« ベニバナノツクバネウツギ | トップページ | バイカウツギ »

2010年6月 7日 (月)

ミヤマナルコユリ

Miyamanaruko        (ミヤマナルコユリ 深山鳴子百合 2010.6.6)
深山の名前がつくと山奥に生えているように感じますが、低山の林で良く見れます。
アマドコロと同じ仲間で花が緑白色で地味ですが、咲いている姿は風情があります。
ナルコユリに比べ葉の幅が広く、裏が白く、花のつき方も少し違います。
そういえば、最近は田んぼでも鳴子は見かけませんね。案山子は時々見かけますが。

|
|

« ベニバナノツクバネウツギ | トップページ | バイカウツギ »

野の花」カテゴリの記事

コメント

yuukoさん

アマドコロとナルコユリの違いは茎に稜があればアマドコロ、ナルコユリの茎は丸いです。
「アマドコロは角ドコロ」と覚えると良いですよ。

でもミヤマナルコユリには茎に稜があります。

投稿: やまそだち | 2010年6月 8日 (火) 21:06

ナルコユリとアマドコロとの違いがよく分かりません
アマドコロは分かるのですがナルコユリは見たことないのかもしれないですね

投稿: yuuko | 2010年6月 8日 (火) 20:15

スカラベさん

風がなかったのと少し斜面だったのでなんとか撮れました。
良く見ているのに撮りにくい花で、今まで写真はほとんど撮っていませんでした。

投稿: やまそだち | 2010年6月 8日 (火) 18:51

これはまた、見事な写真です。
初夏の光・周りの環境・植物の葉と花の咲き方
すべてが感じられます。
ミヤマナルコユリのこのような写真は初めて見ました。

投稿: スカラベ | 2010年6月 8日 (火) 12:55

信徳さん

色温度変換フィルターを付ければ青かぶりが撮れるんでしょうが、フィルターを使うのが億劫で・・・

投稿: やまそだち | 2010年6月 8日 (火) 07:45

逆光で撮られたミヤマナルコユリ、生き生きしています。

投稿: 信徳 | 2010年6月 7日 (月) 22:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156031/48568637

この記事へのトラックバック一覧です: ミヤマナルコユリ:

« ベニバナノツクバネウツギ | トップページ | バイカウツギ »