« カセンソウ | トップページ | 尾瀬のニッコウキスゲ »

2010年7月16日 (金)

ツマグロヒョウモン

一昨日、近くの山でウツボグサやオカトラノオに沢山の蝶が飛んでしました。以前はこちらでは滅多に見られなかったツマグロヒョウモンのようです。
Tumagurohyomon1
         (ツマグロヒョウモン雌 2010.7.14)
もともと熱帯がふるさとの蝶ですが、日立市内では2000年あたりから見られるようになったようです。住み着いている北限は茨城県だそうです。
卵はスミレ類に産みつけられ.成虫は初夏、盛夏、秋のネッm3回出現すると聞きました。
Tumagurohyomon2
雄の方が沢山飛んでいたのですが、写真がとれたのは雌だけでした。

|
|

« カセンソウ | トップページ | 尾瀬のニッコウキスゲ »

野の花」カテゴリの記事

コメント

yuukoさん

きれいな蝶を色々見かけるのですが、じっとしていないので気短な私のはなかなか撮れません。
何かこつがありそうですね。植物や昆虫も南の者が少しずつ北上しているようです。

投稿: やまそだち | 2010年7月17日 (土) 20:15

ツマグロヒョウモン 綺麗なチョウですね
綺麗なものが見られるのは嬉しいですけど 温暖化はあんまり嬉しくないですね

投稿: yuuko | 2010年7月17日 (土) 19:04

スカラベさん

茨城県でも1998年からは毎年記録されているようです。

投稿: やまそだち | 2010年7月17日 (土) 12:48

さなえさん

温暖化少しずつ進んでいるせいなのでしよう、昆虫も暖かいところのものが北上してきています。

投稿: やまそだち | 2010年7月17日 (土) 12:46

こんばんは
栃木県でも今では当たり前に見ることができるようになりました。
急に増え始めたのが3年前くらいで、(とちぎ昆虫愛好会)の会報で「2008年1月20日発行
ツマグロヒョウモン特集号」が組まれました。
http://kawamo.co.jp/roppon-ashi/sub156.htm
各地の目撃例が取り上げられてます。今はすっかり定着した感じですが。
温暖化の影響かもしれませんね。

投稿: スカラベ | 2010年7月16日 (金) 23:36

こんばんは。

私の畑にたくさん来ます。

今年は少し少ないかな。

投稿: さな・花の庵 | 2010年7月16日 (金) 21:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156031/48892748

この記事へのトラックバック一覧です: ツマグロヒョウモン:

« カセンソウ | トップページ | 尾瀬のニッコウキスゲ »