kekitunenobotan        (ケキツネノボタン 毛狐の牡丹 2010.5.22)
田んぼの雑草としておなじみのケキツネノボタンが、花盛りになってきました。
黄色い花が一面に咲いていました。バックの黄色い花はオオジシバリです。
キツネノボタンは葉がボタンの葉に似ているので付けらた名前です。
ケキツノボタンは名前通り全体に毛が多いです。
キツネノボタンとケキツネノボタンとの違いは葉の違いのほか実も少し違います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年5月22日 (土)

ササバギンラン

Sasabaginran1      (ササバギンラン 2010.5.21)
家から歩いて4、5分ほどの林には10数年前まではササバギンランが群生しており、キンランもぽつりぽつりとありました。
散歩道の一つで毎年楽しみにしていましたが、ここ数年は数本のササバギンランしか見かけなくなりました。
昨日、散歩中、以前あった場所の近くに10数株群生しているササバギンランを見つけました。花つきも良い立派な株でした。
Sasabaginran2
ギンランに比べ背丈も大きく、葉も笹の葉に似てしっかりしています。
久しぶりで、みごとなササバギンランに出会えました。
これまた、残ってくれるかが一番気になります。

  

happy01 明日はお休みです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2010年5月21日 (金)

ナガミヒナゲシ

鮮やかなオレンジ色のナガミヒナゲシが空き地や路肩などで咲いています。
地中海沿岸が原産地の外来植物です。
先日、地方新聞に
「ナガミヒナゲシ 生態系乱す恐れ」という記事が載っていました。
最近の研究で、根などから出る物質が、他の植物の生育を阻害する作用が強い事が判明したそうです。
一つの実に150個の種が入っており、一個体から16万個以上の種を作ることができ繁殖力は極めて強く、防除しにくい雑草になっているようです。
Nagamihina1Nagamihina2

(ナガミヒナゲシ 2010.5.21 左:普通のもの 右 黒い斑点つき)
ナガミヒナゲシを観察してみると、右の写真のように。花に黒い斑点の入ったものをたまに見かけます。今日散歩中も一株だけ見つけました。
皆さんも見つけたら花の中をのぞいて見て下さい。
モンツキナガミヒナゲシなどと呼ばれているようです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2010年5月20日 (木)

ハナイカダ

Hanaikada101          (ハナイカダ 花筏 2010.5.16)
葉の真ん中に花が付く変わった木です。この様子から「花筏」という風流な名前がついています。
葉の基から花までの主脈(真ん中の脈)が少し太くなっていますが、これは花の軸が主脈に合着しているためだそうです。
Hanaikada102
ハナイカダは雌雄別株で、写真のものは雄株です。飛び出しているのは雄しべです。
雌株には直径10ミリほどの紫黒色の実がつきます。

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2010年5月19日 (水)

カラスビシャク

山歩きが続いていましたので、今日は家の近くの田んぼ道や畑道を歩いてきました。
オオジシバリ、ハルジオン、ヤセウツボ、ノアザミ、ヘラオオバコ、オオカワヂシャ、タガラシ、アメリカフウロなどなど花が多くなっていました。
Karasubisyaku
          (カラスビシャク 烏柄杓 2010.5.19)
畑などに一度入るとなかなか駆除できない雑草です。
珠芽や小珠で増えますので取っても取っても出てきます。
仏炎苞をひしゃくに見立て名前がついたものですが、なんともひょうきんな形です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2010年5月18日 (火)

カヤラン

Kayaran1_2       (カヤラン 榧蘭 2010.5.17)
カヤランは樹の幹に着生するランです。葉が榧の葉に似ているのでこの名が付いています。
着生蘭のなかでは比較的見る機会の多いランですが、偶然見つける事が多く、さらに花の良いものに出会う機会となると少ないです。
出会っても高い所にあったりで写真を撮る機会はさらに少なくなります。
昨日、今までで一番立派な株に出会いました。
花も満開状態でしたが、太いケヤキの上の方についていました。
望遠でなんとか撮りましたが、やはりピントがいまいちでした。
Kayaran4
道路脇なので、来年まで残っている確率は少ないので1時間ほど楽しんできました。近くの樹にも小さな株がいくつか付いていましたので、こちらだけでも残って欲しいです。

| | コメント (14) | トラックバック (0)
|

2010年5月17日 (月)

コミヤマスミレ

Komiyama1051      (コミヤマスミレ 小深山菫 2010.5.16)
コミヤマスミレは地元で見られるスミレの中で、一番遅く咲くスミレです。
例年5月10日前後に見に行っていますが、今年は昨日、今日と3カ所を廻ってきました。昨日の場所は盛りを過ぎていましたが、今日の2カ所は標高がちょっと高いのでまあまあの花が見られました。

Komiyma1052_2           (コミヤマスミレ 2010.5.16)
日本特産のスミレで、杉林など暗い場所を好みます。福島県から屋久島までの太平洋側の山地に分布しています。
葉の表面に毛が有り、ふわっとした感じで他のスミレとは違った感じの葉です。花弁は細く、フモトスミレに似ています。


| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2010年5月16日 (日)

ウスギヨウラク

昨日は地元サークルの観察会で山梨県の西沢渓谷に行ってきました。
新緑の渓谷をコースタイム4時間のコースを7時間かけてゆっくり観察してきました。
アズマシャクナゲで有名な所ですが、今年は花が遅れほとんど蕾でした。何株か咲き始めてものを見る事が出来ました。
その他ミヤマスミレ、コミヤマカタバミ、ムシカリ、ヒカケツツジ、ワチガイソウなどなど結構多くの花を見られました。
Usugiyoraku

Usygiyoraku2
          (ウスギヨウラク 2010.5.15)
別名ツリガネツツジと呼ばれるます。
初めて見た花でしたが、図鑑で何度か見ていたので名前はすぐに分かりました。黄緑色の小さな上品な花です。目立たない花ですので近寄らないと花の咲いているのに気がつきません。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2010年5月14日 (金)

セリバヤマブキソウ

昨夜は筑波山麓のホテルで会社関係の同期会の一度の集まりがありました。今朝、解散後筑波山の登ってきました。
新緑とヤマツツジ、トウゴクミツバツツジがとてもきれいでした。
Seribayamabuki
        (セリバヤマブキソウ 2010.5.14)
今年は春の花の時期が遅れ気味で、ヤマブキソウがようやく咲き始めていました。昨年撮り損なったセリバヤマブキソウもきれいに咲き始めでした。
普通、ヤマブキソウの葉は羽状複葉で小葉は切れ込みませんが、葉が深く切れ込み裂片もさらに切れ込むものが時々見られます。
セリバヤマブキソウと呼ばれています。
Yamabukiso5142
        (普通のヤマブキソウ 2010.5.14)

  

happy01 明日はお休みします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2010年5月12日 (水)

イチリンソウ

花茎に普通一個花を付けるから一輪草、二個付けるので二輪草、三個付けるので三輪草の名前が付けられています。(花の数は必ずしもこの通りではあリませんが・・・・)
花の大きさはイチリンソウ、ニリンソウ、サンリンソウの順で小さくなります。いずれもキンポウゲ科で花弁は無く、花弁状のものは萼片です。
Itirinso
         (イチリンソウ 2010.4.18)
イチリンソウの花(萼片)は直径4センチと大きく見ごたえがあります。
山の麓や林の縁などに生えます。ニリンソウは何処でも見られますが、ニリンソウよりは見る機会は少ないです。
萼片の外側は薄く紅紫色をおび、なんとも色気があります。

Itirinso2_2
    coldsweats01 明日はお休みします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2010年5月11日 (火)

コバノガマズミ

Kobanogama         (コバノガマズミ 2010.5.10)
緑が濃くなってきた林の中に真白な花がひときわ目立っていました。ガマズミより少し早く咲き始めるコバノガマズミです。
名前のとうりガマズミに比べ葉も小さく、花序も小形で優しい感じの端正な花です。
葉に柄がほとんどないのも良く似たガマズミやミヤマガマズミとの違いです。
風もないのでアップも撮ってみました。直径5ミリほどの小さな花の集まりですが、新鮮な花で白さが一層目立ちます

Kobagama2

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年5月10日 (月)

ヤマトグサ

日本の植物学の父といわれる、かの有名な牧野富太郎氏が日本人として初め
て学名をつけた記念すべき植物です。
「日本」を示す「大和」という名はいかにも、その由緒正しさが表れていますね。
Yamtogusa
           (ヤマトグサ 2010.5.8)
四国や佐渡で見ていますが、ようやく地元(県内)のものを初めて見る事ができました。
地味な花ですが、植物に興味ある方なら一度は見てみたい花です。
現在はヤマトグサ科になっていますが、最近話題になっている新しいAPG植物分類体系ではアカネ科に入れています。
Yamatogusa2
こんな葉をしています。この葉を見るとアカネ科と言われても違和感がありません。

| | コメント (11) | トラックバック (0)
|

2010年5月 8日 (土)

フタバアオイ

Hutabaaoi1         (フタバアオイ 双葉葵 2010.5.8)
フタバアオイは毎年見ているのですが、山地の林内に下向きに咲くのでなかなか写真が撮れず初登場です。
茎が地下をはって伸び先に2個の葉を対に付けます。徳川家の家紋はこの葉からきていると言います。
京都三大祭りの一つ賀茂神社の葵祭に使うことから別名カモアオイとも呼ばれます。行列の御所車、勅使、供奉者の衣冠、牛馬にいたるまでフタバアオイの葉で飾られているそうです。
Hutabaaoi2

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2010年5月 7日 (金)

良く似たスミレ

昨日、運転中、車道と歩道の分離帯にスミレが沢山咲いているのが目に入りました。車を降りて近寄ってみると、スミレ(和名がスミレ)です。ちょっと盛りは過ぎていますが、一面に広がっています。
さらに先まで歩くと花の色は全く同じのノジスレがこれまた一面に咲いていました。
二つのスミレは良く似ています。
Sumire105Nojisumire105













(左 スミレ 右 ノジスミレ 2010.5.6)
サクラと言う名のサクラはありませんが、スミレには「スミレ」と言う名のスミレがあります。
スミレとノジスミレは良く似ています。こうして並んで咲いていてくれると違いが分かります。

happy01
本日ホームページに「今月の花」「花アルバム(46)」をアップしました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2010年5月 6日 (木)

海岸の花も咲き始め

夏のような暖かい日になり、海岸に行ってきました。海風が心地良いです。今日の午後5時半の気温は25℃でした。
ハマエンドウ、スナビキソウが咲き始めていました。
Hamaenndo105
           (ハマエンドウ 2010.5.6)
花は咲き始めは赤紫色ですが、だんだん青紫色に変わってきます。左の光沢のある丸い葉はハマヒルガオです。
連休中は磯遊びをする県外からの子供連れが多かったようですが、さすが今日は人影は少ないです。
Sunabikiso105
         (スナビキソウ ムラサキ科 2010.5.6)
砂の中に地下茎を長くのばし増えるので「砂引草」の名が付いたそうです。
蕾は螺旋状にねじれています。雄しべ、雌しべは花冠の中に隠れていて外からは見えません。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2010年5月 5日 (水)

山陰型タチツボスミレ

タチツボスミレは何処でも見られる一番ポピュラーなスミレですが、変異が多く、生育地により色々なタイプのものが見つかっています。
今回の北陸の観察でのお目当ての一つが山陰型タチツボスミレです。
Sanintatitubo
          (山陰型タチツボスミレ 2010.5.1)
タチツボスミレとの違いは花弁の幅が広く丸い感じ、葉の側脈が目立たない、葉の先が尖らないなどですが何度も見ないとなかなか難しいです。
白花も咲いていました。
Sanintatitubosiro_2
        (山陰型シロバナタチツボスミレ 2010.5.1)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年5月 4日 (火)

スミレサイシン

Sumiresaisin1052         (スミレサイシン 石川県 2010.5.1)
スミレサイシンは日本海側の山に生えるスミレです。花は大きく.距が太く丸い袋状になります。
太平洋側にはナガバノスミレサイシンが分布しています。
Sumiresaisinsiro
        (シロバナスミレサイシン 石川県 2010.5.1)
白花が数株見られました。
早く咲くスミレですので、スミレサシンは花の盛りは過ぎていました。
最盛期はこんな状態です。
Sadosumiresaisin
     (佐渡のスミレサイシン 2010.4.24)

| | コメント (10) | トラックバック (0)
|

2010年5月 3日 (月)

コシノコバイモ

5月1、2日と北陸に植物観察に出かけてきました。ちょっと高い山はまだ雪で花達も雪のしたでした。麓では色々な花が咲き出しており、こちらでは見られない植物を見てきました。
Kosinokoba2
     (コシノコバイモ 越の小貝母 石川県)
和名は越後(新潟県)のコバイモの意味で、北陸地方他に分布しています。
コバイモは地域ごとに花の形が違い、その地方の名前が付けられています。
昨年、イズモコバイモ(出雲小貝母)、ホソバナコバイモを、今年はトサコバイモ(土佐小貝母)、アワコバイモ(阿波小貝母)を見ています。
カイコバイモ(甲斐小貝母)、ミノコバイモ(美濃小貝母)はまだ見ていません。
Kosinokoba3

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »