« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月31日 (火)

ヤマホトトギス

Yamahototogisu          (ヤマホトトギス 2010.8.30 静岡県)
こちらの山で見られるのはヤマジノホトトギスばかりで、ヤマホトトギスは地元の山では何故か見た事がありません。茨城県県の植物誌にもヤマホトトギスの記載はありません。二つは良く似ていますが良く見ると違います。
ヤマホトトギスは花びらが強く反り返るのが特徴で、花が茎の上の方に付きます。
ヤマジノホトトギスはこんなにそり返らず、花は茎の先と葉脇に付きます。
ヤマ(山)とヤマジ(山路)と名前も紛らわしい名前を付けたものですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2010年8月29日 (日)

ハコネギク

Hujisan28日は地元のサークルの観察会で大菩薩峠に行ってきました。鹿の被害を受けているようで、お目当てのマツムシソウなど花はあまり見られませんでした。花があればコースタイムの倍くらいの時間がかかるのですが、ハイキングペースで昼過ぎには登山口に戻りました。
花はありませんでしたが標高2000mは涼しく、富士山を眺めながら快適なハイキングを楽しんできました。
Hakonegiku1
            (ハコネギク? 2010.8.28)
稜線の草原にノコンギクに似た花が咲いていました。ハコネギク(別名ミヤマコンギク)ではないかと思います。家に帰り図鑑を調べたらハコネギクは「総苞が粘る」とありました。残念ながら総苞の粘りは確認しませんでした。
happy01
明日はお休みです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年8月27日 (金)

ウドの花

Udo            (ウドの花 2010.8.26)
山菜として食べられるウドの花です。こうなってはもう食べられませんが若葉は香りが強く、山菜として好まれ、栽培もされています。自然のものは香りもより強いようです。
2、3mの大きさに育ちますが草です。大きく育った頃には食用にも木材にも適さないことからウドの大木という言葉も生まれました。
タラノキと同じ仲間(ウコギ科タラノキ属)です。
happy01
明日はお休みです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2010年8月26日 (木)

ヤマニガナ(山苦菜)

Yamanigana Yamaniganaha
(ヤマニガナ 2010.8.26)
キク科にはこれに似た花は多いですが、よく見ると花の付き方,花びらの数,実の形などが違います。葉の形も違います。
林道の縁に咲いていました。花は沢山付きますが、一斉には咲かないのでまばらに咲いている感じのものが多いです。
この時期はちょっと林に入ると蚊が多いので蚊取り線香を腰に下げて歩きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年8月25日 (水)

ミヤマウズラ

Miyamauzura108            (ミヤマウズラ 2010.8.21)
ヤブ蚊がいるような林の中に咲いている事が多い白っぽい(淡い紅色)花のランです。こちらの山ではあちこちでぽつりぽつりは咲いていますが,纏まって咲いているものは案外少ないです。
日陰が好きなようで以前群生していた松林は松が枯れ日が入るようになったら消えてしまいました。あまり暗くなく適当な日が入ると場所は大きな株が見られるようです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2010年8月24日 (火)

アイナエ

Ainae1     
Ainae2            (アイナエ 2010.8.24)
あまり聞き慣れない名前の植物ですが、この暑い時期にちょっと湿った感じの日当りの良い草むらなどに生えています。
直径2〜3mmの白い花ですのでよほど気をつけて見ないと見つかりません。
ここは以前見た場所でしたが、その後見ていませんでした。先日,一緒に歩いていた友人が見つけました。その時撮れなかったので今日行ってきました。周りを探すとかなりの数が見つかりました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2010年8月23日 (月)

キキョウ(桔梗)

Kikyo108           (キキョウ 2010.8.22)
両脇が草刈りされた山道でキキョウが一輪、首を傾げたように咲いていました。すがすがしい青紫い色が暑さを忘れさせてくれます。
初秋にススキの中に咲くススキは風情がありお気に入りですが、里山でいくらでも見られたキキョウも残念ながら数が減ってきています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2010年8月22日 (日)

メヤブマオ

Meyabumao            (メヤブマオ 2010.8.22)
メヤブマオはイラクサ科カラムシ属の植物です。
イラクサの仲間はみな地味な花です。山菜として食べるウワバミソウ(ミズとかミズナとか呼ばれています)もイラクサの仲間です。
メヤブマオは葉も大きく、穂のような花は山道で良く目立ちますが地味な花のためあまり見向きもされません。
ヤブマオにくらべ弱々しく見えるので雌が付けられました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2010年8月21日 (土)

ミゾカクシ(溝隠)

Mizokakuai108            (ミゾカクシ 2010.8.21)
池の周りの湿った場所に一面に咲いていました。キキョウ科のミゾカクシです。別名アゼムシロとも言います。花は長さ1cmほどの小さな花ですが面白い形をしており、こんな形を左右相称と言うそうです。
スイレンが植えてある池ですがスイレンには目もくれず、こんな花にカメラを向けている人変わりものはいないようです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2010年8月20日 (金)

ボタンヅル

残暑厳しいこの時になると林縁や山道で白い花が群がっているのを見かけます。
センニンソウかボタンヅルです。どちらも同じな仲間で花はそっくりです。
ボタンヅルも毎年撮っているので紹介済みかと思っていたら実は紹介しましたが花はまだでした。早速散歩中コンデジで撮ってきました。
Botanzuru2
          (ボタンヅル 2010.8.20)
つる性の半低木(草と木の中間のも)です。
センニンソウ(クレマチス)の仲間ですので花はセンニンソウそっくりですが葉の形が違うの葉を見れば見分けられます。葉が牡丹の葉に似ていて、つる性なので「牡丹蔓」と名付けられました。
人間と同じで、良く似た花も友達になると一目で区別か付くようになりますよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年8月19日 (木)

ニガクサ(苦草)

Blog開設4年半を過ぎ、紹介する花達も再登場のものが多くなっています。
まだまだ紹介していない花は沢山ありますが、極力その日に撮ったものを紹介しているためボツ?になってしまうものも多いからです。
前に紹介できなかったニガクサが山麓に咲いていました。
Nigakusa1             (ニガクサ 21010.8.19)
シソ科の花です。シソ科の花は小さく可愛いものが多いですが、ニガクサも花冠が1cmほどの小さい花が穂状に沢山付きます。
和名は「苦草」ですが、茎や葉は苦くないそうです。
良く似たツルニガクサは花が少し小さいです。

Nigakusa2 花は淡紫色で下唇が舌のように垂れ下がる変わった形です。
雄しべと雌しべが上唇の裂け目から外側に突き出ています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2010年8月18日 (水)

ヒナノキンチャク

Hinanokintyaku108          (ヒナノキンチャク 2010.8.16)
昨年は9月に入ってから見に行ったらちょっと遅めだったので、ちょと早いかと下見に行ったらもうかなり咲き始めていました。
花期が難しい花です。長さ2mmくらいの花ですので探すのも大変ですが、写真を撮るのも難しいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2010年8月17日 (火)

セイヨウミヤコグサ

Seiyomiyakogusa          (セイヨウミヤコグサ 2010.8.17)
道路ののり面に咲いていたセイヨウミヤコグサです。5月頃から咲き出しまだまだ元気に花を咲かせています。
在来種のミヤコグサとの区別は難しいですが、ミヤコグサは花が先端に2、3個ですがセイヨウミヤコグサは5個内外がかたまって付きます。またセイヨウミヤコグサには萼に毛が沢山あります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年8月16日 (月)

ハエドクソウ

Hedokuso           (ハエドクソウ 2010.8.14)
この時期には山道で良く見かける植物ですが、花が小さく写真を撮る事が少ないです。日陰の植物であまり目立ちません。
蝿毒草とあまり良い名前ではありませんね。
根の絞り汁から蠅捕り紙を作ったことからハエドクソウと呼ばれます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2010年8月15日 (日)

シデシャジン

Sidesyajin          (シデシャジン 2010.8.14)
山道脇の草むらなどに咲いているちょと変わった形の花です。
離弁花のように見えますが、キキョウの仲間ですので花びらは基でつながっている合弁花です。花冠はつけねまで細長く切れこんでその一つ一つはくるりとねじれています
この花の様子がしめなわなどにつけてある四手に似ているというので名付けられたそうです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2010年8月13日 (金)

クサアジサイ

アジサイの仲間(アジサイ属)はみな木ですが、クサアジサイは名前の通り草です。属もアジサイ属ではなくクサアジサイ属です。
こちらの山ではタマジサイが涼しげな花を沢山咲かせていますが、山道の脇でにはクサアジサイもひっそりと咲いています。
Kusaajisai108
           (クサアジサイ 2010.8.9)
背が低いので(20〜70cm)の目立ちません。
茎頂に装飾花と両性花(一つの花に雄しべと雌しべがをあるもの)つけます。装飾花の花びらのようなものは萼片で真ん中が中性花(雄しべ、雌しべが退化し実がならない花)です。

happy01
明日はお休みします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2010年8月12日 (木)

メハジキ

昨日、知り合いから「メハジキが咲いているので刈られる前に見に来て」との電話があり、早速行ってみました。河川敷の脇の草むらに何株か咲いていました。
昨年は花の前に草刈りがされてしまい見られなかったそうです。
Mehajiki1

Mehajiki2
          (メハジキ 目弾き 2010.8.11)
子供達が短く切った茎をまぶたにはさんで目を開かせて遊んだそうですが、私には経験がありません。
私たちは桑の葉柄を使って同じようにして遊びました。
子供達の草木遊びになるくらいなので身近な草のようですが見る機会がありません。私も9年ぶりで見ました。シゾ科の花はみな可愛いですね。

| | コメント (10) | トラックバック (0)
|

2010年8月11日 (水)

イワタバコ

今年の春イワタバコの葉がびっしり付いている場所を見つけ、メモしておいた場所に行って見ました。
長靴を履き石ころがゴロゴロしている沢を登ります。水が滴る急な岩場にイワタバコが沢山付いています
しかし,急な砂礫地を登らないと写真は撮れません。手袋をはめ這うようにしてなんとか写真の撮れる場所まで到着。汗が滝のように吹き出します。
Iwatabako1082

Iwatabako1086

Iwatabako1081
           (イワタバコ 2010.8.7)
冬の間はしわくちゃな小さな丸い固まりのような越冬芽がつややかな大きな葉になっています。葉の間から可憐な紫色の花がほころび始めていました。
岩場の上にはびっしりと生えていますが、望遠レンズでも届きません。

この時期こんな場所に来る人はいないでしょうからこの花を見るのは私だけかも知れません

happy01
本日HPに「今月の花8月」「花ルバム49」をアップしまた。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2010年8月10日 (火)

アメリカオニアザミ

一昨日、久しぶりで田んぼ道の散歩に出ました。キツネノカミソリ、コマツナギ、スベリヒユなどおなじみの花ばかりですが、イヌタデやツルフジバカマなども咲き始めていました。帰り道見慣れないアザミを見つけました。
良く見ると先日北海道の方のBlogで紹介されており、「こちらではまだ見かけません」とコメントをつけたアメリアカオニアザミでした。
Ameriakaoniazami
         (アメリカオニアザミ 2010.8.8)
帰化植物のアザミと言うと古い時代に帰化したと言われているヒレアザミしか知りませんでした。アザミは帰化種は少ないようで、私の帰化植物図鑑には3種しか載っていません。
北海道を中心に草地に多く発生しているようですが,どのようにして当地に来たのでしょうか。

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2010年8月 9日 (月)

今年のレンゲショウマ

レンゲショウマは例年はお盆明けに見に行くのですが、今年は早めに咲く別の場所に友人の案内で行ってきました。
咲き始めのものが多かったですが、近くを探すとあちこちに沢山の株が見つかりました。
Rengesyoma1081

Rengesyoma1082
         (レンゲショウマ 2010.8.9)
以前から毎年見に行っている場所も杉林の縁の薄暗い場所ですが、今回の場所もやはり杉林でした。
気温24度、風が吹くと半袖では寒いくらいです。
広範囲にかなりの株数があり、一週間もすればかなりの花が見られそうです。

| | コメント (14) | トラックバック (0)
|

2010年8月 8日 (日)

白馬八方尾根・タテヤマウツボグサ

Tateyamautubo1082          (タテヤマウツボグサ 2010.8.1)
亜高山帯から高山帯で見られるウツボグサです。平地のウツボグサに比べ色が濃く鮮やかで,花が大きく花穂の幅が広く豪華な感じがします。
園芸種のよう鮮やかな色も、高山の風景には良くマッチしています。
この花をみると高山に来たなと感じます。八方尾根では多く見られます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年8月 7日 (土)

白馬八方尾根・ハクサンオミナエシ

Kokinreika1081        (ハクサンオミナエシ 2010.8.1)
花はオミナエシと同じですが、オミナエシより背が低く葉が掌状です。花はオミナエシより少し大きく色も濃いように感じます。
日本海側の山地の岩場などに生育します。別名コキンレイカとも言います。
痛んだ花が一つもなく、一番きれいな状態のものを見られました。薄曇りで色も飛ばずにきれいに撮れました。

Kokinreika1082

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2010年8月 6日 (金)

ハマゴウ

白馬の花はまだ沢山ありますが,一休みして今日は家の近くの海岸の花です。
今日は全国的に猛暑のようですが、当地は海が近いせいか気温も今日は30℃くらいでそれほど暑くはありません。海岸は心地よい風が吹いていました。
Hamago108
       (ハマゴウ 2010.8.6)
以前はあちこちの砂浜に群生していましたが、砂浜に車が入ったり、護岸工事などで少なくなりました。
Hamago1081
砂の上を長く横に這い,節から根を出し成長します。枝は立ち上がり枝先に花をつけます。

Hamago1083 Hamago1082

蕾は沢山付けますが,次々に咲き、散っていくので咲いている花数の多いのもはあまり見つかりません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2010年8月 5日 (木)

白馬八方尾根・オオサクラソウ

今年は雪解けが遅いという事で、まだ残っているのではと期待していたオオサクラソウをなんとか見る事ができました。
Osakuraso108
          (オオサクラソウ 2010.8.1)
雪解けと共に亜高山帯に草地に生える日本固有種です。高さ15〜40cmの見応えのあるサクラソウです。
花の良い時期は7月初旬ですのでちょと花が痛んでいます。10年ぶりの出会いです。来年は是非最盛期に行って見たいと思っています。
Yukiwariso108
          (ユキワリソウ 2010.8.1)
これも花期は過ぎておりますが,雪渓脇になんとか残っていてくれました。

| | コメント (10) | トラックバック (0)
|

2010年8月 4日 (水)

白馬八方尾根・シモツケソウ

Simotuseso1083          (シモツケソウ 2010.8.1)
一番目立った花の一つがシモツケソウでした。
群生していることが多く、一面真っ赤に染まります。色の濃いもの,薄いものが混じりあって咲いています。
花の形は木のシモツケと同じですが花の付き方が違います。シモツケは半球形になりますが、シモツケはばらばらした感じがします。

Simotukeso1084_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2010年8月 3日 (火)

白馬八方尾根散策

Hakubahapo8月1日、白馬八方尾根に行ってきました。昨年(7月5日)は八方池までしか行けませんでしたが,今年はちょっと先の扇の雪渓まで行ってきました。昨年より1ヶ月ほど遅いので花の種類は少し違っていますが、沢山の花出会えました。
池の手前の雪渓が残っている所にはユキワリソウがまだ少し残っていました。
Hanabatake1
         お花畑1
タカネマツムシソウ、ハクサンシャジン、後ろのはシモツケソウ
Hanabatake2
         お花畑2
カライトソウ、シモツケソウ、紫はタテヤマウツボグサ

| | コメント (10) | トラックバック (0)
|

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »