« キバナウツギ | トップページ | ベニバナノツクバネウツギ »

2010年6月 5日 (土)

カザグルマ

昨日、甲子高原の帰りに10年以上前に写真を撮った事のあるカザグルマを思い出しその場所に寄って見ました。
カザグルマはつる性ですが、ここはいつもきれいに草刈りが行われており草を這うようにして広がっています。花も図鑑で見るようには沢山は付きません。それでも、5株ほどが一個ずつ花を咲かせていました。
Kazaguruma
         (カザグルマ 2010.6.4)
日本の野草の中では花が一番大きいそうです。花の色は白色または淡紫色ですが、色の付いものは一度だけ見た事がありますが、写真は撮っていないようです。
この場所も草刈りのとき残しておけばもっと花つきが良くなるのでしょうが、目立つようになると掘られてしまいそうです。

|
|

« キバナウツギ | トップページ | ベニバナノツクバネウツギ »

野の花」カテゴリの記事

コメント

さなえさん

昔はあちこちに自生していたようですが、最近は見られる場所の少なくなってきたようです。

投稿: やまそだち | 2010年6月 6日 (日) 15:01

信徳さん

カザグルマと中国原産のテッセンがクレマチスの代表的な原種です。
クレマチスは園芸種が多いですね。
中国では花が小さい黄色いクレマチスの自生を見ています。

投稿: やまそだち | 2010年6月 6日 (日) 15:00

おはようございます。

自生の風車は、まだ見たことがありません。
一度見たいものだと思っています。

投稿: さな・花の庵 | 2010年6月 6日 (日) 05:27

カザグルマはクレマチスの原種でしょうか?花の形、色などソックリですね。

投稿: 信徳 | 2010年6月 5日 (土) 21:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156031/48549030

この記事へのトラックバック一覧です: カザグルマ:

« キバナウツギ | トップページ | ベニバナノツクバネウツギ »