« ヘビイチゴとヤブヘビイチゴ | トップページ | チングルマ »

2010年6月26日 (土)

ツマトリソウ(褄取草)

今日も梅雨の晴れ間、地元サークルの観察会で福島県吾妻山に行ってきました。予想以上に花も多く楽しい観察会でした。一番多く見られたツマトリソウを紹介します。
Tumatoriso101
        (ツマトリソウ 褄取草 2010.6.26)
亜高山帯の林縁などに生える、高さ10センチ前後の小さなサクラソウ科の植物です。
7枚の花びらの離弁花に見えますが、合弁花で深く6裂から8裂します。
近くにはゴゼンタチバナやマイズルソウも多く、一緒に咲いているものもありました。
Tumatoriso102
褄取草の褄は端のことで、花の縁がほんのり薄赤くつまどられることから褄取草のの名前が付けられたと言います。ピンクにつまどられた花にはなかなか出会えませんが、今回は数株写真のように縁がピンクに染まったものに出会えました。

|
|

« ヘビイチゴとヤブヘビイチゴ | トップページ | チングルマ »

野の花」カテゴリの記事

コメント

yuukoさん

皆で褄の染まったものを探して、ようやく数株見つけました。
大部分は真っ白なものでした。
ラッキーでした。

投稿: やまそだち | 2010年6月29日 (火) 05:24

端の赤いツマトリソウをまた見つけられたんですね!
ツボミはいかにも赤いですね
葉も少し赤味がかっていますね

投稿: yuuko | 2010年6月28日 (月) 20:06

スカラベさん

名前の由来の割には薄い赤色に縁取られたものはなかなかお目にかかれません。
一枚毎目の写真は亜高山の林床ですが、笹の生えた登山道でも沢山見られました。

投稿: やまそだち | 2010年6月27日 (日) 17:52

こんばんは
ツマトリソウの由来初めて知りました。
2枚目の写真、素晴らしいですね。花も確かに端が彩られています。
今度注意してみます。
また、一枚目の写真は何となく平地の雑木林みたいな雰囲気ですね。
撮影地はカラマツ林のようなところだったのでしょうか?

投稿: スカラベ | 2010年6月26日 (土) 22:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156031/48727498

この記事へのトラックバック一覧です: ツマトリソウ(褄取草):

« ヘビイチゴとヤブヘビイチゴ | トップページ | チングルマ »